Boeing767 Take Off Haneda RWY16R

最近、Boeing767の離陸から目が離せなくなりました。

短い離陸滑走でスッと機首を上げ、サッとエアボーンして、グーンと上がっていく離陸。

特にANAのBoeing767の離陸に顕著です。

ということで、今日と明日はBoeing767の離陸特集です。

今日は南風運用の羽田空港、RWY16Rからの離陸シーン、明日はRWY16Lからの離陸シーンを掲載していきます。

まずはJALのBoeing767から。

「行こう!九州へ」です。こちらは普通の離陸でした。。。

続いてはANAのBoeing767、期待していたんですが、いつもよりはちょっと長く走りました。

目の前に来てようやくローテーション。

それでもBoeing737やBoeing777よりは早いエアボーンで、このモノレールの線路を背景にこの高さ。さすがANAのBoeing767!!

次のJALのBoeing767もANAに負けじとここでローテーション! おっ!!

A滑走路横断待ちのJALのBoeing767とのツーショットを撮ることができました。

上のANA機とほぼ同じ感じの構図になりました。

こちらの方がやや高いです。ローテーションもちょっと早かったから。

やった! ANAのBoeing767の短距離離陸。もう浮いてました。

目の前をこの高さで通過!

これはギアの格納までいける!

ギアを格納し青空の中上昇するBoeing767。

美しい・・・・

今度のANAのBoeing767はちょっと遅いな。

でもスターフライヤーのAirbus A320やその他の飛行機が背景に入ってにぎやかだからまぁいいか。

エアボーンがちょっと遅くてもやっぱりこの構図になる?!

ということで、RWY16RからのBoeing767の離陸シーンでした。

短いときには、国際線ターミナルの拡張部の端っこあたりで機首を上げ始めたりするんですが、それは撮ることができませんでした。

幾つかの条件がそろわないとさすがのANAのBoeing767でもそうそう短距離離陸を見せてくれないんですね。

以前はそれほど感じなかったBoeing767の短距離離陸、やはりエンジンの性能が向上したからなんでしょうか。

小さくて軽そうなBoeing737やAirbus A320よりもかなり短い離陸滑走で離陸速度に達してエアボーンしていきます。

これからは北風の季節です。

第2ターミナルの展望デッキでRWY34Rを離陸するBoeing767、本当に面白いシーンをたくさん見ることができるようになるでしょうね。特に冬は気温が低く、風が強いという条件になりがちです。

そうなると、RWY34Rの端っこから離陸滑走を開始したANAのBoeing767はあっという間に、RWY34Rの接地帯あたりでエアボーンして、展望デッキ前に来ることには同じ高さがそれ以上になっていたりします。楽しみですね。

 

さて、先日の日曜日は我が家でもとうとう衣替えを行いました。

急に寒くなりましたよね。

10月に入っても夏日が続き、「クールビズ延長!」とか言って、クールビズを10月31日まで延長したと思ったら、急に秋になっちゃって。。。

クールビズどころか、しっかりと長袖のYシャツにスーツの上着着用で会社に行くようになりました。

北からの冷たい高気圧と南からの暑い高気圧のせめぎあい、今年は北の冷たい高気圧が強く、あっという間に勝ってしまったんですね。秋雨前線も消えちゃって、北の冷たい高気圧が日本列島を覆うようになりました。秋晴れが続くようになり、秋本番ですね!

こうなってくると「インフルエンザ」という単語が頻繁に聞かれるようになります。

皆様、健康管理に気を付けて、秋を楽しんでください。

それでは今日も良い1日を!!

チャイナエアラインのBoeing747-400F

7月21日の成田夏合宿、日没時刻を2分程過ぎたころ、Boeing747-400がアプローチしてきました!!

カメラのセッティングを確認、ISOは800、シャッタースピードは1/125秒、とにかく失敗は許されないジャンボ! 緊張しながらアプローチする姿をファインダーから捉え続けます。

フラップを降ろして空気をしっかりとつかんで堂々とアプローチするジャンボの姿です。

チャイナエアラインのカーゴ(貨物機)です。CI5706便、台湾の台北から3時間40分強のフライトを経てやってきました。

惚れ惚れします。かっこいい。。。

これが「飛行機」です!!

ここから勝負!シャッタースピードは遅い。

体幹をしっかりと固定し、脇を締めて人間三脚と化し、とにかく飛行機をしっかりと捉えます。

スレッショルドを超えたところ。

滑走路を横断するトンネルを超えました。

B展のほぼ真横を通過。

なかなか接地しません。2,500mの滑走路、着陸時に後ろにある滑走路は役に立ちません。

どこまで行くんでしょう。。。

ILSのグライドスロープアンテナの横を通過しようとしてます。

B展からの撮影はここまで。

手前に照明塔や電線が見えてますが、これが障害物となり、これ以降は撮影できません。。。

ランディングの瞬間、撮りたかったのですが、無理でした。

Boeing747-400、カッコいいです!!

7月21日の成田夏合宿シリーズは完了していましたが、4発機は月曜日ジャンボに為にキープしておきました。

なので、今日はその第1弾ということで、チャイナエアラインのBoeing747-400Fを掲載しました。

この4発機を見て、気合を入れて今週1週間も頑張ります。

 

さて、先週は会社のイベントというか合宿で静岡県の「つま恋」に行ってきました。

「つま恋」と言えば、私たちにとっては聖地のような場所。

”ポプコン”、思い出しますよねぇ。

ヤマハのポピュラーソングコンテスト。

中島みゆきさんの「時代」や、谷山浩子さんの「カントリーガール」、クリスタルキングの「大都会」、円広志さんの「夢想花」下成左登子さんの「悲しみのアクトレス」、そしてあみんの「待つわ」などなど素晴らしい楽曲が生まれました。

そのポプコンの開催地が「つま恋」でした。

当時、「ポプコンに出よう!」みたいなことを友達と話をして、買ってもらったフォークギター片手にバンドの真似事をしたり、下手な曲を作ってみたりしてたっけ・・・。

その、ポプコンと連動して放送されていた深夜のラジオ放送「コッキーポップ」も毎晩欠かさず聞いていました。12時半から1時までの30分でしたよね。大石吾郎さんのオープニングの言葉が頭にこびりついていました。「黙っていれば友達になれない、叫ばなければ消え去ってしまう。私たちが生まれてきた時から育ててきた何かを伝えあうために、ちぎれかけた世界の心と心を繋ぎ合うために、私たちの歌が今、ここにある」

そして1時からはオールナイトニッポン・・・と。今では考えられないような夜更かしをしてました。もちろん勉強しながらでしたが。

あの頃が人生で最も勉強していたかもしれません。

中学2年から高校生の時代、4年間。

で、先週行った「つま恋」リゾートのロビーやその廊下にはポプコンの思い出の数々が展示してあったんです。懐かしい写真も。

一緒に行った同僚でも知っている人はごくわずか・・・というのが寂しかったのですが、本当に懐かしい思い出に浸ることができました。

 

今週は水曜日から金曜日までは大阪出張。

頑張ろう。

 

 

 

LH714、715もAirbus A350

ルフトハンザのAirbus A350はもう何度かこのブログでも紹介していますが、今でもまだ新鮮です。

南風運用の9月8日の羽田空港、この日のLH714はRWY23に降りてきました。

そしてROUTE-5を通って、A滑走路を横断して国際線ターミナルに向かいます。

第1ターミナルの展望デッキで撮影していると、いきなり左手から登場する感じ。

せっかくなのでA滑走路横断時に工場を背景に撮ってみました。

そしてモノレールと横浜の”みなとみらい”を背景にもう1枚。

スポットはいつもの106番。ここは定番なんですね。そしてこの後フランクフルトから到着するBoeing747-8iは隣の107番に入ります。

11時頃に到着したLH714便、ミュンヘンからやってきたA350は1時間半ほどの滞在ののち、今度はLH715便として12時30分頃にミュンヘンに向けてここから出発します。

ところでミュンヘンって日本では言いますが、英語で書くと「MUNICH」、”ムニチ”?!

これでミュンヘンって読むの? この辺はまた別の機会に調べてみようかな。。。

ということで、お昼前には逆光の第1ターミナルから順光の第2ターミナルに移動、そこでLH715便を待ちました。

で、この写真。

離陸滑走中のLH715便、ルフトハンザの旧塗装のAirbus A350です。

やっぱり新塗装よりも旧塗装のほうがルフトハンザっぽくて良いですね。

特に垂直尾翼の丸い黄色の円に鶴が飛んでいるルフトハンザのマーク、カッコいいです!

白い観光船とA350。

白い観光船もお昼の羽田空港の常連さんです。いつかは乗ってみたい。。。

日本通運の貨物船とA350。

東京ディズニーリゾートとA350。

この日はご覧の通り、東京湾にも白波が立っていて風が強い日でした。夏でしたが、冬のように空気はきれいで東京ディズニーリゾートもくっきりと見えました。

滑走路を半分走ったところでローテーション! ここにも上の写真とは別の白い観光船がいました。

フワっとエアボーンしました。これは昨日のタイのAirbus A350と同じですね。

そして同じ姿勢のまま上昇。

上昇。

Airbus A350も美しい飛行機ですね。でも主翼の付け根がちょっとAirbusっぽくないです。これまでの丸みを帯びた感じではなくやや機械的? 肉感的ではなくなってます。

お尻のカーブもボーイングっぽい?!

夏の雲とA350。

ようやくギアを格納、先行機のBoeing737が遠くで旋回中です。

LH715便、A350はこの後左旋回し、日本列島を横切って日本海に抜け、ロシア上空を通過してドイツのミュンヘンまで約11時間半のフライトになります。

日本をお昼ごろに出発する欧州便は現地の同じ日の夕方に到着するんですよね。

このLH715便はミュンヘンには17時ちょっとすぎに到着します。

通関手続きを終え、ホテルに移動して荷物を置いたら、「さぁ、ビール!」ってなるんでしょうね。

本場ドイツのビアホールでおいしいビールを飲みに、ミュンヘンに行ってみたい!

 

さて、ふと気になったんですが、スマホって”スマートホン”の略ですよね。

スマートホンの”スマート”ってどういう意味でしょう。

昨日、例のサウジアラビアの領事館で起こった事件でも貴社の”スマートウォッチ”から外部の婚約者の”スマートホン”に音声が届けられていたと”スマート××”が事件のカギを握る物件として登場していました。そのほか、”スマートホーム”とか”スマート家電”という言葉もありますよね。

”スマート”って?

もともとは「こざっぱりして、しゃれているさま。粋(いき)。また、体つきがすらりとしているさま。態度が洗練されているさま。」として使っていたと思います。

他に意味があるのか?

実は「スマート」の英語圏での使われ方は日本とは違うようです。

日本では「スマート」というと、細身とか痩せているといった”体形”を形容する言葉として使われますが、英語圏では「スマート」は”頭がいい、利口な、賢明な、賢い”という意味に使うことが多いようです。

なので最近よく使われる「スマート××」というのは「賢い××」「インテリジェントな××」という意味だったんですね。

なるほど、「スマートホン」は確かにいろいろな機能・アプリがあって「賢い電話」です。「スマート家電」もインターネットとつながっていたり声を認識してリモコン操作したりできる「賢い家電」ですね。

 

ちょっと気になって調べてみました。

私もいろんな意味で「スマート」になりたい。。。

 

それでは皆様、今日は極上の”晴れ”になりそうです。

良い1日をお過ごしください!!

1 2 3 1,225