JALとANAのBoeing787

1月1日の成田空港、午前中は第1ターミナルの展望デッキで撮影し、第1ターミナルのフードコートで昼食を頂いてから、今後はさくらの山に移動しました。第1ターミナルの展望デッキでは逆光が厳しくなりましたからね。

さくらの山で500mmのレンズでRWY34Lを離陸する飛行機を迎え撮り(?)ます。

500×APS-Cで1.5×1.3倍クロップ=975mm?!

下の写真はさらにトリミングしてます。

1月1日とはいえ、午後の成田空港、滑走路面は太陽に温められ、やはりメラメラになります。

JALのBoeing787が上がってきました。エアボーン直後です。

航空科学博物館のジャンボ(Sec41)が見えますね。

エアボーンした姿勢そのままで加速。背景がジェット排気でにじみます。背景があるとジェット排気が”見える”から良いですよね!!

この高さまで上昇しても主翼はまだメラメラの影響でにじんで見えます。

背景にはSec41含め、ジャンボが3機!?

ようやくメラメラの影響を脱しましたでしょうか。

翼を美しくしならせてJALのBoeing787が上昇しながらさくらの山に近づいてきます。

ギアアップ完了!!

美しい飛翔形です。

もう少し低ければ最高でしたが、両方のエンジンと翼、垂直尾翼のロゴマークがちゃんと見える斜め前から見る飛行機の上昇する姿、好きです。

さくらの山の横を通過する時には高く昇っていて、お腹の写真になってしまいました。

上昇する飛行機を後ろから。

JL717便、バンコクのスワンナプーム国際空港行です。

成田空港を13時32分に出発し、現地時間の18時40分に到着します。飛行時間は7時間6分でした。

いってらっしゃい!!

続いてはANAのBoeing787です。

こちらの離陸滑走はJALのBoeing787-8よりも長いぞ!

エアボーンした!

これは良い感じ!!

手前にオレンジと白の格子模様の設備が見えますが、A滑走路の北の端近くにあります。

RWY34Lを離陸する際に、この設備が絡むと良い写真になるんです!

ほーら!キタっ!

とっても良い角度、良い高さ! ちゃんと胴体横の「ANA」が見えます。ギアも上がってます。

真横に来る直前ですが、なんて美しいんでしょう。

飛行機はBoeing787-9です。

上のJALのBoeing787-8と比べると長いですよね。

ほぼ真横。おなかの写真”気味”ではありますが、胴体横や垂直尾翼がちゃんと見えてます。

最高です!

飛び去って行くBoeing787-9。

3つのエンジン。(APU含む)

NH959便、これだけ離陸滑走を長く引っ張ったから遠くに行くのかと思いきや、実は上海浦東国際空港行でした。飛行時間は3時間24分。

近くて短いフライトでも離陸滑走距離が長くなるんですね。

JALのBoeing787-8とANAのBoeing787-9の離陸シーン、いかがでしたでしょうか。

同じBoeing787ですが、2機の離陸シーン、それぞれ違っていて楽しいです。

午後4時過ぎに長男が乗ったバニラのA320が到着するまで、しばらくさくらの山で時間つぶし(?)です。

 

今週は日曜日・月曜日が大阪、水曜日・木曜日も大阪、火曜日と金曜日が東京・・・と、ハードな1週間でした。昨日の夜は疲れ切ってバタンキューでした。

今週末は家でゆっくりと時間を過ごそうかと思います。空港へ行かずに。

カミさんからは「行かないの?」と言われましたが、行きません。

休みます。

 

それでは皆様、今日はこの辺で。

良い週末をお過ごしください!

エールフランスのBoeing777-300/ER

AF276便、フランスはパリ近郊のシャルル・ド・ゴール国際空港から11時間46分のフライトを経て成田空港にやってきました。

シャルル・ド・ゴール国際空港を離陸したのは2016年の12月31日の夕方、16時8分。

そして、成田空港に到着したのは2017年の1月1日の11時37分。機内で新年を迎えたんですね。

飛行機は長いBoeing777-300/ER、F-GSQFです。

エールフランスのBoeing777-300/ERとANAのBoeing777-300/ER。

エルフラを斜め後ろから。

そして、撮影していた場所の斜め前のスポットに入ってきました! ラッキー!!

いつもエールフランスの飛行機って、展望デッキの北側の見えないスポットに行ってしまので機体をじっくり見ることができませんでしたが、この日はじっくりと観察できました。

まずは「AIRFRANCE」の文字とロゴ。

これはニューバージョン、AIRとFRANCEの間の空白がありません。

機首部分。結構ノーズギアの支柱が伸びてますね。

エールフランスはSKYTEAMメンバーです。そしてKLMオランダ航空と経営統合し持ち株会社方式になりました。その持ち株会社の名前はAIRFRANCE-KLMです。

Boeing777-300/ERという機種名もしっかりと書かれています。

貨物室ドア。

ヒンジ部分ががっちりとしてますね。一部補強されているような様子も見えます。飛行中に決して空いてはいけない場所です。

エンジン横のエールフランスの昔からのロゴマーク。

翼と魚の尾を持つ馬は、ギリシャ神話に登場するヒッポカンポス(海馬)をイメージしているとのこと。創業当時、水上飛行船も運航していて、空と海の両方を象徴しているそうです。

赤い線は「ここにファンがあるよ」という線ですね。

乗降口ドア。

ちゃんとフランス語でも書かれています。

ANAやJALでも「非常口」って書かれてたっけ?!

機体最後部のドアとレジ番号。

貨物室ドアが開いたところ。

ドア下方のラッチ群が萌えますねぇ。 がっちりとドアを掴み、飛行中は決して開けないぞ!という気合を感じます。

そして撮影場所はここからさくらの山に。

13時51分、成田空港のRWY34Lをテイクオフ。

主翼のしなりもイイ感じ!!

AF275便、シャルル・ド・ゴール国際空港までは12時間のフライト。

結構引っ張って、ゆるゆると上がってくれるかと期待していたのですが・・・・

グングン上がっちゃいました。おなかの写真になってしまいました。

機体前方に書かれた「AIRFRANCE」の文字はほぼ見えません(^-^;

空いているのかな、軽いのかな?

やっぱりギアを格納して上昇する飛行機の姿はイイですね~!!

かなり遠くに行くまで見送ってしまいました。

美しさと力強さを合わせ持ったエールフランスのBoeing777。

羽田空港でも見ることができるようになったエールフランス。

成田空港にはA380も来ていたんですが、乗客が減ったんでしょうね。

エールフランスのA380を見ることは無くなっちゃいました。ちょっと残念です。

羽田便ができたから?!

 

さて、今日は金曜日。しかも「プレミアムフライデー」?!

実際にどれくらいの企業が午後3時で仕事を切り上げて帰宅するようにするのでしょうか。。。

ちなみに私は午後は外出し、16時から客先で打ち合わせです。

そのまま直帰する予定なので、一応、いつもの金曜日よりは早く帰宅できる?!

時代はいろいろと変わろうとしています。

WLB(Work Life Barance)、働き方改革、、、、

私が若いころは考えられなかったようなことが次々と起こっています。

その変化をチャンスに変えたいですね。

 

それでは皆様、良い1日を!! プレミアムな1日を!

1 2 3 1,632