ANA A320-200

ANAのA320-200(JA8387)
http://airman.jp/archives/2007/11/airbus-a320200.html
が着陸した後、ボーディング・ブリッジの無い駐機場に向かう途中。
(偶然同じ機体”JA8387″でした。撮影日は別の日です。)
A320-200 JA8387
A320-200 機首部分
A320-200 Main Gear
スポットに入り、乗客を降ろし、出発準備を整えた後は、
http://airman.jp/archives/2007/11/post-26.html
となり、また次の目的地に向かう。
写真とは関係ありませんが、、、
昨日、大腸内視鏡検査なるものを受けました。
朝8時半に受付を行い、検査前の準備を開始する。
検査前の2Lもの下剤入りの水を飲むのが、まず第1の苦痛。最初の30分で1Lを飲み、その後1時間半程度で
残りを飲み干さなけらばならない。
飲み始めてから1時間ほどで8回?12回ほどトイレに通う。(8回までは記録、その後はもう分からん)
検査は午後2時から開始。
詳細は書けないが、途中でリタイアすることになってしまった。
S字結腸辺りまでカメラが行ったところで、”痛み”が強くなり、それ以上カメラを進めることができなくなった。
とりあえず、「異常が発見される7割?8割はそこ」といわれる部分は検査できたそうです。
結果は異常なし。
検査後も腹痛は治まることなく、仕事に戻るつもりでオフィスに戻ってみたものの、仕事ができる状態ではなく、
早退した。
もう2度とやりたくない!
そんな検査でした。

Boeing777-200のドア オープン

ANAのBoeing777-200(JA703A)のドア オープン。
ドア開け開始
Boeing747など一世代前の飛行機とは異なり、一旦内側に引っ込むことなく、
機体外側にまず出っ張るように開く。
ドア半開
その後、ドアは蝶番を中心に180度回転するのではなく、機体前方に平行移動するように開く。
ドア全開前
ドア全開。
ドア全開
このBoeing777-200は国際線仕様の機体の国内線転用です。
ところで、本日は大腸内視鏡検査を受けに行きます。
特に、体に異常があったわけではなく、会社の決まりで「○○才以上は受診せよ」
とのことで、しょうがなく受けるわけで、まあ、予防・異常の早期発見のためです。
初めてのことで、少々不安です。
昨日の17時に軽い食事をした後、水しか飲んでない。。。。
腹減ったぁ。

1 2 3 12