Jet Music #13 飛行機雲のテーマ

「”飛んだ気になる”Jet Music」13曲目は、「飛行機雲のテーマ」です。
これは武田一男さんの企画、宮川昭夫さんの音楽によるJet Music「飛行機雲」のテーマ曲です。
大好きな飛行機の写真を見ながら、航空音がふんだんに織り交ぜられた音楽を聴いて、
“飛んだ気になる”という「飛行機雲」。
写真と音楽を通じて、様々な飛行のシーンを思い浮かべる・・・・。
写真の飛行機達が音楽に命を与えられたようです。

今回は、私のお気に入りの飛行機撮影ポイント”城南島”で撮影した飛行機達がメインです。
心地よいジェット音をとどろかせながら頭上を駆け抜けていく飛行機。
夏の南風の日は、東京カーブを廻ってR/W16Lへ着陸する飛行機を楽しみ、
冬の北風の日は、R/W34Rを離陸していく飛行機を楽しむ。
時々、人工浜に押し寄せる波の音を楽しむ。
空と海と飛行機が一つになる場所です。
今までの12曲を含む全ての曲は画面上のブログタイトルの下のタブ「Jet Music」に収録してあります。
音楽(mp3)だけを聴くこともできますし、飛行機写真のスライドショーでお楽しみいただくこともできます。
是非、お立ち寄りください。

B777-300

Boeing777-381
ANA Boeing777-300(JA753A)
翼がぐーんとしなって、機体を浮き上がらせようとしている。
重力の縛りから解き放たれる瞬間。
機首は天を向き、エンジンは力強く機体を引っ張る。
Take Off!

飛行機の重心位置

MS-90-30
MD-90-30
A300B4-600R
A300B4-600R
飛行機の重心位置って翼の前縁から4分の1から3分の1ぐらいの位置です。
正確に言うと、MAC(Mean Aerodynamic Chord:空力的平均翼弦)の25%から33%の位置。
そう考えると、やっぱり重たいエンジン2基が後ろについているMD-90の重心位置は
かなり後方にあるんだなーってのがよく分かります。

方向舵

Boeing747-400 垂直尾翼
飛行機の姿勢をコントロールする3つの舵のうちの一つ「方向舵」(ラダー)
ヨーイングのコントロールを行う。
他の2舵とは、
エレベータでピッチングをコントロールし、
エルロンでローリングをコントロールする。
3つの舵のバランスが整って初めて飛行機は安定した飛行を実現する。
まるで人生そのものみたい。
今、私はすべりまくってる?!

ANA A320-200

羽田空港のR/W34Rへ向かうANAのAirbus A320-200。
ANA Airbus A320-211
A320 Take Off!
Airbus A320-200 Take Off
A320のエンジン
Airbus A320 Engine
先日、US AirwaysのA320がハドソン川に不時着水するという事故がありました。
パイロットの判断力と技量に感動です。
時速200km以上で飛ぶ飛行機にとって、水面はコンクリートも同様。
見事に着水し、乗員乗客に死者を出さなかったなんて、素晴らしい。
しかも、ニュースによると、最後まで機内を見回り、最後に降機したとか。
バード・ストライクという不測の事態に冷静に、的確に対応したパイロットに拍手!

地上に戻ってきた鳥

ANA Boeing777
JAL Boeing777
主翼の上のスポイラーを立ち上げ、
フラップを目一杯下げ、
スラストリバーサを作動させ、
止まろうとしている飛行機って、
大型の鳥が地上に舞い降りてきたときの姿にかぶさる。

JAL Boeing747-400

西日を横に受けながら羽田空港のR/W 34LへランディングするJALのBoeing747-400。
JAL Boeing747-400 Landing
スポットに向かうBoeing747-400。
「おかえりなさい」
JAL Boeing747-400 Taxi to spot
この時期、午後の羽田空港の第1ターミナルの展望デッキから見る飛行機の着陸は
西日を背景にして、なかなか美しい。
川崎の工場群が出す煙と飛行機。
わびさびの世界というか、何と言うか、美しい。

お疲れ様でした!

ANAのBoeing767が羽田空港第2ターミナルのスポットに到着。
ぴたりと停止線に止まると、地上係員が車輪止めを置き、インターフォンを接続。
ANA Boeing767 スポット・イン
Parkingチェックを実施中のコックピット。
キャプテンとコ・パイロット
Parking BrakeをSETし、
Fuel Control SwitchesをCUTOFFでエンジンを停止、
Seat Belt SignsをOFFにする。
Red Anti-Collision LightsをOFF。
Flight Director SwitchをOFF、Status DisplayをONにして、
その他いくつかの装置をOFFにして、
フライト終了。
ログブックに必要事項を記入して、「お疲れ様でした」となる。

Nice Landing!!

最も緊張する瞬間、Landing。
スレッシュホールドを超え、接地帯に近づくのにあわせてフレアをかける。
ANA Boeing747-400D Landing
メインギアが接地し、白煙が上がる。
主翼上のスポイラーが一斉に立ち上がる。
スラストリバーサーを動作させ、減速する。
Boeing747-400D Nice Landing
ナイス・ランディング!!
大空を駆け抜けてきた飛行機が地上に戻る瞬間。
接地してからも、滑走路のセンターラインをキープするために、こまめにラダーを操作する。
横風成分が多い日は、展望デッキから見ていても、垂直尾翼についているラダーが、
左右に動いているのが分かる。
充分に減速し、誘導路へ曲がるころ、ようやくホッとする。