航空大辞典:Boeing727のページ

航空大辞典の”Boeing727のページ”を公開しました。
日本では「よど号事件」や「雫石上空自衛隊機衝突事故」・「羽田沖墜落事故」など、
あまり良くない思い出が多い飛行機でした。
鋭い後退角と、優れたフラップ、3発エンジン、T字尾翼が組み合わさり、上昇・下降の性能が非常に優れた飛行機としても有名でした。
全日空で初めて採用したジェット旅客機であり、日本航空も日本国内航空も採用していました。
航空大辞典 Boeing727のページ

スターフライヤー Airbus A320-200

スターフライヤーのAirbus A320-200(JA04MC)
スイスの時計ブランド”オーデマピゲ”とフランスのキャラクター”キャップ&ペップ”の特殊塗装が施されている。
機体左側は”オーデマピゲ”(AP)。
スターフライヤー Airbus A320 特殊塗装 1
機体そのものが”特殊塗装”(?)な感じなので、更に特別な塗装をするとしたら、
こんなデザインにするしかないんでしょうね。
スターフライヤー Airbus A320 特殊塗装 2
こちらはノーマル塗装のAirbus A320-200(JA02MC)。
スターフライヤー Airbus A320 ノーマル塗装 1
シンプルで洗練されたデザイン!
高級感がある。
スターフライヤー Airbus A320 ノーマル塗装 2
体が・・・筋肉痛で悲鳴を上げている・・・。
品川駅から5分ほど走ったら、このざま。
なぜ走ったかって? 18時の約束に遅刻しそうになったから。
(結局2分、遅刻してしまった!)

JALのエコジェット

羽田空港のD滑走路の工事現場を背景に、離陸滑走を開始。
JALの「エコジェット」Boeing777-200(JA8984)
JAL エコジェット Boeing777-200 1
ローテーション!
この緑色が「ずんだ餅」の色と似ているということで、通称「ずんだジェット」(?)
JAL エコジェット Boeing777-200 2
「空のエコ」(Sky Eco)だそうです。
JAL エコジェット Boeing777-200 3
こうして見ると、緑色の紙飛行機が飛んでいくようですね。
JAL エコジェット Boeing777-200 4
JALのプレスリリースによると、「空のエコ」プロジェクトというものを展開しているようです。
【環境社会活動の推進】
JALのネットワークを活用し、JALだからできる環境社会活動の推進
・高度1万メートルの大気を採取し、気候変動のメカニズム解明をサポート。
(1993年より開始。 大気観測器を共同開発し、現在5機の航空機で実施中)
・シベリア、アラスカ、インドネシアの世界最大級のCO2吸収源である森林を上空から観測、森林火災の情報提供。(2007年度発見件数 172件)。
・次世代を担う子供たちへ環境意識の向上を目的とした運航乗務員による出前講座「そらいく」を開催。(2007年度 13回実施)。
・中国内蒙古の沙漠化防止のための緑化技術を研究しグリーンベルトを設定する活動団体への支援。
【航空機から排出される二酸化炭素量の削減】
JALの航空機が排出する二酸化炭素量を、2010年度までに1990年対比で有効トンキロ輸送量あたり20%削減。
・機材更新による燃費効率の向上。
・適正高度の選択や新着陸方式(テイラード アライバル)など、地球環境に配慮した運航の実施。
・航空機エンジン水洗いによる燃料効率の改善。
・軽量機内食器や軽量貨物コンテナーなど、航空機軽量化による燃料使用量の削減。
【JALエコジェットの運航】 2008年6月より就航
JALの地球環境へむけた取組みの象徴として尾翼を緑に塗装した「JALエコジェット(JAL Eco Jet)」 を1機運航し、JALエコジェットを通じた地球環境の大切さの呼びかけ。
とっても良い取り組みを推進しているんだから、もっと、アピールすれば良いのに。
今週は羽田空港で見た特殊塗装の飛行機特集でした。

1 2 3 12