JAL Boeing747

11月1日の羽田空港。
午前11時頃はまだ、全天を雲が覆う空模様。
ただ、その雲も薄く、弱い太陽光が時折地上を照らす。
JALのBoeing747-400D(JA8083)
JA8083
JAL Boeing747-400(JA8083)
強い西風、時折突風も混じる。
南西の方角から徐々に青空が広がり始め、熱い太陽が顔を見せ始めた。
強い横風の中、離陸していくジャンボ。
この大きなジャンボでさえ、離陸から上昇までの間、揺さぶられているのが見て取れた。
JALのBoeing747-400D(JA8907)
JA8907
JAL Boeing747-400(JA8907)
先ほどまでとは打って変わり、真っ青な晴天が広がった。
が、風が非常に強く、東京湾の波も白い波頭を見せていた。
D滑走路の埋立地では、埋め立てた土砂が砂埃となって巻き上がり、東京湾の下層に薄い土煙の層を成していた。
JALのBoeing747-400D(JA8904)
JA8904
JAL Boeing747-400(JA8904)
JALのBoeing747-400(JA8910)
こちらは国際線仕様でウィングレットが付いている。
JAL Boeing747-400(JA8910)
ジャンボの離陸は、いつ見てもいいなぁ。
昨日観た「沈まぬ太陽」の余韻からか、Boeing747を掲載したくなり、
3機のBoeing747-400Dの登場となった。
あらためて、「沈まぬ太陽」という作品の素晴らしさを認識したというのが率直な感想。
JALの労組のホームページではやはりこの作品を労務問題を中心に捉えているが、
私は同じ会社に所属する人間として、主役の恩地の生き方を描く作品と捉えた。
行天が対照的に描かれているせいかも知れないが、実直に、正義を貫く熱い姿には感動した。
御巣鷹山の事故をピークにその事故に至る会社とそれを取り巻くさまざまな人々の思惑を描いていると捉える方もいるだろう。
捉え方は人それぞれだと思うが、そういった捉え方が出来る作品であり、2度も3度も読んでみたくなる、観てみたくなる作品である。
私ももう一度、小説を読んでみようかと思っている。
なお、「沈まぬ太陽」はフィクションであり、本日掲載した写真とは関係ありません。