Lufthansa Boeing 747-400

ルフトハンザ・ドイツ航空のBoeing747-400(D-ABVK)です。
LH711便 フランクフルト行き 飛行時間は11時間45分。
(同じような写真ばかりですみません・・・^^;)
このルフトハンザのBoeing747っていいですよね!
昔、ハセガワのプラモデルで作った飛行機の一番のお気に入りがこのルフトハンザのBoeing747でした。(当時は-200でしたが)
きちんとペイントして天井からテグス糸でつって飾ってたのを思い出します。。。
Lufthansa Boeing 747-400 1
Lufthansa Boeing 747-400 2
Lufthansa Boeing 747-400 3
Lufthansa Boeing 747-400 4
こちらはもう”見慣れた”Airbus A340-600(D-AIHZ)です。
LH715便 ミュンヘン行き 飛行時間は12時間25分。
Lufthansa Airbus A340-642X 1
Lufthansa Airbus A340-642X 2
スターアライアンスの創立メンバーでもあるルフトハンザ航空は、「最も安全な航空会社」としても定評があります。
紫色の垂直尾翼に描かれたロゴマークがカッコいいです。ロゴになっている鳥は「鶴」で、かつてのJALのロゴ「鶴丸」と共通してますね。
ルフトハンザも最近はA340ばかりを見るようになっていたのですが、久しぶりにBoeing747を見ることができ、とてもラッキーでした。

UNITED AIR LINESのBoeing747-400

昨日に引き続き、ユナイテッド航空の新塗装の飛行機です。
成田空港のR/W16Rへアプローチ・ランディングするBoeing747-400(N120UA)
UNITED AIRLINES Boeing747-400 1
UNITED AIRLINES Boeing747-400 2
UNITED AIRLINES Boeing747-400 3
UNITED AIRLINES Boeing747-400 4
UNITED AIRLINES Boeing747-400 5
UNITED AIRLINES Boeing747-400 6
Boeing747がどんどん数を減らしているこのごろですが、成田空港ではまだまだBoeing747は活躍していました。
UAやBA、LHの伝統ある航空会社のB747を見ると、非常にうれしくなりますね。
今日はUA、明日はBA、明後日はLHのBoeing747をお届けします!
先週末から昨日まで、太陽は姿を隠し、一気に真冬に逆戻りしたような寒さでした。
咲きかけた桜も開花を途中でやめちゃったような。。。。
お陰で満開のタイミングは今週末まで伸びた?!
今朝は朝からすっきりと晴れ、気温の上昇も期待できます。
これから春らしいポカポカ陽気になるのでしょうか。
楽しみですね。

UNITED AIR LINESの新旧塗装

アメリカの老舗航空会社「UNITED AIR LINES」の新旧塗装です。
旧々塗装は真っ白な機体にオレンジ・赤・青のラインで、垂直尾翼にも3色で描かれた”U”の字が描かれていましたが、旧塗装では一気にどんよりとした暗いカラーになり、
どうしたのかと思ってしまいました。。
なんとなく、アエロフロートっぽいですよね。
まずは旧塗装のBoeing777-200ER(N226UA)の成田空港R/W16Rへのアプローチ・ランディングから。
UA Boeing777_OLD 1
UA Boeing777_OLD 2
UA Boeing777_OLD 3
UA Boeing777_OLD 4
現在のユナイテッド航空はボーイングのカンパニーカラーに似たブルーの塗装になっています。
垂直尾翼に書かれていた”U”の文字もかなりデフォルメ化されて、もはや模様?!
やっぱり旧々塗装のほうがよかった・・・?!
現塗装のBoeing777-200ER(N795UA)の成田空港R/W16Rへのアプローチ・ランディング
UA Boeing777_NEW 1
UA Boeing777_NEW 2
UA Boeing777_NEW 3
UA Boeing777_NEW 4
飛行機のデザインって、もろCI(Corporate Identity)を表すようでとっても重要ですね。
PAN AMやNORTH WEST、TRANS WORLDとともにアメリカの元気な航空会社だったころの旧々塗装は明るく、その後バブル崩壊・世界不況とともにアメリカの航空会社も業界再編やM&Aの嵐に巻き込まれ旧塗装のようにくらいカラーになり、現在はリーマンショック以降の不況を生き延び、未来に向けて成長して行こうという強い意志を感じるようなさわやかで明るいカラーになりました。(って勝手な解釈)
そういえば、企業再建に成功した暁のJALはどんなデザインになるのでしょうか?
まさか、今のままってことは無いですよね・・・・。
「新生・JAL」を印象付ける素敵なデザインを楽しみにしたいと思ってます。

FLY!PANDAのLanding

3月22日のさくらの山公園にて。
ANAのFLY!PANDAが空を駆けてきました。子パンダを背中に張り付かせて、森を超え、そのまま成田空港のR/W16Rへ降りていきました。
ANAのBoeing767-300ER(JA606A) 「FLY!PANDA」
FLY!PANDA Approach
こうして見ると、パンダが両手両脚を広げて空を駆けているよう。
ANA Boeing767-300
白い尾翼に青字のANAもカッコいいですね。
Boeing767-300ER(JA606A)
子パンダが振り落とされないように母パンダにしっかりとしがみついています。
FLY!PANDAのアップ
着陸寸前、フレアをかけて降下率を減じ、速度を落とし、接地に備えます。
FLY!PANDA 設置寸前
Nice Landing! 
主輪が接地した瞬間。それまで静止していた車輪が滑走路に設置し、いきなり高速で回転し始めるダイナミックな瞬間です。
0kmから200km近くに瞬時に移行するんですから、それはすごいことです!
タフじゃなきゃ出来ないこと。煙もでますよね。
FLY!PANDA Landing
午前中の北よりの風が午後から南風に変わり、R/Wチェンジ。
R/W16Rに着陸する飛行機がどんどんアプローチしてくるなか、このFLY!PANDAが来てくれました。
FedExのリアルな大熊にはあえませんでしたが、それは次回のお楽しみということで、このどこかユーモアの感じるANAのFLY!PANDAに会えただけでもラッキーだったと考えることにしました。
今週で1Q(第1四半期)も終わり、いよいよ4月に突入ですね。
つい最近、正月を迎えたと思っていたら、もう4月。
速いです・・・・。
その割りに、一向に春らしい暖かさにはならず、今日も冷たい1日になりそう。
早く春の暖かな日差しを浴びながら、まったりと飛行機を眺められる季節が来て欲しいですね。

シンガポール航空 Airbus A380 Take Off

もう既におなじみのシンガポール航空のAirbus A380。
今回の飛行機は9V-SKEで、初対面。
シンガポールまで7時間30分のフライトに出発です。
大きな翼に大きなエンジンと大量の燃料を積んでいるため、離陸滑走開始直後は翼が下にしなってます。
Airbus A380 離陸滑走
翼が横にピーンと伸び、巨体を空に持ち上げます。
何度見ても、迫力ある不思議な光景。
Airbus A380 離陸
とにかく翼が大きい!
まるで海中を飛ぶように泳ぐエイのようにも見えます。
大きさゆえか、高速で突き進むというよりも、ゆったりと空を泳いでいるように見えますね。
Airbus A380 Gear Up
空を覆いつくすように頭上を飛びすぎるA380。
上昇角が浅いので、比較的低いところを飛んでいきます。
Airbus A380 Climb
機首部分のアップ。
Airbus A380 Nose
総2階構造の巨大な飛行機はシンガポールに向けて飛び去っていきました。
このA380の離陸は成田空港での11時半から12時までの間のビッグイベントですね。
シンガポール航空 Airbus A380
さて、今週末は桜と飛行機を撮影しに成田空港近くのさくらの山に行こうと計画していましたが、成田近辺の桜はまだ蕾とのこと。。。。
おまけに、物凄く寒く、曇ってます。
TAFでは本日も昼頃から南風に変わることが報じられているので、午後からはR/W16Rへの着陸も行われるでしょうし、桜と飛行機を撮影するにはチャンスだと思うのですが、蕾じゃ・・・・。
というわけで、本日はおとなしく家にいることにしました。
来週末はきっと桜も見ごろでしょう。
しかし、もうすぐ4月になるというのに、なんなんでしょうねこの寒さは!
皆様、体調を壊さぬよう、お気をつけください!

ANAのSTAR ALLIANCE塗装

SKYTEAM、ONE WORLDに続いて本日はSTAR ALLIANCEのBoeing777-300ERです。
航空会社は日本の全日本空輸(ANA)です!
羽田で見慣れたBoeing777-200やBoeing767-300と違い、やはりBoeing777-300ERは国際線の風格というか、迫力がありますね!
翼を大きく反らせて、地球の引力の呪縛から解き放たれ、天空を目指すANAのBoeing777-300ER(JA731A)。
ANA STAR ALLIANCE
全身真っ白の胴体に黒い尾翼に描かれたスターアライアンスのマーク。
カッコいいですね!
ANA Boeing777-300ER
青い空に白い機体が映えます。
Boeing777-300ERの長いスマートな機体とマッチしたデザイン。
ANAのスターアライアンス塗装
レイクド・ウィングチップを備えた主翼は、鳥の翼のようです。ツバメが滑空する姿を連想させますね。
Boeing777-300ER(JA731A)
大きな2発のエンジンは静かに、それでいて力強く、大きな機体をぐんぐんと加速させていきます。
ANA Boeing777-300ER(JA731A)
ところで、昨日の記事へのミラさんのコメントに昔のANAのスターアライアンスについての記載がありました。昨日の記事のFinnairの胴体後部にはONE WORLD加盟航空会社の尾翼デザインが並べてありましたが、昔のANAのスターアライアンス塗装では機体に加盟航空会社のロゴマークが並べてあったんですね。
数年前の記事に掲載した昔のスターアライアンス塗装のANA Boeing767の写真を再掲します。
昔のスターアライアンス塗装
当時はまだ加盟航空会社も9社と少なかったのですが、今や26社の航空会社が加盟する世界規模の航空アライアンスです。もう加盟航空会社のロゴを機体に描くのは大変でしょうね。

FinnairのONE WORLD塗装

フィンランド航空のAirbus A340-300(OH-LQE)、ワンワールド塗装。
こちらも初モノでした!
AY74便でヘルシンキに向かいます。飛行時間は10時間20分。
FinnairのA340-300 離陸
欧州線の飛行機は長いフライトのための燃料をたくさん積んでいるせいか、
どれも長い滑走で、浅い上昇角で離陸して行きます。
FinnairのONE WORLD塗装
そのため、さくらの山公園からでも、横からの写真を撮ることが出来ました。
フィンランド航空のワンワールド塗装
このフィンランド航空のワンワールド塗装では、ワンワールド加盟航空会社の尾翼のデザインが機体後部に描かれていました。
前から6番目にJALの尾翼も見えます。
フィンランド航空 Airbus A340-300
火曜日からSKTEAM、ONE WORLD(2つ)と続きました。
ということは、明日は・・・。
昨日から一気に冬に逆戻りしたような寒さで、非常に冷たい雨が降り続いています。
一旦はコートは脱いだものの、また羽織ることに。
この気温の急激な変化には参ってしまいますね。
桜の花もびっくりして、せっかく開花したけど、咲くのをやめちゃうんじゃないかと
思ってしまいます。
今週末にちゃんと咲いてくれるんだろうか?
季節の変わり目、皆様、体調を崩さぬように!

AMERICANのONE WORLD塗装

アメリカン航空のワンワールド塗装です。
こちらも当ブログ初登場です!
銀色に輝く機体に”ONE WORLD”の文字と”American Airlines”の文字が書かれています。
機体はBoeing777-200ER(N791AN)
AMERICAN ONE WORLD
BOEING777-200ER
Boeing777-200ER(N791AN)
アメリカン航空のワンワールド塗装
アルミのいろそのままの銀色の機体が特徴のアメリカン航空。
4枚目の写真では、機体に主翼が映り込んでいます。
ピカピカでキレイですね!
この飛行機はアメリカン航空 AA176便でダラスフォートワース行きです。
ダラスはアメリカ中南部の都市ですね。
飛行時間は11時間20分です。

Air FranceのSKYTEAM特別塗装

3月22日(月曜日)は予定通り、成田空港近くのさくらの山に行ってまいりました。
雲は多かったものの、風は弱く、まあまあの撮影日和でした。
この日もいろいろと収穫があり、当ブログ「初モノ」もいくつかあり、満足でした。
その中から本日はエールフランスのBoeing777-300ER(F-GZNE)”スカイチーム”特別塗装です。
Boeing777-300ER
エールフランス AF275便パリ行きの離陸です。
パリまでの所要時間は約12時間30分。
エールフランス SKYTEAM特別塗装
ワンワールドやスターアライアンスとはまた違った味のある塗装です。
グレーの塗装ってのが、どうも暗い感じがしますね。
AF Boeing777-300ER(F-GZNE)
昨年の6月にエールフランスが受領したばかりのBoeing777-300ER。
エールフランスといえば、エアバスの飛行機が見慣れていたので、二重に新鮮でした。
雲が広がったり、青空が広がったりとなかなか難しい空模様だったのですが、この灰色のスカイチーム特別塗装機が上がる際には青空が広がってくれて本当によかった!!
雲を背景にしちゃうと、溶け込んじゃいそうですからね。
今日からしばらく昨日撮影した写真特集が続きます。。。

コブクロとワンワールドとSFJ

って、今回掲載する写真そのままのタイトルですが。
コブクロはJA8941のBoeing777-300で、いまの「ドラえもんジェット」ですね!
実は、コブクロジェットをまともに見たことがなかったんです。
あんなに羽田空港へ行っていたのに。
いつも、城南島で下から見ただけで、コブクロの下半身しか見えてませんでした。
今年初め、新整備場駅に行き、メンテナンスエリアをうろうろしていたときにようやくその全身を見ることができました。
コブクロジェット
こちらはJA752JのBoeing777-300です。
もうすっかりおなじみのワンワールド塗装。
ワンワールド
昨日掲載したスターフライヤーのAirbus A320のJA03MCです。
羽田空港の第1ターミナル南端にあるスポットからプッシュバックされこれからタキシングを開始するところです。
こちらも新整備場駅脇から撮影したものです。J2、J3タクシーウェイを挟んだところからなので、結構近い!
こんなに近くからSFJの飛行機を見たのも初めてでした。
スターフライヤー
スターフライヤー 垂直尾翼
今日は、予定通り成田空港(さくらの山)へ行ってこようかと思います。
TAF RJAA 212038Z 2121/2224 30005KT 9999 FEW030 BECMG 2204/2206 18007KT BECMG 2212/2215 02006KT
少しの雲はあるものの穏やかな天気ですね。
午前中は北よりの風ですが、お昼過ぎから南よりの風に変わるようです。
最初はR/W34Lを離陸・上昇する飛行機を見ることができ、その後R/W16Rへアプローチする飛行機を見ることができるという、1日で2度美味しい日になるかも・・・・。