ディーテンからの眺め

JALのジャンボの話題からちょっと離れて、今日はディーテン(旧D滑走路展望台脇の空き地)からの眺めと称して、ディーテンから見た飛行機の写真を掲載します。
ディーテンでいつも楽しみにしているのは、ANAのハンガー前にいる飛行機。
モヒカンがいたり、ポケモンがいたり、フェリーされてきた真新しい飛行機がいたりと
いつもワクワクさせてくれる場所です。
この日は真新しいBoeing737-800(JA62AN)とEndless Discoveryのロゴが描かれたBoeing777がいました!
ANAの777と737
そしてANAのハンガーとJALのハンガーの前に飛行機がずらりと飛行機が並んでいるときにはこんな風景も。
飛行機のお尻がずらりと並んでいます。
B777の間にA300のお尻も見えますね。
飛行機のお尻がずらり
2月26日の午後は気温が上がり、ポカポカ陽気でした。
ハンガーのドアも大きく開け放たれ、中で整備中の飛行機も見えました。
そこにいたのはJA622A!
おそらく4機目のウィングレット付きBoeing767-300ERでしょう。
ボーイング767通算1000号機、シリアル№40567 のこの飛行機、今はハンガーでウィングレットの装着作業を行っているのかも知れませんね。
JA622A 767WL
気温が上昇すると飛行機撮影に撮っては大敵のめらめらが発生します。
が、逆にこんな面白いシーンも見ることが出来ます。
実際にそこに水は無いのに、水があるかのように見える「逃げ水」
その逃げ水に飛行機のタキシングライトや前輪・エンジンが写りこんでいます。
陽炎に写る飛行機
RWY05からの離陸のためにROUTE5をタキシング中のJALのBoeing777-200。
この徐々に近づいてくる感じがドキドキさせてくれます。
JAL Boeing777
ノーズギアのドアに”007″、JA007Dです。
JA007D
目の前で左に曲がります。
機首は2重の金網フェンスをはさんで直ぐに目の前。
B777の顔
この日、このJA007Dのコーパイさんと目がバッチリと合いました!
にらまれた?!
大丈夫、何も悪いことはしません。おとなしく、金網に触れないように写真を撮らせていただくだけですから!
パイロットと目が合った
最後に通り過ぎたJA007Dの主脚。
Boeing777の脚
2重の金網フェンス越しですので、ところどころフェンスの影が映り込んだり、フィルターをかけたような感じになってしまいますが、
この場所は大好きな場所のひとつです。
いつまでこの場所に行くことが出来るのか。。。。
飛行機がとおりすぎたあとのケロシンの燃えた香りがまた、なんともいえないんですよね~笙ォ
以前、広い駐車場というか空き地だった場所には何かの施設が建つのか、既に工事の準備が始まっています。
この場所に展望施設でも作ってくれれば良いのに・・・
きっと、また一つ飛行機の撮影ポイントが減ることになるんでしょうね。

JALのBoeing747たち

なつかしのジャンボから始まり数日間にわたってお届けしてきたJALのジャンボたちですが、
本日が最終回です。(少々長めです^^;)
現在活躍中の日の丸アークのBoeing747-400。
あと2日で国内線も国際線も成田着のフライトを最後に引退します。
13時15分着のJL3098便と13時25分着のJL75便です。
当日は成田空港に行ってその最後のランディングとスポットインを写真に収めたいと思います。
今日はそのBoeing747-400の雄姿をお届けします。
(過去に掲載した写真も含まれます)
RWY34Lからの離陸のため、離陸位置につくJA8082。
JAL B744 1
RWY34LにアプローチするJA8920。
JAL B744 2
JAL B744 3
JAL B744 4
ONE WORLD塗装したJALのBoeing747-400はこれだけ? JA8313。
JAL B744 5
JA8920。
左右両翼のウィングレットに描かれた日の丸アークと尾翼の大きな日の丸アークがとても美しいですね。
「日本の翼」
JAL B744 6
そしてJALのジャンボの退役が始まった頃、国際線のジャンボが国内線に転用され始めました。
このJA8912もそんなジャンボです。
(城南島海浜公園にて)
JAL B744 7
最後は先日羽田空港でのラストフライトを終えた最後の-400D、JA8084です。
(後方にはまだ工事中の新国際線ターミナルが写ってます。)
JAL JA8084 1
この写真が結構気に入っていて、何度か登場させているかも知れません。
「JALのジャンボ」がキーワードになるといつもこの写真が頭に浮かぶんです。。。
JAL JA8084 2
JAL JA8084 3
JAL JA8084 4
そして、最後はRWY22にアプローチするJA8084。
JAL JA8084 5
Boeing747SRからBoeing747-400まで41年間のJALのジャンボの歴史を振り返って来ましたが、
そのJALのジャンボの歴史はあと2日で幕を閉じます。
一つの歴史が幕を閉じ、また新たな歴史が始まる。
そう信じて、JALのジャンボに「今までありがとう!」と声をかけてあげたいですね。
今までの歴史があるから、JALのジャンボが残した功績があるから新しい歴史に期待できるんですから。。。
昔を懐かしんでばかりいられません。
時代は流れ、変化していて、そこに暮らす私たち自身も日々進歩しています。
これまで築き上げられてきたものを大切にし、それらから学びながらも、
新しいものを作り上げ、未来に残していかなければなりません。
そんなことを考えるきっかけもこのジャンボからもらいました。
「ありがとう、ジャンボ!」

1 2 3 16