観閲飛行 in 航空観閲式

航空観閲式では、陸・海・空の自衛官の皆様が一糸乱れぬ隊列でエプロンに入場・整列した後、栄誉礼・国旗掲揚が行われました。
その後の慰霊飛行は天候のために中止となりました。
そしてその次に行われたのが航空機5機による観閲飛行でした。
我々の前に横たわる滑走路の上空を右手から左手へとギアとフラップを降ろしゆっくりとした速度で航過していきます。
まずやってきたのはP-3C 対潜哨戒機です。
P-3C 1
P-3C 2
2番目はU-125A 捜索救難機です。
「空へ」という小松基地の救難隊を描いた映画でも出てくる飛行機ですね。
U-125A 1
U-125A 2
3番目にやってきたのはC-1 中型輸送機です。
C-1 1
C-1 2
4番目はKC-767 空中給油/輸送機です。
Boeing767をベースとした飛行機ですね。
KC-767 1
KC-767 2
KC-767 3
最後は戦闘機、F-2です。
ファントムもイーグルもグレーというか、薄い水色なのに、
なぜF-2は来い青なんだろうという単純な疑問。。。。
F-2 1
F-2 2
この観閲飛行の後は、エプロンに整列した自衛官を観閲官(野田総理)がオープンカーで巡閲し、その後TVや新聞などでも報道された訓示が行われました。
訓示の後、栄誉礼が行われ、その後に昨日掲載した航空機地上滑走、ブルーインパルスによる展示飛行が行われました。
最初の栄誉礼から最後の国旗降下・特別儀じょうまで1時間30分の航空観閲式でした。
地上では自衛隊の航空機21機種が整列し、その前に自衛官が整列。
その姿はとても気持ちよく、カッコよいものでした。
ここで観閲を受けた皆様が普段、わが国を守ってくれているのだと思うと、頼もしくもあり、尊敬の念を抱きすらしました。
わが国を守る。。。外敵から守るだけではなく、今年の3月の大震災の後の復興支援活動では多くの国民を守ってくれました。
基地祭ではなく、観閲式に参列させていただき、様々な自衛隊の姿を拝見することができ、
とてもよい経験をさせていただきました。
来年・再来年は陸上自衛隊・海上自衛隊の観閲となり、次の航空観閲は2014年になります。
是非、また参列させていただきたいと感じた式典でした。
さて、今週はとても慌しい1週間です。
月曜日は東京、火曜日は名古屋、水曜日は東京で、木曜日は名古屋、そして金曜日は東京と1日おきに日帰りで名古屋です。。。。
ふぅ~。。。