パラレル テイクオフ

「海からシリーズ」第3弾はEVAのAirbus A330です。
でも、タイトルが「海からEVA」じゃない!?
理由は・・・・まずはご覧いただきましょう。
海から羽田でRWY05からの離陸シーンでなかなか気に入ったのが、この離陸開始位置についた飛行機のシーンです。
背景に川崎の工場の煙突が見え、桟橋部分が見え、
「これから離陸するぞ!」という緊張感あふれる飛行機が見える。
ドキドキする時間が流れます。
EVA A330 1
離陸滑走中のA330。
A330はやっぱり前傾していますよね。
揺れる船の上でしたが、水平にはかなり気を使ったので写真は水平になっているつもりです。。
(こういう時に、ファインダーの中の格子線は重宝しますね!)
EVA A330 2
ローテーション!
まずはノーズギアが上がります。
こうして改めてD滑走路を見ると、手前のテトラポットがなかなか良いデザインというか、ワンポイントとなってます。
EVA A330 3
まさに離陸の瞬間!
メインギアが滑走路を離れる寸前。
揚力が重力に打ち勝つ瞬間。
EVA A330 4
そしてエアボーン。
キャセイのジャンボと違って、結構短い離陸滑走距離でのエアボーンでした。
EVA A330 5
羽田空港の新旧管制塔をバックに上昇するEVAのAirbus A330。
D滑走路の建設に合わせて、見通しの良い背の高い新管制塔が作られましたが、
旧管制塔もバッチリ見えるんですね。
EVA A330 6
そして、これです!!
今日の記事のタイトルになった理由。
RWY05を離陸したAirbus A330とRWY34Rを離陸したAirbus A330のツーショット!
パラレルでしょ!!
海から撮影していてもこのシーンを見られたのはこの1回だけ。
感動しました!!
EVA A330 7
ギアを格納し、いよいよ”ひねり”です。
ゆっくりとつばさが傾き始めます。
豪快なひねりを見せてほしい。。。そう祈りながらシャッターを押し続けます。
EVA A330 8
見せてくれました!
EVAのAirbus A330のひねり!
ただでさえ美しいA330がより美しく見えます。
EVA A330 9
いやぁ~、まさかRWY05からの離陸機とRWY34Rからの離陸機のパラレル テイクオフ(というか、パラレル クライム?!)を見られるとは!
RWY05を離陸する飛行機はあっという間に、ものすごいスピードで目の前を通過していきます。
RWY34Rから離陸した飛行機とこうして一緒に撮影できるのはものすごく珍しいことだと思います。
海から撮影することの貴重さに加えて、RWY05とRWY34Rの離陸機の上昇する姿を同時にとらえることの貴重さで、大興奮でした。
撮影後には、隣で撮影した方とその興奮を分かち合い、「見た?! 撮れた?!」とはしゃいでしまいました。
明日も「海から」シリーズが続きます。
それでは皆様良い1日を!
私はこれからホテルのビュッフェ形式の朝食をいただきにレストランへ行ってきます!

海からキャセイのジャンボ!

「海から」シリーズ。
第2弾はキャセイのジャンボです!
今回の「海から羽田を見てみよう」では”Boeing787とBoeing747のRWY05からの離陸を撮影する”というのが目標でした。
それでは、ご覧下さい!
国際線ターミナルからROUTE5経由でRWY05へやってきました。
やっぱり存在感が違います。
滑走路へ進入し、ゆっくりと機首を回します。
CX B744 1
機首を滑走路の方向に回すにつれて、機体の右側の陽の当たっている部分が見えてきます。
舞台に登場し、スポットライトを浴びているヒーローのようです!!
D滑走路の桟橋部分がはっきりと見え、海面も見え、”海から見ている”感じもバッチリ!
CX B744 2
離陸のクリアランスを待ちます。
ロールス・ロイスのエンジンがよく似合う、キャセイのジャンボ。
一瞬、静かな時が流れます。
揺れる船の上で、水平に気を付け、飛行機をフレーム内にキープするのに必死になりながら、緊張しながら離陸のときを待ちます。
CX B744 3
離陸滑走開始!
背景の煙が演出効果を高めてくれます。
CX B744 4
さすが、国際線。さすが、ジャンボ。
なかなかローテーションの声がかからないようです。
船の横を疾駆していきます。
どのあたりでエアボーンするのだろうか。。。 ドキドキしました。
CX B744 5
そしてエアボーン!
主翼が綺麗にしなっています。
午後の太陽の光を機体いっぱいに受けて、キャセイのジャンボがRWY05からテイクオフ!
CX B744 6
機首を更に上向きにして、勢いよく上昇していきます。
さぁ、次は”ひねり”です。
どんな右旋回を見せてくれるでしょうか。
CX B744 7
「やった!」
シャッターを押しながら心の中で叫びました。
25度くらいの傾きでしょうか、見事な上昇旋回を見せてくれました。
CX B744 8
まるで、私たちが乗っている船が旋回の中心点であるかのように、キャセイのジャンボは旋回を続けます。
CX B744 9
素敵な”ひねり”、右旋回を終え、キャセイのジャンボは南の方角へ飛び去って行きました。。。
ウィングレットの付いたBoeing747-400、カッコイイですね!
CX B744 10
昨日と今日でこの日の大きな2つの目標を達成した写真を掲載してしまいましたが、
明日以降もしばらく「海から」シリーズが続きます。
今週はとってもタイトな1週間になります。
本日から名古屋に出張で、戻りは金曜日の夜。
ほとんど単身赴任状態です(^_^;)
インフルエンザが猛威を振るっているようです。
皆様、健康に気をつけて、よい1週間を!!

海から787

昨日、TwitterやFacebookで飛行機関係の話題で普段から交流している仲間が集まる「海から羽田を見てみよう(海羽田会)」に参加してきました。
昨年の夏に1回目がありましたが、今回はその2回目です。
今日も写真がちょっと多めですので、海羽田会の感想や様子は後日にあらためて。。ということにして、
早速この日の最大のターゲットであるRWY05から離陸するBoeing787の写真をご覧下さい。
1月23日から就航した羽田-伊丹線。 13時発のANA25便です。
13時17分、D滑走路の脇で待機する私たちの視界にBoeing787はやってきました。
特別塗装のJA801Aか?!それともノーマル塗装に”787″の804Aか807Aか。。。
JA804Aでした!
海から787 1
RWY05の離陸開始点に入ります。
真正面を向いたBoeing787と船と煙を吐く煙突。
海から787 2
RWY34Rへのアプローチ機も無し。
All Clear!
離陸滑走を開始します!
海から787 3
RWY05の多摩川側1,100mは多摩川からの川の流れを変えない様にするために埋め立ての島ではなく、桟橋構造になっています。
杭の間隔は、河川全幅に対する平均を50m以上、最小を25m以上確保するとともに、河川全幅に対する河積阻害率は8%以内という「河川管理施設等構造令第8章 橋」の規定に準拠しているそうです。
海から787 4
そしてその桟橋部分と埋め立て部分の境目。
飛行機に乗っているとそのつなぎ目ははっきりとわかります。
そのつなぎ目に向かって疾駆するBoeing787。
海から787 5
岡山・広島・伊丹・山口宇部にBoeing787は就航していますが、すべて羽田空港よりも南にある空港で北風運用時の離陸滑走路はRWY05。
普段はその離陸する姿を近くで見ることが出来ません。
が、
船に乗って海からD滑走路に近づけばこのとおり!
ほぼ滑走路と同じ高さの目線でRWY05を離陸する飛行機を順光で見ることができるんです!!
(もちろん、各種法規やルールを遵守し、航空機の運航に支障の無い形で一定の距離を保ってD滑走路の脇に位置づけてます。)
海から787 6
「ローテーション!」
いよいよです。Boeing787のノーズ・ギアが島を離れます。
海から787 7
ANAのハンガーや航空機燃料を蓄えるタンクが背景に入ってきました。
まもなくメインギアも滑走路面を離れます。
海から787 8
そしてエアボーン。
とうとう、RWY05を離陸するBoeing787を撮影することができました!
このとき、船の上には約30名のカメラマンがいて、シャッターの音が響き渡っていました。
海から787 9
上昇するBoeing787。
背景がジェット排気でにじんでいます。
音はとっても静か。。。
海から787 10
アンチ・コリジョン・ライトが光り、上昇を続けます。
海から787 11
船の真横を通過し、上昇を続けながらギアを格納。
「JA804A」当ブログ初登場です。
3号機はJA805Aで初北京便の離陸を1月14日に撮影しました。同じ日の夜にはJA807Aがシアトルからフェリーされ、羽田空港に到着する場面に立ち会いました。
その後もBoeing787の導入は進み、伊丹・山口宇部線にも就航しました。
これからは”いつものシーン”になるのでしょうね。
海から787 12
RWY05を離陸した飛行機は離陸後に右旋回します。
その”ひねり”は普段は撮影することができませんが、海からなら旋回の内側から撮影できます!
「ぐいっとひねって。。。」と祈りながらファインダーを覗き続けます。
海から787 13
左翼の上面及び第1エンジンもわずかに見えるくらい、しっかりとひねってくれました!
カッコイイ!!
周囲からも「おお~っ!」という声が聞こえました。
海から787 14
旋回はほんのわずかの間。
KAMATに向かうのであれば、更に旋回を続けて川崎の方に向けてUターンに近い旋回になるのですが、ANA23便は木更津方向に機首が向いたところで旋回が終了。
海から787 15
綺麗に主翼をしならせながら羽田空港を後に、上昇を続けるBoeing787。
無事に撮影できたという安堵感と、RWY05を離陸するBoeing787を初めて見たという興奮と、大きく揺れる船の屋根の上という不安定な足場に立っている緊張感など、
複雑に入り混じった思いで見送りました。
海から787 16
大量の写真と長文で失礼しました<(_ _)>
Boeing787が視界に入ってきてから、上昇して去っていくまでの数分間で撮影した写真は150枚。その中から16枚を何とか選び出しました。。。
さて、「海から羽田を見てみよう」は、このBoeing787の離陸を撮影後もしばらく続きました。
そして船は15時に船宿に戻り、その後16時からは参加者同士の懇親会が催されたのですが、それがまた素晴らしい会でした!
笑いあり、感動あり、サプライズあり、涙あり、、、、
そのお話はまた後日。。。。
いまだに昨日の興奮が冷めません。
3回目の「海から羽田を見てみよう」が今から楽しみです。
最後になりましたが、「海から羽田を見てみよう」を企画・運営していただいたムッチーさん、一緒に楽しんだ皆様、本当にありがとうございました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

1 2 3 11