NCAのBoeing747-8F RWY16Rアプローチ

成田夏合宿初日、RWY16Lアプローチライト脇からさくらの山に移動してきました。

最初のターゲットはNCAのBoeing747-8F!

朝もやの中、やってきました。

D72_4616.jpg

フラップに沿って主翼上面の水蒸気が流れているのがかすかに認識できます。

それにしても、このジャンボ、長いですねぇ。

Airbus A340を抜いて、民間機世界最長となったBoeing747-8F。

まだ、「見慣れた」感じにはなりません。。。

D72_4622.jpg

この日の宿泊地、マロウドインターナショナル成田を背景に1枚。

滑走路側を向いている部屋なら良かったのですが、残念ながら反対側の部屋でした((+_+))

ですが、、、

この日の夜、成田空港は北風運用になりました。

滑走路側の部屋が確約されている「RWY16プラン」で宿泊した方もいましたが、翌朝も北風運用でRWY34だったので、残念ながらRWY16Rへのアプローチは見られなかったようです。

D72_4624.jpg

これが晴れた空だったら。。。

主翼上面から水蒸気があふれ出すように後方に流れています。

Boeing747-8F、翼端やエンジンはBoeing787そっくりですね。

レイクドウィングチップにシェブロンノズルのエンジン。

次世代のジャンボです。

ANAやJALも採用しないかな。。。。

D72_4631.jpg

だんだんと靄の中へ。

背景がくっきりしていたら、結構良い写真なのですが、靄の中じゃねぇ。

D72_4632.jpg

接地。

かろうじてメインギアから立ち上る白煙が視認できました。

D72_4640.jpg

カンタスのジャンボといい、キャセイのA330といい、このNCAのBoeing747-8Fといい、残念な絵です。

この日1日、どんな写真を撮ることができるのやら・・・とちょっと暗い気持ちになりました。

が、晴天の日の写真ばかりが飛行機写真ではありません。

こういう日の写真も見方によっては「普段見ることの無い飛行機」?!

悪天候も味方にしよう!と心機一転、悪天候ならではの写真を撮り続けました。

明日からもパッとしない写真が少々続きます。

さて、本日の名古屋は最高気温35℃の予報。

東京の35℃と違って、本当に不快な35℃。

名古屋のみなさん、忍耐力あるなぁと感心してしまいます。

それでは、暑さに負けずに頑張りましょう!!

キャセイのAirbus A330

本日もあまりスッキリとしない。。というより真っ白な空の中をアプローチする飛行機の写真になります。 

カンタスのBoeing747に続いて降りてきた、キャセイのAirbus A330です。

この撮影ポイントで撮影したのは、これが最後。

城南島で撮影するのと同じようなアングルになりますが、城南島は左から右ですが、こちらは右から左になります。

そして、城南島よりも高い位置になるので、目の前を通過後は見下ろすような形になります。

最初は真っ白な靄の中から飛び出してきた飛行機。

うっすらとヴェイパーを曳いているのが分かります。

D72_4487.jpg

フラップの端と翼端のウィングレットからヴェイパーを曳いています。

主翼の上面にも水蒸気が湧き立っていますね。

これが晴天バックなら、どんなに素敵な事でしょう。。。

D72_4491.jpg

近づくにつれ、残念なことにヴェイパーは消えてしまいました。

主翼上面の水蒸気はかろうじて残っていますが。。。

D72_4498.jpg

目の前に差し掛かる頃、思い切って近寄ってみました。

ちょうど、アンチコリジョンライトがピカっと光った瞬間にシャッターを押すことができました。

ラッキー!!

D72_4500.jpg

エンジンに貼ってあるロールスロイスのロゴが銀色に光っていて、カッコ良いですね。

それだけの1枚ですが。。

D72_4509.jpg

もちろん、お気に入りのアングルでも撮影。

D72_4510.jpg

やや滑走路よりも高台にある撮影ポイント。

目の前を通過した飛行機が、ほぼ目線の高さで見えます。

主翼上面の水蒸気が湿気の高さを物語っているようです。

そして、この飛行機で2度目のアンチコリジョン・ピカっとショット。

D72_4514.jpg

飛行機のお尻にかろうじて滑走路のライトが映り込んでいるのが見えます。

朝6時ちょっと過ぎで、もやっていたのでなんとなく薄暗い時間帯。

飛行場灯火もいつもより明るく見えました。

D72_4521.jpg

梅雨がかなり早く明け、夏本番!かと思いきやこの天気。

いったい、どうしちゃったんでしょうね。

今日もあちらこちらで激しい雨の予報が出されています。

暖かく湿った空気を取り込む前線が西日本に居座っているんですね。

雨の予報が出されている地域にお住いの皆様、お気を付けください。

今はテレビの気象情報より、LINEやFacebook、Twitterの情報がリアルで早く、文字だけではなく写真や動画も得ることができますよね。

XRAINではほぼリアルタイムに雨雲の動き・強さを知ることができます。

そういった情報をつかんで早め早めの対応が可能となりました。

今回の成田でもXRAIN(雨雲レーダー)とFlight Radarは大活躍!!

時代が変わり、技術の進歩のおかげです。

さて、本日の写真を撮影後は、さくらの山に移動し、8時頃まで続く到着ラッシュを撮影しました。

明日からはさくらの山で撮影したRWY16Rへの到着機の写真を掲載します。

それでは、よい1日を!!

カンタスのBoeing747-400

成田夏合宿、最初の飛行機はカンタスのBoeing747-400です。

到着時刻は午前6時。

成田空港のオープンと同時にアプローチしてくる成田空港の到着1番機です。

この日は3時半に自宅を出発し、成田空港に向かったのですが、横浜を出発するときには南の空でピカピカと雷が光り、

成田空港に近づくと、今度は霧というか靄が立ち込めていて、不安になりました。酒々井のパーキングで休憩した時もあたりは真っ白で視程は1km無いんじゃないかという空模様。。。

それでもとにかく撮影ポイントに向かいました。

カンタスは大抵、6時よりも前に日本の近くにやってきます。ただ、滑走路のオープンが6時なので、それまでは房総半島の沖の太平洋上でクルクルと待機旋回してオープン時刻を待ちます。

この日もFlight Radarではその旋回するカンタスをとらえていました。

そして6時5分前、霞ケ浦の北の方から長いアプローチコースをたどって、RWY16Lにアプローチしてきました。

が、空は深い靄に包まれたまま。。。。

遠くからでは見えなくなる可能性があるので、RWY16Lのアプローチライトの脇で待ってました。

と。。。音が聴こえはじめました。まだ、姿は見せません。アプローチライトの列の先の空を見つめながら、その姿を探します。

「キター!」

まず、飛行機の明るいライトがぼんやりと見え、その後機体がうっすらと見えてきました。

そして、かなり近づいてからようやくその姿を目にすることができました。

D72_4449.jpg

この湿度、この天候。。。豪快なヴェイパーを期待していたのですが、湿度が高いだけじゃダメですね。

ヴェイパーはうっすらと発生しているようにも見えますが、背景に溶け込んじゃっていてほとんど見えません。

さて、靄の中をアプローチする機体ですが、かなり近くまでやってくると、ある程度くっきりとその機体を撮ることができました。

初めて見るカンタス航空のBoeing747-400です!!

D72_4459.jpg

オーストラリアのナショナルフラッグキャリア、カンタス航空。

「Spirit of Australia」と書かれていますが、国を代表する航空会社の自信というかプライドというか誇りを感じますね。

D72_4461.jpg

カンタス航空は古くからの成田の常連なのですが、成田空港にデジタルカメラを携えて撮影に行くようになって何年もの間、その飛んでいる姿を見ることはありませんでした。

早朝、開港とともに到着し、夜遅くに出発するというその運航スケジュールが撮影のハードルを高くしているんですよね。。。

今回のように意を決して、夜中の3時半頃に出発して、5時半には撮影ポイントで待機するということをしないと撮ることができない飛行機。

この斜め後ろからの機首とエンジンと主翼を収めるお気に入りのアングルも「念願かなった!」という感じで、大興奮!!

D72_4470.jpg

主翼の後縁、フラップの端や上からうっすらと白い煙のような水蒸気がたなびいているのがなんとなく見えます。

豪快なヴェイパーを期待していたのですが、これだけ湿度が高く、更に靄の状態で空気中に水分が既に溶け出している状態だと、ヴェイパーは出にくいんですね。

D72_4473.jpg

空港のフェンスの向こう、RWY16Lへファイナルアプローチ。

また靄の中に消えていきました。

フェンスの向こう側は真っ白で何も見えません。。。

D72_4480.jpg

土曜日が3時起床、日曜日も2度目のカンタス!と思って5時に起床したせいか、今朝も5時半に目が覚めてしまいました。

そして、Flight Radarをチェックすると、今朝も房総半島沖でクルクルと旋回していました。

今朝は2週ほど待機旋回したのち、成田空港に向けてアプローチしていきました。

FR24.jpg

天候があまり良くなく、「ちゃんと6時には撮影ポイントについて、撮った」という証拠写真のような写真でしたが、

とりあえず、成田合宿の1枚目、1番機、そして初モノ。

雨で撮影を断念するよりは、こんな状態でも撮ることができて、本当に良かったです!!

今度は、初秋の天気の良い日にもう一度ちゃんと撮影したいですね。

この日はこの撮影ポイントではこのカンタスとキャセイのA330の2機のみ撮影し、この後はさくらの山へと移動しました。

それらの写真は明日以降、掲載してまいります。

しばらく成田空港で撮影した写真が続きます!!

それでは、皆様、よい1週間を!!

1 2 3 11