ピカチュージャンボ、今までありがとう!

2013年9月30日、本日をもって、2004年5月24日以来私たちを楽しませてくれたピカチュージャンボが退役となります。

9年と4か月もの長い間、実際に搭乗して帰省したこともあれば、まだ小さかった息子たちを喜ばせてくれたこともあります。

ここ数年は私自身がこのジャンボを見るたびに、ワクワクしていました。

今日、このピカチュージャンボが退役するにあたり、2004年以降撮影してきた写真の中から思い出として残しておきたいピカチュージャンボの写真をピックアップして掲載させていただきます。

9年の年月の間、かなりたくさんの写真を撮っていました。

かなり選び抜いて残したのが23枚。。。ちょっと多いですが、途中の文章を少なめにします。

ピカチュージャンボの姿を記憶に残していただければ幸いです。

それでは、どうぞ!!

真っ黄色の胴体とこの垂直尾翼のピカチューの横顔が「ピカチュージャンボ」と呼ばれるゆえん。

AIM_4584.jpg

ピカチュージャンボの正面顔をグランドレベルで。2010年5月撮影ですが、このころはすでにあちこち塗りなおされたというか、パッチが当てられた様子が見えました。

AIM_4847.jpg

このピカチュージャンボには2004年までのポケモン映画のメインキャラクターが描かれています。この頃は我が家の息子たちもポケモン世代だったこともあり、すべてのポケモンの名前が言えました。VHSのビデオテープも持っていたなぁ。。。

AIM_4848.jpg

グランドレベルでもう1枚。垂直尾翼までちゃんとフレームにおさまった1枚。お気に入りの一つです。

AIM_4850.jpg

D滑走路ができる前、南風の日にはRWY16Lに飛行機が着陸していた時代、”東京カーブ”でランウェイに向かうピカチュージャンボ。

AIM_8424.jpg

RWY16Lへファイナルアプローチ中のピカチュージャンボを真後ろから。

AIM_8437.jpg

RWY34Lにアプローチするピカチュージャンボを浮島町公園から。

D72_0915.jpg

4つのエンジンに描かれた8個のモンスターボール。

D72_0918.jpg

旧管制塔とスレッシュホールドを超えて着陸間際のピカチュージャンボ。

D72_0934.jpg

冬の空気のきれいな晴れた日の午前中、RWY34Rを離陸・上昇するピカチュージャンボ。

舞浜のホテル群がくっきりときれいに見えます。

D72_4789.jpg

冬の真っ青な澄み切った空の中を上昇するピカチュージャンボ。

D72_4801.jpg

RWY16Lをテイクオフしたピカチュージャンボ。

傾きかけた柔らかな太陽の光を一身に浴びて黄色が輝いている!

D72_5276.jpg

夏の名残、もくもくとした雲が立ちはだかる空に向けて勇ましく上昇するピカチュージャンボ。

もちろん、雲は避けて飛んでいきます。

D72_5290.jpg

南の青い空に向けて上昇するピカチュージャンボ。

左右で登場するポケモンが違うのがわかりますよね。

D72_5300.jpg

もう一度RWY34Rからのテイクオフシーン。

東京ゲートブリッジの開通まで頑張りました!!

D72_7611.jpg

もう一度、もくもく雲を背景に上昇するピカチュージャンボ。

D72_7622.jpg

夕方のピカチュージャンボのテイクオフ。

離陸直後のこの段階の飛行機の姿も好きです。テール部分の斜めになっているラインが滑走路と平行になる瞬間。

D72_7907.jpg

RWY16Rからのテイクオフ。

国際線ターミナルの「Tokyo International Airport」と記念撮影。

D72_8183.jpg

ピカチュージャンボはBoeing777やBoeing787に後を託して退役します。

D72_8190.jpg

ピカチュージャンボはこの国際線ターミナルができるずーっと前からこの同じ滑走路から飛び立っていたんですよね。

DSC_0300.jpg

このトリトンブルーのジャンボとピカチュージャンボのツーショット、以前は良く見られた風景ですが、最近では本当に珍しいシーンになってしまいました。

そして今日を最後に、もう見られなくなります。

DSC_5041.jpg

帰省した北海道の函館空港から羽田空港へのフライト、ピカチュージャンボだったことが1度だけありました。

その機内、ヘッドレストカバーはピカチュージャンボのデザインでした!!

AIR_3284.jpg

ピカチュージャンボ、9年間、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

ピカチュージャンボを見て、笑顔になった人は数えきれないほどいたことでしょう。

いつまでも忘れません。

IMG_1180.jpg

今日、9時少し前の那覇行きの便が東京発の最後のピカチュージャンボの離陸になります。

実は、私は今日の9時半(ANA883)のフライトで富山に行くんです。

ピカチュージャンボの退役の日に空港に行けるなんて、本当になんという幸運でしょう!!

北風運用でしょうから離陸は05からになり、見られないとして、展望デッキでお見送りできるかどうか、微妙なタイミングです。

スポットはどこなのだろうか。。。早く出かけて展望デッキから最後の出発準備を見られればうれしいな。

そして、富山からの帰りは富山を20時15分に出発するANA892便、Boeing787の国際線仕様機です!座席は5Cのビジネスクラスシート!

こちらも楽しみです。

※本日掲載の写真はほぼ過去のブログの再掲ですが、すべて現像しなおしました。

AA・BA・CA ??

今日のタイトル、「何のこっちゃ?!」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

クイズ番組のクイズに出題されそうなタイトルですが、実はこれ、IATAが定めている航空会社の2レターコードなんです。

たまたま、A→B→Cと続いていて面白いと思ったのでこんなタイトルにしてみました。

そして、この3社、羽田空港路線を開設しているんです。

実際の離陸の順番はBA→AA→CAの順番でしたが、写真はAA(アメリカン航空)→BA(ブリティッシュエアウェイズ)→CA(中国国際航空)の順番で掲載していきます。

まずはAA(アメリカン航空)の定刻6時55分発AA0134便、ニューヨーク(JFK)行です。離陸した時刻は7時9分でした。

この日のアメリカン航空は見慣れた今までのデザインの機体でした。

D72_0187.jpg

アンチコリジョンライトが光った瞬間をとらえることができました。

後はギアの格納が終わり、クリーンな姿になるのを待つのみ。

D72_0201.jpg

朝日を浴びて銀色のアルミ地の機体がキラキラと輝きます。

これが見たかったんですよねぇ~!!

JFK行ということで、かなりの長距離フライト、燃料もたくさん搭載していて重たいと思っていたのですが、あっさりとした離陸・上昇でした。

D72_0206.jpg

速度がなかなか上がらないのでしょうか、やっぱり旋回の開始は遅いです。まだランウェイヘディングのまま上昇を続けます。

D72_0213.jpg

そしてゆる~りと、右旋回を開始。

真っ青な空の中、銀色の機体が大きな弧を描いて旋回する様はなかなか感動するシーンです。

天気が良すぎて、太陽の光が強すぎて、撮影は難しいものになりましたが。。。。

D72_0229.jpg

旋回を終えることなく、旋回したまま遠くまで行ってしまいました。

やっぱり、アメリカン航空のデザインは”これ”ですよね!! この飛行機を見るといつも思い出すのは「アメリカン・フィーリング」という”サーカス”というグループが歌っていた歌です。

「エアメール」とか、「空の上で」とか、「窓の外はスカイブルー」とか、「コバルトの風」「Feeling in America」という言葉が出てきて、なんとなく空とアメリカを結びつけるような歌ですよね。

そして、その歌の背景にはこの飛行機がぴったり!と思ってしまうわけです。

D72_0257.jpg

続いてはBA(ブリティッシュエアウェイズ)の定刻6時25分発BA8便、ロンドン(LHR)行きです。

顔がパンダ塗装になっている特別塗装機を期待していたのですが、一昨日に羽田に来たそうなので、昨日は違いましたね。。

6時48分、早朝の羽田を真っ先に飛び立つBAのBoeing777、”Speed bird”というコールサインがとってもピッタリです。

(Speed birdというより、Early bird?!)

おっ! BAのBoeing777の離陸しているその下には新塗装のAIR DOのBoeing767がいるではありませんか!

Boeing737の新塗装は何度も見たことがありますが、Boeing767は初めて!!

さらにフレームの右下にはジャンボの大きな垂直尾翼が! このスポットの場所からして、きっと8時の札幌(新千歳)行のジャンボでしょう。

そんなことを考えて撮った写真がこれです。

D72_9905.jpg

ギアを格納しながら上昇するBAのBoeing777。成田で見るのとはまた違う感じがします。気品がある感じがするのは同じですが、より身近に感じるというか。。。

D72_9918.jpg

綺麗な旋回でしたが、もうちょっと傾けて欲しかった。。。

D72_9922.jpg

と思ったら、城南島の北側をかなり通り過ぎたところでしっかりと傾けてくれました。

城南島ではなく、中央防波堤で撮影していればばっちりした構図で撮影できたかな。。と考えてしまいました。

こんなアングルで飛行機を見られるなんて、なかなかないですよね。編隊飛行で右上空から飛行機を眺めているみたい!!

D72_9976.jpg

この後、この飛行機は茨城県・福島県あたりから日本を横断して日本海に抜け、ロシア上空を通ってロンドンのヒースロー空港まで飛んでいきます。

約12時間のフライトですが、この時間に出発してもロンドンに着いた時は同じ日の午前10時過ぎくらいなんですよね。

日本とロンドンの時差は9時間ほどありますが、地球を西周りに飛ぶフライトでは太陽を追いかけていく形になり、飛んでいる時はずーっと昼間ですし、目的地に着いても太陽が数時間先を行っているだけ。

不思議な感じがします。

D72_9984.jpg

最後はCA(中国国際航空)の定刻8時30分発CA184便、北京行のAirbus A321です。

RWY34LにアプローチするANAのBoeing787と重なってくれて、本当に感動!!

D72_1176.jpg

Airbus A320やA321とはなぜか相性が悪く、いつもピンボケの写真になってしまうのですが、この日はバッチリ!

綺麗な上昇シーンを撮ることができました。お天気のおかげ?!

D72_1189.jpg

右旋回もこの通り。

ほぼ真横から、ギアの出ていないクリーンな機体を見ることができました。

撮影しながらガッツポーズしたくなるような旋回でした。

D72_1197.jpg

羽田空港の北風運用時のRWY34Rからの離陸の「お手本」のような離陸・上昇・旋回を見せてくれたCAのA321でした。

D72_1204.jpg

本来であれば3日分になる写真を一気に掲載してしまいました。

「AA・BA・CA」というタイトルを考えた時点で仕方のないことですが、バラバラに3日かけて掲載しちゃ意味がないよなぁなんてことを考えて15枚もの写真を載せてしまいました。

じゃあ、もっと1社あたりの枚数を減らせばいいじゃないかと思うかもしれませんが、それができないんですよねぇ。

これでも減らしたほうなんです。

昨日のANAジャンボの記事なんて、ローテーションしてからの写真でも9枚ですよ!

離陸から上昇、旋回と飛行機の機動・姿勢が刻々と変わるので、どの瞬間を切り取っても、「これ、イイ!」となってしまうんです。

ほんの小さな違いでしかないんですけどね。

         

さて、今朝は雲の多い朝です。

昨日の朝、城南島に行っておいて本当に良かった!

実は明日もまた空港に行くんです。

今度は出張です。日帰りで富山に行ってきます。

9時半発のANAのBoeing767で行って、21時20分着のBoeing787で戻ってきます。

帰りの便のBoeing787は国際線仕様の機材が使われるのでしょう、予約の際のシートマップで国際線のビジネスクラスの座席を指定できました!

夜のフライトなので、通路側でもやむなし。機内を楽しむことにします。

1 2 3 16