エールフランスの長いBoeing777@HND

13時40分、エールフランスのBoeing777-300ERがやってきました。あれ?こんな時間に?!

期待していなかっただけに「ラッキー!」という感じでした。

この頃、羽田空港は南風運用になりこのエールフランスは第2ターミナルの前を通ってRWY16Lへと向かいました。ANAのBoeing767やBoeing737と記念撮影。-1-2813

このエールフランスは新デザインです。AIRFRANCEとAIRとFRANCEの間に空白が無いですし、垂直尾翼のトリコロールの線の数も少ないですよね。あとAIRFRANCEの後ろに赤い斜めの線のマークが描かれています。-1-2829

長い離陸滑走。アンチコリジョンライトが光った瞬間を撮ることができました。

-1-2850

ルフトハンザのBoeing747-8iの前に練習のつもりで撮影。エアボーンはやはりこのくらいの場所か。。。と記憶に刻みましたが、ルフトハンザの離陸はこのあとのランチェン(ランウェイ チェンジ)でRWY34Rとなり、記憶は役に立ちませんでした(^^;)

それにしてもこのBoeing777の主翼のしなり具合、美しいですね。

-1-2859

上昇するBoeing777-300ER。

エンジンより外側の主翼が反り上がっていて本当に綺麗です。このBoeing777は-300で長いのですが、その長さがあまり感じられません。エールフランスのデザインだからでしょうか。

-1-2862

もう1枚上昇シーンを。ここでも注目したいのはやはり主翼の先端。きれいだなぁ。。。。

-1-2863

ドイツのルフトハンザのBoeing747-8iに続いて、本日はフランスのエールフランスのBoeing777-300ERをご覧いただきました。

明日からまた成田空港の写真に戻ろうと思います。

 

さて、昨日から社会復帰ということで会社に行き始めました。

会社に行く前から頭痛や動悸がして、仕事中もずーっと鈍い頭痛に悩まされ、集中力は50%という感じでしたが、出勤しないと給料が。。。。

しょうがないですね。

 

朝晩がとても冷え込み、いよいよ冬の予感がする季節になってきました。

スーツも冬用に衣替え。

皆様も体調に気を付けて、良い1日を!

【号外】Boeing747-8iがやってきた!!

今朝の記事はルフトハンザのBoeing747-400の羽田からのラスト・テイクオフでした。そして今日、Boeing747-400に代わってやってきたのはBoeing747-8iです!しかも「Fanhansa」塗装機という演出!! もう、興奮してしまいました! ということで号外を投稿します。

到着から出発までの写真、21枚と多めですので、コメントは抑えめに。。。

まずは羽田空港へのアプローチシーンから。

日本にBoeing747-8iがやってくるのはもちろん初めて、日本初のアプローチシーンですね!

私は国際線ターミナルの展望デッキにいたのですが、ランディングはルール通りにRWY34Rでしたので、かなり遠くからの撮影。少々ピンボケですが、”日本初”に免じて。。。-1-2375

そして着陸したBoeing747-8iは第2ターミナル展望デッキの前を通って、G-TWYから国際線ターミナルへとやってきました。ちなみにこの時のコー・パイロットさんは女性でした。初めて見るBoeing747-8iにFanhansaデザイン、そして素敵なボイスの3拍子でもう大興奮!!

-1-2527

徐々に近づいてきます。向こう側のRWY34Lには着陸してきたスターフライヤーのAirbus A320が。

-1-2534

そしてランプエリアに入ってきました。真正面から1枚。そして。。。。

-1-2593

日本初のBoeing747-8iの羽田空港への到着を歓迎する放水アーチです!!

これが見たかったんです!だから第2ターミナルで着陸を撮影せずに国際線ターミナルで待っていたんです。

-1-2613

放水アーチを半分ほどくぐったところでアンチ・コリジョンライト点灯の瞬間をパチリ。

後ろで見ていたおばさまたちが「こんなところで洗車しているのかしら?」という会話をしていて思わず吹き出しそうになりました。

-1-2647

くどいようですが、歓迎の放水アーチをくぐってスポットへ向かうルフトハンザのBoeing747-8i。

-1-2687

成田空港でBoeing747-8Fは何度も見ているのですが、旅客型の-8iは初めて!

やっぱり2階席が長いほうがいいですねぇ。

-1-2718

そしてシェブロンノズルのエンジン。とっても大きいです。そして静かでした。翼端はBoeing787ほどではありませんが、レイクドウィングチップです。

ちなみに、「Fanhansa」の後ろに書かれた「Siegerflieger」とは「勝者のフライト」という意味だそうです。ワールドカップで優勝したドイツチームを称えてのデザインなんでしょうね。

-1-2759

このBoeing747-8iの愛称は「Potsdam」。

う~ん、複雑な心境です。日本人がポツダムと聞いて思い浮かべるのはポツダム宣言でしょう。ポツダム宣言とは第2次世界大戦において日本軍の無条件降伏を求めた連合国側が発表した宣言文です。詳しくは社会科の教科書をご覧ください。

-1-2772

さて、ここからは出発シーン。

羽田空港です!と言わんばかりの特徴的なシーンから。H-TWYを通ってRWY34Rに向かうところ。首都高がこのタクシーウェイの下を通っていて、その手前には大きな看板が。

-1-3187

第2ターミナル展望デッキの南端から。かろうじて何ものにもさえぎられずに撮影。

実はお昼頃は一時的に南風運用になったんです。なので、離陸は思いっきり引っ張ってくるだろうから第2ターミナル展望デッキの南端が良いだろうということで陣取っていたのですが、北風運用に変わり、多くの航空ファンが展望デッキの北側へと移動。私は移動を諦め、この場所で撮影することにしました。

-1-3228

斜め後ろからのタキシングショット。フラップの形状がこれまでのBoeing747と違いますね。

-1-3245

そして離陸滑走開始!!エンジンポッドの内側に水蒸気が発生してました。

-1-3312

加速はやはり鈍いです。

-1-3326

東京ゲートブリッジと記念撮影!

-1-3346

大都会東京を背景にエアボーンしようとしています。

-1-3355

羽田空港らしい背景でエアボーンし、上昇を開始したBoeing747-8i。

カッコいい~!!

エンジンナセルの内側からうっすらとヴェイパーが発生しています。

-1-3361

背景が良かったのでもう1枚!!

-1-3365

上の1枚にしようか、下の1枚にしようか悩みました。

結局両方とも採用。下のほうが東京らしいかな。。

-1-3369

最後の1枚。

-1-3391

日本初、羽田空港発のBoeing747-8iの到着から出発までの各シーン、いかがでしたでしょうか。

21枚もの写真でページの表示が重たかったかもしれませんが、臨場感を味わっていただきたく。。。。(言い訳すみません)

 

とにかく、素晴らしい!の一言に尽きます。

以上、【号外】でした。

 

1 2 3 14