JALのBoeing787

JALのBoeing787が成田空港のRWY34Rにランディング。

普通のBoeing787の普通のランディングです。

何が楽しみか?

この後、このBoeing787が近くまでやってきてその姿を隅々まで見ることができるのが楽しみなんです。NR-9119

減速しながら近づいてきました。

いつみても思うのですが、JALのBoeing787は”太く”見えます。

NR-9131

ココを左折するのでしょうか。もう、目の前です。レンズは300mmに伸ばしたままです。

NR-9137

上の写真の誘導路を左折せずに次の斜めの誘導路に入ってきました。

NR-9143

再び300mmまでズームを伸ばして機首部分をドアップで撮ります。向こう側に見えている翼端がBoeing787らしいです。

NR-9151

真正面になった瞬間。

少しズームを引いて、ノーズギアをちゃんと収めればよかったのかもしれませんが、Boeing787を間近に見ているこの時はそんなことは頭に浮かばず、ひたすらドアップで撮り続けました。パイロットさんの表情もわかるほどの近さ!

太陽は横から弱弱しい光を機体に当ててくれてます。

右翼のメインギアに光が当たってます。NR-9156

正面からちょっと角度を変えたところ。胴体のピカピカ具合というかつややかさが印象的で、さらにノーズギアのライトとアンコリが光っているところが気に入って掲載。

NR-9159

メインギア!とシェブロンノズル。

ほぼアイドル状態で回っているエンジンからの排気でギアのドアや胴体部分にそのゆらゆらとした空気の影が映ってます。

エンジンの外側の端っこをこんな風にギザギザにすることで騒音が軽減されるなんて、いったい誰が考えたんでしょう。 NR-9172

内陸部にある成田空港、警備の関係で限られてはいますが、羽田空港よりも滑走路の近くに様々な撮影ポイントがあります。

今後、成田空港周辺の警備の必要性がなくなり、さらに撮影するポイントが増えてくることを期待します。

明日は以前の記事にも書いた通り、ヴァージンアトランティック航空が成田空港からヒースロー空港に飛び立つ最後の日です。撮りに行くつもりでいます。(天気と体調したいですが、、、)

羽田空港なら撮る場所はそれほど悩みませんが、成田だと悩みますよね。A滑走路での離着陸であることは確かなので、候補となる撮影場所は4か所ほど。

無難に展望デッキにするか、それともダイナミックなテイクオフシーンを狙うか、ギアを格納した上昇シーンを横から狙うか、斜め前からテイクオフ・クライムシーンをじっくり狙うか。。。。

明日はきっと多くの航空ファンで成田空港はにぎわうでしょうね。

それでは皆様、良い週末を!

今日はすっきりと晴れますが、お昼頃は強い北風になりそうです。

お気をつけて!

成田でANAのQちゃん

海外の航空会社が離発着する中、ANAの小さな飛行機がやってきました。しかもプロペラ機!

ANA WingsのDHC-8-400です。

とっさのことでシャッタースピードを遅くするのを忘れてしまい、プロペラが止まって見えてしまう写真になったのが残念ですが、久しぶりに見たDHC-8。ご覧ください。

NR-9001

メインギアが翼についているエンジンから伸びていて、その翼に胴体がぶら下がっている感じ?!じっくり見ると不思議な形です。

T字尾翼も懐かしい感じです。

NR-9002

ちょっと角度が変わったので同じような写真ですがもう1枚。

ランディングライトがまぶしく光っていました。尾翼、大きいですね。

NR-9005

斜め前から。夕方に近づく時間帯、飛行機の色合いも赤みがかった感じの温かい色になってきました。そしてつややかな感じの機体。きれいですね!

NR-9008

斜め後ろからも1枚。この角度から見るとメインギアも、ほかの飛行機と同じように見え、不思議な感じはしません。

このDHC-8、かつて羽田でよく見ていた300ではなく400なんですよね。。。

最初、アプローチする姿が遠くに見えた時には「再開できた!」と一瞬思いましたが、300よりも胴体が7m近く長い400だと分かり、少しがっかり。

でもジェット機ばかりの中で、この小さなプロペラ機を見られたのはやはりうれしかった!

NR-9009

カナダのデハビラント社の飛行機、関東地方では見る機会が本当に少なくなりました。成田空港でも午後遅くに1度見られるだけ。

貴重な1枚になりました。

 

さて、本日は出張で神戸に来ています。神戸といっても宿泊しているのは甲子園駅近く、甲子園球場近くのホテルです。昨夜は、遅い時間でしたが観光客のように甲子園球場の真ん前まで行ってきました。もちろん真っ暗でしたが、それでもテレビでしか見たことのない甲子園球場、感動しました。そして、甲子園球場近くのローソンに行ってきたのですが、青と白のいつも見慣れたローソンがそこは、黄色と黒でした!

さすが阪神タイガースの本拠地、甲子園。

 

そんな神戸ですが、今朝は雨。冷たい雨です。

NHKニュースを見ると、武蔵小杉が映っていましたが”雪”がうっすらと積もっているように見えました。積もるんでしょうか。。。。

今日の帰りの新幹線が止まらないこと、そして電車が止まらないことを祈るばかりです。

それでは皆様、けがの無いようにお気をつけてお過ごしください。良い1日を!

エールフランスのBoeing777-300ER、テイクオフ

一時期はAirbus A380が来ていたエールフランス、この日はBoeing777-300ERでした。

まずはプッシュバックしているところ。NR-0988

タキシングしているところ。第1ターミナル展望デッキが背景に見えます。

いつもはあそこから撮影していたんですよね~。

NR-1086

そしてテイクオフ!

プッシュバックの時に後ろに見えていたAircalinのAirbus A330が滑走路に向かっています。その手前を勢いよく飛び出してきました。

NR-1148

勢いよく飛び出し、そのままグングン上昇。とても管制塔と絡む感じがしませんでした。地上の飛行機やターミナルビルと絡めるのが精いっぱい。以前掲載したSASのAirbus A340がまさにプッシュバックしようというところ。

NR-1151

ほぼ真横から。長いBoeing777-300ERですが、”白”という色のせいでしょうか。ちょっと太めに見えて、バランスもそれほど悪くない?! そしてこのエールフランスは旧デザインです。

どこで見分けるか? AIR FRANCEのAIRとFRANCEの間にスペースがあるのが旧です。垂直尾翼のトリコロールの線も多いですし。

NR-1157

まだギアのドアは閉まりきってませんが、飛び去っていくところ。

真っ青な空にとってもシンプルなエールフランスのデザイン。

フランスの伝統美?!

NR-1170

先日、この場所で撮影したヴァージンアトランティックのAirbus A340を掲載しましたが、あれを最後にしたくない、もう一度、ラストフライトを撮りたくなってきました。2月1日(日曜日)が成田空港からの最後の離陸になる予定です。幸い、日曜日! 行こうかな。。。

今日のエールフランスの写真を見直していたら、行きたくなってしまいました。

今日はこれから神戸に行ってきます。1泊2日の出張です。

ちなみに明日は関東地方でも雪の予報ですね。

明日の帰りの新幹線が遅れたり運休になったりしないことを祈るばかりです。

首都圏は雪に弱いですからね。。。

それでは、皆様、良い1日を!!

JALのBoeing767、ウィングレット付き

タイトルには”Boeing767”って書いてあるのに、いきなり”Boeing737”!?

このBoeing737のずーっと前のほうからウィングレット付きのBoeing767がアプローチしてきているのですが、その前にこのBoeing737に目を奪われたわけですよ。

よく見てみると何か変ですよね。。。NR-9024

成田空港のB滑走路、RWY34Rにアプローチし、接地寸前のウィングレット付きのBoeing767と着陸後、タキシング中のBoeing737。

そのJALのBoeing737ですが、機体のデザインは鶴丸。でもウィングレットがサンアークだったんです!珍しいですよね!

このBoeing737、ランディングはスルー、すぐ横をくるっとUターンしてタキシングしていったのですが、そこもスルー。後ろ姿になるまで気が付きませんでした( ;∀;)

NR-9031

さて、気を取り直してウィングレット付きのBoeing767へ。

これまでの見慣れたBoeing767と違って、かっこいいですよね。

NR-9036

Boeing777とちょっと違って、精悍な顔つきのBoeing767。コックピットの向こう側にウィングレットが見えるのですが、近くで見るとこのウィングレット、結構大きいんです。先っぽが入りきらない。。

NR-9048

もう1枚、顔のドアップ。ウィングレット、大きいですよね。

NR-9061

真の前を通過した際、やはり見逃せないのが、「脚」。

夕日が横からあたって、良く見えたんです!!

NR-9064

ようやくウィングレット全体と機首部分、エンジンをフレームに収めることができました。

NR-9067

上のBoeing767WLがタキシングする向こう側、もう1機、ウィングレット付きのJALのBoeing767が降りてきました!

NR-9073

こちらのBoeing767の機体後部には何か書かれています。

「JAL SKY SUITE 767」ですって。以前、羽田でも見たことがありました。(2014/12/12の記事)

その時と同じJA617Jです。

NR-9084

この絵が撮りたかった!

真の前のタクシーウェイを左折しながら通過するんですが、機首部分とその向こうに翼端が見える瞬間。ちゃんとウィングレットの先端まで収めることに成功。前足もちょん切れてない。

NR-9093

胴体部分のアップ。大胆に脚はちょん切りました。この色合い、艶が何とも言えず。。。

NR-9098

機体後部のステッカー部分にチューモーク!

ステッカー部分も良いですが、日の当たったフラップの裏側にも目を奪われます(^O^)/

NR-9101

冒頭、いきなりBoeing737でしたが、JALのウィングレットを堪能した感じの記事になりました。

737のウィングレットの外側はサンアークに塗られていたのですが、その他のウィングレットは地味なグレー?!なんですよね。

白く塗って、鶴丸を絵描けば良いのに。。。。

 

さて、今朝は寒いですね!

昨日の昼間はとっても暖かく、上着を着ないで会社の近くのセブン・イレブンまで行けたのですが、今日は風も強そうだし、寒そうです。朝方は窓にパチパチと何かが当たる音がしたのですが、みぞれも軽く降ったようですね。

昨日くらいの気温・天気がずーっと続けば快適な冬なのに、と思います。

そういえば、昨日の朝はニュースでNY(ニューヨーク)に豪雪の非常事態宣言が出されていましたね。関東地方はまだまとまった雪が降ってません。そろそろ降るのでしょうか。

寒い1日になりそうですが、週の中日、定時間日の水曜日。頑張っていきましょう!

明日・明後日の神戸出張の準備、しっかりとしなきゃ。。。

 

イギリスとアメリカ、300と200

何、このタイトル?!と思われた方もいらっしゃるでしょう。

勘の良い方はきっとAirmanのことだから。。。と察知されたでしょう。

はい、イギリスの航空会社、ブリティッシュエアウェイズのBoeing777-300ERとアメリカの航空会社、アメリカン航空のBoeing777-200ERを本日は掲載します。

まずはBAから。

イギリスのヒースロー空港まで12時間のフライト、燃料もたくさん積んでいるはずなのに、いつもより早めのエアボーン、ぐんぐんと上昇。。。。NR-0694

頭のところに短い飛行機雲を引きながら飛ぶ飛行機、主翼端のちょこっと上にも1機、分かりますでしょうか。。。。

NR-0700

ちょこっと斜め後ろから。ギアを格納している途中ですが。

羽田空港でよく見るBAはBoeing777-200ですが、成田では-300を見ることができました。

2/1で同じイギリスのヴァージンアトランティックが成田線から撤退しますが、そうなるとお客さんの数は増えるんでしょうね。そうなると離陸滑走距離はもう少し伸びる?!

NR-0711

続いてはアメリカのアメリカン航空、Boeing777-200ERです。

ギリギリ地上の建造物を入れることができましたが、こちらも視界に現れた時にはすでに高度が高かった。。。

NR-0713

この”ドロンパ”デザインもすっかりおなじみになりました。

個人的には以前の、胴体の下半分がメタリックな感じのデザインのほうが良かったと思います。

NR-0724

垂直尾翼から胴体のテール部分まで一体となったデザインや機体前部の大きな文字、今はやりのデザインですよね。個性というか、新しさがない。。。

NR-0729

 

同じBoeing777ですが、違う2機をご覧いただきました。

どちらも国旗が垂直尾翼にデザインされていて、パッと見て”どこの国”の飛行機かがよくわかります。

BAは伝統的なデザイン、AAは今風のデザイン。

両国の特徴がくっきりと表れた飛行機ですよね。

 

今日は朝からちょっと強めの雨が降っています。

雨の朝ってちょっと憂鬱な気分になりますよね。

今日の写真のようなすっきりとした青い空が恋しくなります。

皆様、良い1日をお過ごしください! Good Day!

アメリカではグッデイ!、イギリスだとグッダイ!。。。

 

 

1 2 3 7