IBEX AirlinesのCRJ-700、離陸編

羽田空港では見ることができない飛行機、成田空港でもたまーにしか見ることができず、見られたとしても遠くからなので小さすぎて見送るだけになってしまう飛行機、IBEX AirlinesのCRJ-700が今日の主役です。

ボンバルディアのリアジェット、CRJ-700。

小さいですが、これでも70席クラスの飛行機です。NR-9152

リアジェットなのでエンジンは胴体後部についています。正面から見るとこんな感じ。ミッキーマウスみたい?!

T字尾翼もカッコいいです!NR-9159

前足(ノーズギア)が短いのか、かなり前傾した姿勢で離陸滑走を開始しました。NR-9167

こうして見るとかなり前傾してますよね。

機体の前方にはいろいろ描かれてます。IBEXという文字、ANA Connection、そして何やら青い四角のマーク?!

青い四角のマークはJDL IBEXの会計ソフトのロゴですね。アイベックスボーイという動物、アイベックスが描かれています。アイベックスはヤギ科の動物でアルプス山脈に生息する動物らしいです。NR-9170

小さくて軽そうなのにまだノーズギアを持ち上げません。伊丹空港の管制塔、はみ出しちゃいました。小さい飛行機でもここまで近づける(ズームアップできる)空港が伊丹空港です。NR-9172

ローテーションからエアボーン直後まではメラメラでとても見られてもんじゃなかったので割愛。ちょっと上昇したところで機体がくっきり見えました。空港の前に立ちはだかる山、その山の斜面に広がる街並みを背景に上昇する飛行機、伊丹空港らしい!NR-9176

この風景、いいですねぇ。。。

この後、まっすぐ行くと山にぶつかっちゃうので左に旋回するのですが、遠すぎてうまくとることができませんでした。超望遠レンズなら山を背景に旋回する飛行機を撮ることができるでしょうね。NR-9178

続いてはJA05RJ。

これは走り始めてすぐにローテーション。「おっ!これは!」と期待に胸が膨らみます。NR-9502

おーっ!目の前でCRJ-700のこのようなシーンが見られるなんて!エアボーン直前の飛行機、カッコいい!!!NR-9504

管制塔との絡みも完璧!伊丹空港に就航している航空会社を紹介する写真で使えそうな1枚。NR-9505

冗長するCRJ-700を斜め後ろから。昔のMDシリーズを思い出す姿です。CRJ-700の方がかなり小さいですが、アップで撮影するとよく似てます。NR-9509

成田空港でもこのシーンは見ることができるのですが、遠すぎてうまく撮影できたためしがないんです。

なので、今回はとても嬉しかった!NR-9510

3機目は千里川の土手から後ろ姿。新鮮!NR-9786

遠く上昇するIBEX AirlinesのCRJ-700。この初めて見る光景が新鮮で嬉しいシーンでした。

高く上った飛行機はメラメラの影響も少なく、比較的くっきり見えます。逃げ水に覆われるランウェイ、空港の向こう側に壁のように立ちはだかる山、上昇する飛行機、これが伊丹空港。NR-9789ということで、伊丹空港シリーズの最後はIBEX AirlinesのCRJ-700です。

今日は離陸編ですが、明日はアプローチ・ランディング編です。そしてこれが伊丹空港で撮影した写真の最後になります。

離陸だけで3機のCRJ-700に登場いただき、14枚もの写真を掲載してしまいました。

めったに撮ることができない飛行機で、嬉しかったということで。。。

今日で6月も終わり、上期が終わってしまいますね。

あっという間の半年でした。

今日も忙しくなりそうです。

それでは皆様、良い1日を!!!

 

ルフトハンザのファンハンザ、Siegerflieger

6月27日のLH716便はFanhansa ”Siegerflieger”号でした!!

第1ターミナルの展望デッキの南側、最上階でRWY34RかRWY34Lか。。。と1/2の確率でRWY34Lにやってくるのを待っていたのですが・・・・

無情にもRWY34Rにアプローチしてきました。

そしてランディングの時が近づくにつれ、滑走路の手前にはうじゃうじゃと飛行機が集まってくるではありませんか。。。orz

何とかその飛行機の合間を縫ってランディング直後のBoeing747-8iを撮りました。

かなりトリミングしてますが。NR-0483

空港の北側をぐるっと廻って国際線ターミナルへと向かうFanhansa。

機体の向こう側、RWY22/04の向こう側にごちゃごちゃと建設機械がおいてありますね。

何かの工事が行われているのでしょうか。。NR-0499

各新聞社の格納庫と大田区の街並みを背景に国際線ターミナルに向かうFanhansa。

写真中央部の一番上に見えるお寺らしき建物は池上本門寺?! 羽田空港から見えるの?!NR-0512

お決まりの「Tokyo International Airport」との記念撮影。NR-0543

スポット17に入るためにランプエリアに右折。その先には先着していたルフトハンザのAirbus A340-600が出発準備中でした。4発機のツーショット!!NR-0557

Boeing747-8iとAirbus A340-600が縦に並んだ! なんか、感動・・・・NR-0570

エンジンが一杯! 嬉しいです。NR-0578

そしてその日の午後。帝国は14時5分なのですが、大幅に遅れて16時41分、RWY16Lからの離陸です。離陸滑走を開始直後、回転数が上がったエンジンのインテークにはうっすらと水蒸気が。NR-0999

東京ゲートブリッジが背景に入ってきたところですが、まだまだ走り続けます。NR-1005

第2ターミナルの展望デッキの南端に近い場所で撮影していたのですが、それでもローテーションがこの角度。NR-1013

照明塔と照明塔の間、エアボーンしたジャンボを捉えた!

その翼の上面は沸き上がった水蒸気で覆われていました。すごい。。。NR-1018

レイクドウィングチップの翼端からは細いヴェイパーが発生しています。水平に流れるんですね。なんでだろう・・・・?! 機体は上昇しているのに。NR-1025

上昇するFanhansa、Boeing747-8iをもう1枚。

カッコいい~!! やっぱりジャンボの離陸・上昇は見ごたえがありますね。NR-1026このBoeing747-8i、D-ABYI、Fanhansa ”Siegerlieger”号はルフトハンザのBoeing747-8iが初めて羽田空港にやってきたときに使用された機材です。

”Siegerlieger”は「勝者のフライト」という意味で、前回のサッカー、ワールドカップでドイツが優勝した時に選手の帰国に際してデザインされた機体だとのこと。

この飛行機で凱旋帰国した選手、嬉しかったでしょうね。

ところでこの機体にはもう一つニックネームがつけられています。ルフトハンザの飛行機にはドイツの都市・街の名前が付けられることが多いのですが、このD-ABYIの名前は”Potsdam”です。

ポツダム。

そう、あのポツダム宣言が作られた街の名前です。

ポツダム宣言とは1945年(昭和20年)に日本軍の無条件降伏を迫ったもので、日本はそれを受け入れ、第2次世界大戦は幕を閉じました。

その”ポツダム”が「勝者のフライト」で日本に飛んできているのか。。。

私は戦争を知らない世代ですが、ちょっと複雑な感じがします。

さて、新しい1週間が始まります。

今週の火曜日で6月が終わります。弊社では上期が終わり、下期が始まります。

1年の半分が終わってしまうんですね。早いです。

さぁ、がんばろう。

皆様も良い1週間を!!

 

 

【号外】嵐ジェット登場 Fly to 2020

JALのプレス・リリースより、

JALは、「東京2020オフィシャルパートナー」として、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会に向けた応援の第1弾として、2015627日より特別塗装機「JAL FLY to 2020 特別塗装機」を就航させます。

今回の特別塗装機には、「FLY to 2020」というメッセージをもとに嵐の大野 智氏がデザインした“未来への希望”を描いています。東京2020が夢や希望を与えて社会に活力をもたらし、世界に誇れる史上最高の大会になることを願いデザインされました。

希望を表現する“花々”、日本らしさを象徴する“富士山”や“四季”、未来に向かって進化する“人”など、日本の空を旅する人や空を見上げた人が楽しい気分になれるよう、賑やかでカラフルに表現しています。 」

昨日の8時25分出発の沖縄行きがデビューフライトだったのですが、その後は沖縄⇔伊丹を往復し、昨日は伊丹空港にステイし、羽田空港には戻ってきませんでした。

そして今日、伊丹から沖縄に行って、沖縄から羽田に戻ってくるところを出迎えました。

10時頃に南風運用になった羽田空港、ランディングはRWY22でした。

どこでどう調べたのか、1時間くらい前から嵐ファンの方々がどんどん展望デッキにやってきました。私たちも撮影場所を確保するために、デッキの端っこで立って待ち続けました。

そうして撮影した写真を12枚ほど、【号外】として速報させていただきます。ちなみに飛んでる写真はありません(^_^;)

まずはRWY22にランディング後、国際線ターミナル側のタクシーウェイを進む嵐ジェット。

まだデザインや顔は認識できませんが、虹のアーチの下に5人が並んでいるらしいことはわかります。NR-1570

「Tokyo International Airport」の文字と定番の記念撮影。嵐の5人がいるのが見えます。

そういえば、向こう側にいる中国東方航空、デザインが新しくなったんですね。現代風に真っ白?!NR-1576

嵐の大野君がデザインしたという特別ラッピング部分。主翼が邪魔。。。。と言われそうです。NR-1582

手前のRWY16Rを離陸滑走中のBoeing737-800とツーショット。

だって嵐ファンじゃなくて飛行機ファンだから、こういう写真は外せないんです。。。NR-1585

ようやく特別ラッピング部分がちゃんと見えました。

羽田空港らしい風景で1枚。NR-1596

そして大野君がデザインした絵と嵐の5人。

まだ小さい?!

もう少しお待ちください。NR-1598

私たちはまだこの嵐ジェットが房総半島を飛んでいるころからこの飛行機が7番スポットに入ることを知っていたので、展望デッキの南側のテーブル席で嵐ジェットを待ち、そして最前列でこれらの写真を撮影したのですが、到着スポットがわからず、展望デッキの北側でこの飛行機を待っていた嵐ファンの皆様は大変!

嵐ジェットが空港の南側にやってくるのに合わせて、ターミナルビル内を猛ダッシュしたんでしょうね!

この写真を撮っている背後でいきなり”ドタバタドタバタ”という物凄い数の足音が響きました。一瞬首をすくめてしまいました。NR-1631

この飛行機が入るスポットがどこかわかっている私は落ち着いて撮影を継続。

この後、この飛行機が右折するのも分かっているので、ラッピング部分のアップに備えます。NR-1634

はい!どうぞ。

大野君の絵、とても素朴で、それでいてカラフルな色使いで楽しいですね。2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの期待感が表れています。NR-1639

そして7番スポットに入るところ。後方をチャイナエアラインのAirbus A330が離陸していきます。嵐ジェットじゃなかったら、もちろんそちらにズームイン!の瞬間。NR-1673

スポットに入っても、嵐ファンの女の子たちは去ろうとしません。それどころか次から次へとやってきます。でも撮れる写真はこんな写真。JALも気を利かせてくれたのか、ラッピング部分が展望デッキから見えるスポットに入れてくれたんでしょうか。NR-1681

展望デッキから見えるラッピング部分。主翼の先端が邪魔ですが、かろうじて絵と5人の境目。。。。NR-1685以上、就航2日目にして撮影した嵐ジェットでした。

次の出発は沖縄?伊丹? いずれにしても南風運用ならRWY16Rだろうから。。。と思って再び椅子に座って談笑を始めていたら、まさかのランチェン。

しかも天候は急激に悪化して、雨まで降ってきました。

ということで、離陸の撮影はあきらめて撤収し、号外を発信することにしました。

嵐ジェットは2015627日(土)から20163月まで運航されます。現在発表されている路線は「主に東京(羽田)・大阪(伊丹)と沖縄(那覇)を結ぶ路線」とのこと。

伊丹空港に行ってスカイパークで撮りたいですねぇ。。。

 

1 2 3 11