Shenzhen AirlinesのBoeing737-800

今日は月曜日なんだけど、ジャンボの写真が無い。。。。

なんてこった。

ということで、ABC順での航空会社紹介を続けます。

SCOOTの次はShenzhen Airlinesです。

読みにくいですよね。

深圳(シンセン)航空です。

深圳は香港の北側、香港の新界と接する中国屈指の経済特区です。

深圳航空は中国国際航空の子会社で、本拠地はその名の通り中国広東省の深圳市で深圳宝安国際空港をハブ空港としています。

ではいつも通りに離陸滑走から。nr-2833

ZH9066便、成田空港の朝9時ちょっと前に出発する便です。

深圳までの飛行時間は約4時間半。深圳にはお昼過ぎに到着です。nr-2835

エアボーン直後。nr-2836

スターアライアンスに加盟しているんですね。

そして赤い垂直尾翼に描かれた鵬(おおとり)は目立ちますが、エンジンにも同じ金色で同じ鵬が描かれているんですね。

このマーク、最初はヤギか何か、4本足の角のある動物かと思っていたのですが、鵬だったんですね。nr-2838

ちょうど雲の影に入ってしまいました。。。

草刈作業中の人々や作業車両が見えます。みんな飛行機を見てませんね。。。。nr-2840

それにしても鮮やかな赤。

鵬とは中国に伝わる伝説の鳥で、鳳とも書かれます。とにかくでかい鳥のようです。nr-2842

ギアを格納nr-2848

中国っぽい、赤と金色のデザインです。

この派手さ、LCC(格安航空会社)かと思っていたら、そうではないんですね。

深圳は行きたいとは思いませんが、最近はとっても香港に行きたいんです。

最近、香港に行った数人の友人の写真を見ると、もう、羨ましくて羨ましくて、、、、

成田では見られない飛行機をとても良い環境で撮影できるらしいんです。

香港の街に行かなくても良いです、飛行機で香港に行って、空港で写真を撮って、そのまま帰ってくるんでも良いから香港に行きたいですね。。。

でもそれだと旅費がもったいないから、やっぱり香港の街で美味しいものくらいいただきましょうかね。

香港、いくらくらいで行けるんだろうか。

 

さて、今日で10月も終わり、明日から11月です。

今週は木曜日が文化の日で休み。

また1日少ない1週間です。

今日から3日間、ハードになるでしょう。。。

今週も明日から1泊2日で大阪です。

新幹線でマイルたまらないかなぁ。。。

 

それでは皆様、良い1週間を!!!

SCOOTのBoeing787、どの瞬間がベストか・・・

本日も”S”です。

SASに続くのはSCOOTです。

シンガポールの格安航空会社(LCC)で、シンガポール航空が出資して設立された長距離国際線を運航する航空会社です。

SCOOTとは「走り出す」という意味だそうです。そういえばスクーターって英語で書くとSCOOTERなんですが、このSCOOTのコールサインがSCOOTERなんです。「走り出す人」って意味?!

今日は8枚の写真を掲載します。

まずは離陸滑走中の写真から。nr-3502

ローテーションnr-3504

エアボーン直前

かかと立ちのシーンnr-3505

エアボーン直後

翼のしなりが最高潮nr-3506

イニシャルクライム中

ちょうど翼の後退角の延長線上あたりから撮影?!

エンジンの付け根辺りから外側の翼のしなりがとてもよく見えます。nr-3510

森と空の境目を上昇していくBoeing787。

エアボーンした時の姿勢のまま、それ以上機首を持ち上げず、それでも高度が上がっていく。

翼が飛行機を揚力で持ち上げているという感じの上昇です。nr-3512

ギアの格納中。

斜め後ろから見た飛行機その1。nr-3515

ギアの格納後。

ちょっと遠くて飛行機は小さくなりますが、斜め後ろから見た美しい飛行機その2。nr-3518

さて、

このブログでいつも掲載する写真って、飛行機が離陸滑走を開始してから機首を持ち上げ、メインギアが滑走路を離れて上昇を開始、ギアを格納するまでの一連の流れになっていることが多いです。

着陸のシーンにおいても遠くからアプローチしてくるところから、斜め前、真横、斜め後ろ、そしてタッチダウンという流れになります。

なぜか?

1枚に絞ることができないんです。

Airplane-Pictures.netやAirliners.netといった飛行機写真の投稿サイトに写真を投稿するときはきっと「ベストな1枚」を選んで投稿するのでしょう。

撮影も「この瞬間!」を心がけて撮影するのでしょう。

ある有名な航空写真の大家の方にお話を伺った時も、まず「この風景」「このシーン」というのがあり、そこにカメラを向けて、そこに飛行機が飛び込んでくるのを待つとおっしゃってました。

私の場合はちょっと違うんですよね。。。

飛行機の写真を撮るというスタンスよりも、1機1機の飛行機の離陸を記録するという感覚なんです。

そして後で見て、どの瞬間がカッコよく見えるかということで写真を選び出してます。

そうなると離陸シーンで毎回少なくて6枚、多いと8枚から10枚になってしまうんです。

飛行機が好きな人は皆さん、「このシーンが好き!」というものを持っていらっしゃると思いますが、私が好きなシーンはいつもブログに掲載しているシーンになります。

一生懸命加速している離陸滑走、

飛ぶことを決心して止まることができないローテーションの時、

2次元の世界から3次元の世界に移行するエアボーン直前、

重力の束縛から逃れたエアボーン直後、

上昇する飛行機の斜め後ろ姿、美しい主翼後縁のライン、テールライン、

ギアを格納し、上昇する飛行機

じゃあ、どのシーンが1番?と言われてもなかなか絞れません。

ということで、いつも連続写真になってしまうんです。

今日も6枚に絞ることすらできず、8枚になってしまいました。

皆様はどのシーンがお気に入りで、「カッコいい!」と感じられるのでしょうか。。。。

 

それでは皆様、良い1日を!

1 2 3 14