【号外】CATHAY PACIFICのBoeing747-400、ラスト・フライトへ

今朝の投稿でも書いた通り、本日10月1日は羽田発香港行のCATHAY PACIFICのCX543便がBoeing747-400で運行される最後の日です。

雨は小降りになりましたが、北風運用は変わらず。

でも、羽田空港に出かけました。最後のCATHAY PACIFICのBoeing747-400を見るために。

視程も悪く、白く霞んでいましたが、第1ターミナルの展望デッキから見たCATHAY PACIFICのBoeing747-400の最後の姿をご覧ください。

9月18日は第1ターミナルの展望デッキからは見えないスポットでしたが、本日は142番スポットで、垂直尾翼が見えました!nr-5998

ミュンヘンから到着したLH714便とCATHAYの垂直尾翼。nr-6114

本日はタイのTG683便、Boeing747-400ではなくBoeing777でした。

徐々にBoeing747-400の姿が見られなくなっていきます。。。nr-6119

one world塗装のJALのBoeing767とCATHAYの垂直尾翼。nr-6162

10時35分、定刻ぴったりにプッシュバックを開始!!nr-6170

プッシュバック中。きっと国際線ターミナルビル搭乗口では大勢の見送りの人が手を振っているんでしょうね。nr-6177

徐々にその姿が見えてきました。nr-6192

着陸してきた海上保安庁のDHC-8-300とCATHAYのジャンボ。nr-6222

ANAのSTAR ALLIANCE塗装のBoeing777とCATHAYのジャンボ。

いろんな飛行機と最後の記念撮影です。nr-6243

ランプエリアから出てタクシーウェイへ。

気になるのは背後の格納庫の前に停まっている真っ黒なリアジェット?! nr-6284

タクシーウェイに入る右折時、正面になるタイミングを見計らって!!nr-6289

カンタスのジャンボとのツーショット。これも見納めです。これまでキャセイのジャンボを撮影する時には必ず撮っていたツーショット。最後か。。。nr-6309

ASIANAとGARUDAとCATHAY。nr-6327

「Tokyo International Airport」と記念撮影。

国際線ターミナルの展望デッキも大勢の見送りの人、最後のCATHAYのジャンボを見ようという人で一杯です。nr-6343

9月18日のCATHAYのジャンボはB-HKTでエンジンはPWのPW4056でしたが、今日はB-HUJでロールスロイスのRB211エンジンでした。やっぱりCATHAYのジャンボにはRRのエンジンが似合う?!nr-6354

この大きな垂直尾翼にCATHAYのロゴ。 これで最後です。nr-6361

今度はルフトハンザのAirbus A340が背景に。nr-6375

東京モノレールとCATHAYのジャンボ。nr-6397

ジャンボのどアップとモノレール。nr-6400

白とオレンジ色の市松模様のタンクとの記念写真。nr-6415

滑走路横断待ち、ランディングしてきたのはJALのBoeing737。

Boeing737はまだまだ進化しながら現役で飛んでいますが、Boeing747は・・・・・。nr-6442

工場群を背景に。nr-6450

RWY34LにアプローチするANAのBoeing737とRWY05に向かうCATHAYのジャンボ。nr-6508

そろそろ視界から消えてしまいます。nr-6517

かなり遠く、ピントが甘いですが。。。

ANAの格納庫の脇のタクシーウェイを通ってRWY05に向かいます。

これがCATHAYのジャンボの最後の写真になります。nr-6560

帰宅後、FlightRadarでCX543便を見てみると、宮崎を通過しているところでした。cx543

飛んでいるところは見られませんでしたが、プッシュバックからROUTE-5でRWY05に向かうまでの様子をじっくりと堪能してきました。

 

ということで、号外でした。

追記:

日本時間の15時少し前。11時に羽田空港のRWY05を離陸したCX543便は無事に香港の香港国際空港に到着したようです。

日本からの航跡はこんな感じ。cx543-2

香港国際空港へのアプローチ。cx543-3

香港の手前で一度ぐるっと旋回してからのアプローチでした。cx543-4

 

 

短いキャセイと長いキャセイ、そしてさよならキャセイ

”A”の航空会社はASIANAが最後でした。

次は”B”なのですが、”B”で始まる航空会社はBRITISH AIRWAYSだけで、それはすでに掲載済。(9月20日の「BAのBOEING787、初対面!」)

ということで”C”で始まる航空会社なんですが、CATHAY PACIFICになります。

くしくも、本日は羽田空港に就航しているCATHAY PACIFICのBoeing747-400がラストフライトを迎える日。

偶然です。

本日の写真は成田空港で撮影したCATHAY PACIFICのエンジンが2つの飛行機ですが、最後の方には私が最後に撮ったCATHAY PACIFICのBoeing747-400の写真を再掲したいと思います。

まずは成田で撮ったCATHAY PACIFICのBoeing777-200から。短いキャセイです。

こちらは滑走路の中間点付近でエアボーンしようとしています。nr-3100

丁度「日本」の植え込み手前でエアボーンしました。nr-3101

「NARITA」とキャセイのBoeing777-200。

香港は近いからでしょうか、/ERではなくただの-200です。 nr-3105

上昇。nr-3109

ギアを格納して上昇する後姿。 nr-3115

続いては長いキャセイ、Boeing777-300です。こちらも/ERではなくただの-300。

こちらは長い分、重たそう。 滑走路を半分走った後でようやく機首を持ち上げました。nr-4250

エアボーン寸前。 浮け! という感じ。nr-4253

「NARITA」と絡めることに失敗・・・・。nr-4255

上昇シーンもここまで。ギアを格納し終えるところは撮ることができませんでした(^-^;nr-4259

さて、ここからは9月18日に羽田空港で撮影したBoeing747-400の写真の再掲になります。

本日、10月1日10時35分発のCX543便を最後にキャセイのジャンボは羽田空港から姿を消します。

羽田空港からだけではなく、キャセイからもBoeing747-400は姿を消そうとしています。

寂しいですね。

ちなみに昨日、9月30日はジャンボにとってとっても思い出深い日でした。

1968年9月30日、Boeing社のエバレット工場、新しくジャンボのために作られた組立工場からBoeing747-100の初号機がロールアウトした日なんですよね。

今年で創立100周年を迎えるBoeing社、その創立の祈念すべき100周年の年にその成長を支えたBoeing747の生産が終わりを迎えるかもしれないなんて、ちょっと皮肉です。

ということで、羽田空港で私が撮影した最後のキャセイのBoeing747-400の印象的なシーンと離陸シーンです。

まずは羽田らしい記念写真を1枚。nr-5678

離陸の瞬間。nr-5770

エアボーン後のどアップ。nr-5771

工場群とCATHAYのBoeing747-400。nr-5778

上昇するジャンボ。nr-5783

結局、この9月18日以降は台風やらなにやらでキャセイのジャンボがRWY16Rから離陸する姿を見ることができませんでした。

今日は北風運用、さらに雨!

北風運用なだけだったら空港に出かけて最後の姿を撮ろうかと思っていましたが、雨まで降るとは。。。。

視程もあまり良くないようです。

SNSでは昨夜の最後の羽田空港への到着シーン(夜)の素敵な写真が投稿されていて、堪能させていただきました。

今日も多くの航空ファンが羽田空港に出かけることでしょう。

羽田空港で雨に濡れずに撮影できる場所は非常に限られていて、今から行っても入り込めないでしょう。

どうしようかな・・・・。

 

最後の最後に北風で雨だなんて!本当に悔しいです。

 

それでは皆様、良い週末を!