ファントムビッグフォーメーションへ

昨日に引き続き、今日も百里基地創設50周年記念航空祭から。

9時に始まった展示飛行、最初の航過飛行に続いて今度はF-4ファントム9機による「ファントムビッグフォーメーション」です。

地上にいるF-4が次々に滑走路に向かいます。

基地の北側からやってきたファントムは我々の目の前をタキシングしていきます。

その時、搭乗員の2名が手を振ってくれました!!

ファントムの後席って前が全く見えないんだろうな・・・と思っていたのですが、こうしてみると結構段差というか高低差があるようにも見えます。nr-3334

こちらの後席の搭乗員さん、両手を明るく振ってくれました!!

それにしても、このファントム、いろいろと細かく書かれてますね。日の丸の赤の中にも文字が書かれてます。

何が書かれているんでしょうね。nr-3534

一路、滑走路へと向かいます。nr-3545

2機のファントムがタキシングする向こう側、C-130が着陸してきました。

が、ファントムが発する熱気の向こう側・・・・。nr-3554

そしてビッグフォーメーションを組むファントム各機が次々に離陸していきます。

まずはRF-4E Phantom IIの2機が編隊でテイクオフ。

(ちょっと重なり過ぎちゃった。。。ぶれているわけではありません)nr-3633

続いてはオジロワシの第302飛行隊の2機。エアボーン直後。nr-3659

ものすごい熱気ですね! スカイマークの尾翼がほとんど見えません。

ギアを格納中です。

このギア格納動作も非常にキビキビとしています。nr-3662

正面に来る前にすでにギアは格納済!

こちらの2機編隊はとてもかっこよく、”編隊飛行”っぽく見えます!!

幅45mの滑走路を2機並んで離陸するなんて、すごいですよね。速度は300km/h近く出ていると思います。

ちょっと横にずれたら接触してしまう近さですよね。nr-3664

カッコいいですね~! 2機のファントムの編隊離陸。

旅客機では見られない、ワクワク・ドキドキする飛行機の離陸です! nr-3669

そしてこちらは第301飛行隊のF-4EJ Kai Phantom II。

この第301飛行隊が日本で最初のF-4EJによる飛行隊だそうです。私が8歳のころに編成された飛行隊です。nr-3697

望遠で撮影しているからということもありますが、とても近く、寄り添って上昇しているように見えます。nr-3704

2機のガマガエル。

オジロワシに比べるととても小さく見えますが、それはこのマークができた時期の規則で日の丸よりも部隊マークは小さくなくてはならないという決まりによるものだそうです。オジロワシの頃はそのような規則はなかったそうです。nr-3710

離陸してしばらくしてから左右にブレーク!nr-3716

右に急旋回するファントム!!nr-3720

左に急旋回するファントム。

お~っ! エンジンの排気口の内側、アフターバーナーがたかれているのが見えます。

興奮しますねぇ!!nr-3728

このあと、先に上がって1番目の展示飛行に参加した第301飛行隊の421号機、第501飛行隊の313号機、第302飛行隊の413号機の3機と合流し、9機という大編隊で百里基地上空を航過します。

それはまた明日。

 

まだまだ余韻が覚めません。

昨日も朝から写真を整理していたのですが、なかなか進みません。

ブログ用に写真を分類し、1日の掲載分を撮り分けて現像しようとしたのですが、多くの写真からブログ掲載用の写真を選び出すのに一苦労です。

このファントム9機によるビッグフォーメーションも参加機の離陸から編隊飛行、ランディングまで330枚ほどの写真があったのですが、そこから選び出すのにかなり時間がかかりました。結局1日の掲載量まで絞り込めず、2日に分けて掲載することにしました。

本日は滑走路に向かうタキシングからテイクオフまでの15枚、明日はファントムビッグフォーメーションからランディング、そしてスポットに向かうまでの18枚を掲載します。

旅客機の写真でも選ぶのに苦労しますが、自衛隊機の写真選びはもっと苦労します。

短時間に姿勢や見える角度が次から次へと変わり、どの瞬間もカッコいいんです。

ピントが甘かったり、飛行機が小さすぎる写真はさっさと切り捨てられますが、1つの展示飛行で大体80枚くらいは残ってしまいます。2日に分けて掲載するとして40枚くらいにするのに悩みました。

 

今日は月曜日ということで、力強いファントムの編隊離陸シーンを!

元気になりますよね。

新たな1週間に向けてテイクオフ!

ということで、皆様、良い1週間を!!

百里基地創設50周年記念航空祭

昨日は百里基地創設50周年記念航空祭(特別公開)に出かけてきました。

普段は旅客機ばかりを撮影している私ですが、昨日は久しぶりにミリタリー系というか航空自衛隊の飛行機を撮影しました。

総撮影枚数は3144枚、64GBのSDカード一杯になりました。

そのうち1169枚はブルーインパルスの写真、実に37%がブルーインパルスでした。

では、ブルーインパルスの写真から・・・・というわけにはいかず、航空祭のプログラムに従って写真を掲載していきたいと思います。

まずは航過飛行ということで、航空自衛隊の飛行機の会場上空通過からプログラムは始まりました。

その飛行機が離陸するところからご覧ください。

最初の写真は滑走路に向かう青いF4ファントムから。

途中から上反角がつけられた主翼や斜め下に伸びた水平尾翼(水平じゃないけど)が特徴的ですね。

結構寒かったのですが、キャノピーを開けたまま地上滑走していきました。nr-3311

ブルーインパルスにも使われているT-4も滑走路に向かいます。

タキシング中、パイロットが観客に向けて大きく手を振ってくれました。nr-3326

そしてU-125A、救難捜索機です。

ちなみに百里基地は茨城空港と同居していて、滑走路の反対側には茨城空港のターミナルビルがあります。

ちょうどスカイマークのBoeing737が停まっていました。向こうの展望デッキにも人影がちらほら。。。nr-3365

このU-125Aの機体の横には遭難者を探すためでしょうか大きな窓がついています。

良い眺めでしょうねぇ。nr-3370

そしてT-4がテイクオフ。nr-3375

T-4の”T”はTraining(訓練)のT、練習機です。したがってタンデム(縦列)の複座になっていて、前席に訓練生、後席に教官が搭乗できるようになってます。nr-3382

こちら、ウッドペッカーのマークが描かれた青いF-4ファントム。正式にはRF-4E Phantom IIというのだそうです。青い色はいわゆる洋上迷彩で、海の上で目立たないような塗装。地上では目立ちますが。

こちらも複座式ですが、この飛行機の後席は教官ではなく、レーダーや兵装を操作する役割だそうです。

この飛行機は第501飛行隊で戦術偵察機運用部隊だそうです。ウッドペッカーが部隊のマークだそうです。nr-3398

それにしてもこのF-4、登録されたのは1975年ですよ! もう40年も使っているんですね!! 旅客機とは違う・・・。nr-3400

こちらはグレーの、航空自衛隊らしい感じのF-4ファントムです。正式には-4EJ Kai Phantom II。

上の青いファントムは偵察機でしたが、こちらは戦闘機ですね。

マフラーをしたカエルのマークが描かれていますが、これは筑波山のガマガエルに由来するそうです。百里基地は茨城にありますからね。所属は第301飛行隊。nr-3420

エアボーンした後、滑走路上をしばらくは低空で飛行。。。カッコいいですね!!nr-3426

排気口がオレンジ色になってます。アフターバーナーを天下中なんですね。手前には列線にならぶ他のファントムがいました。nr-3443

こちらも航空自衛隊のF-4ファントムで、F-4EJ Kai Phantom IIです。

第302飛行隊のファントムで部隊マークはオジロワシ。もともとこの第302飛行隊は北海道の千歳基地で編成されたらしいのですが、その時に北海道の尾白鷲をマークに採用したようです。その後、この舞台は那覇基地に移動し、百里基地には2009年に移動してきたとのこと。

この飛行機も部隊発足と同じく、1978年のものということでかなり古いです。nr-3450

滑走路上をしばらく低空で飛行したファントムは滑走路末端近くでグイッと機首を上げ上昇!nr-3462

上昇後、右に急角度で旋回! 2名の搭乗員がバッチリと見えます。カッコいい~!nr-3491

そうこうしているうちに、先に上がっていた2機のT-4が降りてきます。

基地上空を飛び、ブレーク、場周経路に入ります。nr-3566

降りてきたT-4。nr-3590

そして、この日の最初の展示フライト、会場上空を編隊で航過飛行します。

左からRF-4、F-4、U-125A、F-4、T-4ですね。nr-3613

こうした”編隊飛行”が見られるのは基地祭のだいご味でしょうね。nr-3620

戦闘を行くU-125Aの例の観測窓から見る僚機はどんな風に見えるのでしょうね。nr-3622

基地上空を後にする編隊。nr-3625

百里基地創設50周年記念航空祭の最初は百里基地に所属する部隊の航空機による編隊飛行でした。

 

昨日は朝の3時半に起床し、4時に家を出て、途中、5時15分に他の仲間と合流して百里基地に向かいました。百里基地には8時ちょっと前に到着しましたが、すでに門の前には車の列。

みんな、早起きして見に来るんですね!

我々も駐車場に車を止めて、早足でエプロンへ。

一般公開とは違い、特別公開はそれほどの人込みではありませんでした。

駐機しているブルーインパルスの前もまだ空いてました。

仲間数人とブルーインパルスのT-4の前、最前列に立ち、それから7時間、立ち続けました!!

いやぁ、見ごたえありました。

普段とっている旅客機とは全く違う!

とにかく、小さいし、速いし、音も大きい。

並んで飛ぶは、いきなり急角度で上昇したり旋回したり、動きが機敏!

ついつい、乗りたいなぁと思ってしましました。

 

明日以降もしばらくは航空自衛隊機の写真が続きます。

撮り慣れないミリタリー系の飛行機の写真なので、へたくそですが、しばらくお付き合いください。

ブルーインパルスはいつ頃の掲載になるでしょうか・・・・お楽しみに。

それでは皆様、良い1日を!

1 2 3 4 14