「行こう!九州へ」って、テイクオフ

「行こう!九州へ」って機体の後部の余白部分にラッピングされた飛行機。

今までも第1ターミナルで目にしたことはありましたが、離陸シーンを見るのは初めて。

やっぱり、九州へのフライトが多かったのか、北風運用が多いこの季節、離陸はいつもRWY05だったのでしょう。

でもこの日は違いました。行先は北海道の旭川。JL555便でした。

北海道に行って、「行こう!九州へ」って宣伝ですね。

うっ、このBoeing767も東京ディズニーリゾートが背景から外れてから、しずしずとエアボーン。

そこで「行こう!九州へ」部分が全部見えました。

エアボーンした時の姿勢のまま、加速?!

東京ゲートブリッジの前も、機種を押さえ気味に加速。。。

Boeing767でこの絵は珍しい?!

その後、速度を稼ぐことができたのか、機首を持ち上げました。

折角良い感じで東京スカイツリーと絡むと思ったのに、急に高度を上げたのでまずはこんな感じに。

東京スカイツリーを支柱にしたモデルプレーンのような感じの写真。

このJA656J、以前は「ドラえもんジェット」だった飛行機なんですね。

この「行こう!九州へ」は平成28年熊本地震からの復興支援としてJALが行っている「JAL九州応援プロジェクト」の1つの取り組みとして登場しました。

小さくて良くわかりませんが、熊本県の「くまモン」がいるのは何となく分かりますよね。

そのほか、福岡県の「エコトン」、佐賀県の「さがっぴぃ」、長崎県の「がんばくん」「らんばちゃん」、大分県の「めじろん」、宮崎県の「みやざき犬」、鹿児島県の「ぐりぶー」も描かれています。

 

さて、今日は2回目の”プレミアムフライデー”ですが、もちろん、私にとってはいつもの金曜日です。

特に今日は3月の最終日、多くの日本企業にとっては年度末の金曜日。

こんな金曜日に早く帰ることができる?!

・・・と私は思います。

そして来週からは新学期、新年度ですね!!

新入生や新入社員は希望を胸に、新生活を始めるんですね。

いいな。。

 

昨日はとっても暖かかったのですが、今日はまた冬に逆戻りするようです。

しかも雨が降る?

皆さま、新年度を迎えるにあたって風邪を引かないように気を付けてください。

それでは良い1日を!! 良い年度末を!!

Boeing777と鳶

昨日のワンワールドのJAL、Boeing767とBoeing777とは違う離陸。

目の前に来る頃にはもう対岸のビル群の上まで飛行機は高度を上げていました。

こちらも新千歳空港行きなんですけどねぇ。(JA513便)

この「心ひとつに!!行こう2020」のJALの飛行機って今まであまり撮ったことが無かったのでまぁネタが無くなったらブログに掲載しようかな。。。とここまでは考えながらとってました。

エアボーンも早かったし。

えっ?!

ファインダーの中、飛行機の近くになんか影が?!

よく見たら鳶?!でした。

Boeing777と鳶!!

珍しいのであと2枚。

遠ざかっていく飛行機とコラボレーションするように鳶も位置を変えてくれました。

もちろん鳶と飛行機の距離はかなり開いていて、鳶は第2ターミナルのスポットの上空を飛んでいました。だからこれだけ大きく見えるんです。

飛行機を追いかけるように鳶も飛んでいきました!

飛行機の翼にはエンジンがついていますが、鳶の翼にはエンジンがついていません。

鳶の翼の方がきれいですよね!(当たり前か。。。)

いやぁ、鳶の登場に興奮しちゃって、この後のギア格納後の上昇シーンは取り忘れちゃいました。

エアボーンも早く、ギアの格納も早く、ギア格納後の上昇シーンもバッチリだったはずだったんだけど、撮ってなかったんですよね。。。

 

鳥はいいですよねぇ。

自由に空を飛ぶことができて、上空から地上を見ることができて。

人間は鳥のように空を飛びたくて、飛行機を発明しました。

そしてもっと速く、もっと高くと飛行機は進化し今の形になりました。

でも、「鳥のように空を飛ぶことができる」のはまだごく一部の人だけですよね。

飛行機の背中に乗って早く移動することはできるようになりましたが、”飛ぶことができるようになった”とは言えないよな。。。。と思います。

自分が生きている間に、SF映画のように多くの人が自由に空を飛ぶことができるような時代が来るのだろうか。

 

さて、今日と明日は西宮です。

泊まっているのは尼崎。

兵庫県です。

今日はこちらも暖かくなります。今日は18度だそうです。

なので、今回の出張にはコートを着てきませんでした。(上着の下にセーターは着てきましたが)

昨日と今日は良いかもしれませんが、明日はどうか。。。。吉と出るか凶とでるか。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

JALのワンワールド

JALのワンワールドがそっとエアボーンしました。

同じBoeing767なのに、ANAとJALでは上がり方が大違い?!

ANAのBoeing767はちょっと走って、さっとエアボーンして、ドカーンと上がっていくのですが、JALのBoeing767は慎重に機首を上げて、そろりとエアボーンして、そのまま浮かんでいく感じです。

いつもそうではありませんが、このワンワールドのBoeing767は特に違いが顕著でした。

とっても浅い機首上げ角度でそろりそろりと慎重に、まずは加速から・・・という感じです。

速度がついてきたのでしょう、機首をそれほど上げていないのに、浮き上がっていきます。

Boeing787のような、エレベータのような高度の稼ぎ方です。

東京ゲートブリッジとうまく絡められず、このあと東京スカイツリーともうまく絡まず、微妙な離陸・上昇でした。

Boeing767でこんな離陸もあるんだな・・・・と。

続いてはBoeing777のワンワールド。上の写真、Boeing767のワンワールドは午前10時45分頃に撮影した写真でしたが、Boeing777のワンワールドは午後2時半頃の撮影です。雲が薄くなり、太陽が飛行機を照らしてます。

このBoeing777のワンワールドもなかなか飛ぼうとしません。

東京ゲートブリッジが背景にきても、まだ機首を上げたまま走ってます。

新千歳空港行きのJL519便なんですが、お客様がたくさん乗っているんでしょうか。

国際線の長距離便のような離陸です。

ようやくエアボーンしました。

東京スカイツリーは根元部分しか見えません。

この後撮影したルフトハンザのジャンボよりも低い離陸でした。

エアボーンした後もやっぱりゆるゆるとした上昇です。

ごちゃごちゃした背景は好きなので良いですが、もうちょっと高く、スカイツリーと絡んでほしかったな。。。

同じBoeingの777や767でも離陸の仕方が毎回違うんですよね。

航空会社によっても違うし、同じ航空会社であってもパイロットによっても違うし、気象条件によっても違うし、ペイロードによっても違う。

だから毎回、飛行機の離陸シーンからは目が離せないんですよね。

昔、グライダーに乗っていた時も、やはり離着陸は毎回違うものになり、同じ離着陸はありませんでした。

機械的に、「この高度になったら、これだけ引き起こす」とか「引き起こし角はこれ!」といったものがないんです。様々な要素が組み合わさり、その時々の条件によって毎回離着陸動作が変わってくるんです。

空港側の設備や飛行機の各種センサーが発達して、自動離着陸が可能な場合もありますが、多くの場合は”人”が操作して離着陸を行っていると思います。

それほど難しいんですよね、飛行機の離着陸は。

 

さて、今日から2日間は暖かな日になりそうですね。

今夜から大阪出張(西宮出張)なんですが、コートを着ていこうかどうか迷ってます。

明日は18度ですって。。。

 

それでは皆様、良い1日を!!

1 2 3 10