中国南方航空のコロっとしたBoeing737

久しぶりの更新になってしまいました(^-^;

今週はとにかくイベントがいろいろあって、夜は遅く、朝も早く、出張もあり、余裕がありませんでした。

昨晩は死んだように眠り、ようやく頭と体がもとに戻ってきたので今日はいつもの時間にブログを更新します!

今日のネタは中国南方航空のBoeing737です。これももう羽田空港の午前中の国際線の常連さんですね。タイやキャセイの後に出発します。

RWY16Rから離陸滑走を開始したところからです。

先日掲載したエバー航空のサンリオジェットや、海上保安庁のDHC-8-300が後ろに見えます。

この飛行機も富士山と絡めたかったのですが、何しろ小さい。。。

ということで、「Tokyo International Airport」とアシアナのAirbusA330と、春秋航空のAirbus A320が背景に入ってきた写真で、あとは富士山のかけらを少々。

小さいのになかなか離陸しようとしません。。。。体のわりに翼が小さい?!

CZ3086便、羽田空港を10時45分に出発して、中国の広州白雲国際空港に現地時間の14時30分に到着する便です。飛行時間は約4時間半。

かなり長いこと走ってからようやくローテーション!

長距離便のBoeing777みたいな離陸です。

前輪を上げてからもなかなか浮き上がろうとせず、もうRWY34Lの接地帯まで行っちゃいました。

浮いた!

どう見ても、コロっとした胴体が目立ちますよね。翼が小さくて細くて、ちょっと頼りなく見えます。

実際はそんなことないんですけどね。

ギリギリ工場地帯を背景に上昇するシーンを撮影することができました。この先は倉庫というか物流センター街になっちゃいますから。

最後はその物流センター(?)の屋上を背景に上昇するシーン。屋上にも大型トラックが停まってますね。

Boeing737だからもっと早くエアボーンして、正面を上昇するくらいの感じを想定していたのですが、全く違いましたね。

Boeing737-700、Boeing737-800よりも6mほど胴体が短いんです。

2クラス制で約40席分ほど。

ANAやJALで見慣れているBoeing737-800と比べるとかなりずんぐりむっくりというかコロっとした感じに見えますよね。

でもこれが私が知っている本当のBoeing737に近い形だと思います。最近のBoeing737は大きくというか長くなって、スリムになったなぁと思っていたので。

昔のBoeing737-100とか-200なんて、30mくらいの長さだったんですよ!

Boeing737-500だって31m。

それが-800で39.5mになり、-900ではなんと42m! この大きさで10mのストレッチ!!

成長しましたね。

でも、羽田空港で、中国南方航空という国際線でこのコロっとしたかわいらしいBoeing737-700を見ることができてうれしいです。

 

さて、怒涛のような1週間が過ぎました。

月曜日から水曜日まで、毎晩イベントがあり、毎日帰宅が夜遅くになりました。そして木曜日と金曜日は毎週恒例の神戸出張。

でも、その神戸出張も先日の木・金が最終回になりました!

3月中旬からの半年間、毎週神戸に通っていました。

7月から8月は別の案件も重なり、週3日の時もありました。

夏が過ぎ、秋に近づきようやくそれも終わり。

その期間、土日は出張疲れがどっと出て、なかなか空港に行くことができず、ブログの更新も”毎日更新”じゃなくなっていましたが、これから徐々にペースを戻していければと思います。

また土日に活動的になりたいと思ってます。

今週末も本当は長野滑空場に飛びに行く予定だったんです。家の車も予定をキープし、家族にも言ってあったんですが、金曜日の夕方くらいになりやっぱり頭と体がぐったりで、帰りも遅くなり。。。

結局キャンセルせざるを得ませんでした。

もう、そんなことはなくなります!

 

ということで、今日も晴天! 行楽日和ですね。

私は自宅で休養ですが・・・

 

皆様、良い1日を!!

1 9 10 11