JALのBoeing777、ちょっとだけ短距離離陸

昨日のJALのBoeing777は長い-300/ERで、エンジンに五輪マークがあり、長い離陸滑走でした。

今日のJALのBoeing777は短い-200で、胴体に2020年東京五輪のエンブレムがあり、短い離陸滑走です。

新千歳空港行きのJAL513便です。

滑走路の中間点手前でローテーション!

機首は大きく持ち上げられています。

浮いたメインが滑走路の中間点を示す3本の白いライン上を通過。

Boeing777の離陸をこの角度で見られるのも珍しい?!

一瞬Boeing767かと思ったくらい、早い離陸でした。

貨物船と飛行機。

機体の後部に東京オリンピック、パラリンピックのエンブレムとJALのロゴマーク、そして「心ひとつに!!行こう2020」の文字が描かれています。

昨日は東京パラリンピックまで1000日ということで、東京都でイベントが開催されたとニュースで報じられていましたね。

上の写真のちょっと後、「JAPAN AIRLINES」もちゃんと見える角度になりました。

上の写真は翼のしなりが見える角度、こちらは機体デザインがちゃんと見える角度。

どちらも捨てがたく・・・・(^-^;

新千歳空港までは1時間3分のフライト、時刻表上はそこに地上滑走などの時間も加わるので、スポットアウトからスポットインまでは1時間32分でした。

Boeing777もこんな、短距離の離陸滑走で離陸するんですね。

昨日のBoeing777-300/ERは国際線ということもあり、非常に長い離陸滑走でしたが、その違いは大きいですよね。

離陸重量、風、気温、エンジン出力など様々な要因が関わってきて、同じ機種でも離陸はそれぞれ毎回違います。もちろん着陸も。

だから飛行機の写真撮影ってやめられないんですよね。

飛行機は同じでも、その”シーン”は毎回違うから。

 

年末近くになって急にバタバタしてきました。

これまでのように神戸出張で・・・ではなく、いろんなところに行ったり、社内の年度末のいろんなイベントでのバタバタです。

今日も朝一で小田原まで行ってきます。

これだけいろんな企業を相手にバタバタしていると、どの話がどの企業だったのか、時々こんがらがったりしますね。。。(^-^;

頑張って、来年の飯のタネにしなくちゃ。

 

それでは皆様、今日は天気は悪く、寒い日になるようですが、健康管理に気を付けて!

良い1日を!

 

WORLDWIDE AIRCRAFT ENGINE PARTNER

普通の長いBoeing777かな・・・と思っていたら、エンジンに何か描いてありました。

五輪のマークとGEのマーク、そして「WORLDWIDE AIRCRAFT ENGINE PARTNER」の文字。

まだいたんですね!

機体はBoeing777-300/ERで国際線仕様機、JAL6便でJFK行きです。

エンジンと主翼部分のアップ。

エンジンのナセルにシールが貼ってあるんですが、このエンジンナセルは形状がやや複雑で、さらにスラストリバーサーを作動させたときには分離するので、8枚のシールを組み合わせて貼ってあるそうです。

リオオリンピックに出場する選手を乗せたチャーター機だったJA743Jにあしらわれたもので2017年3月までと報道されていましたが、まだいましたね!

JFKまでは12時間12分の長いフライト、離陸滑走は長かった。。

ようやくローテーション。持ち上げられた機首の向こう側にはうっすらと東京ゲートブリッジが見えます。かなり霞んでます。。。

エアボーンしました。

主翼のしなりが美しい!!

東京スカイツリーの根元のさらに下をゆるゆると上がっていきます。慎重に慎重に速度と高度のバランスを見ながら。

実際の写真は飛行機もかなり霞んでいて白い写真なんです。

Lightroomというソフトウェアで補正してここまで飛行機をくっきりさせてみました。これ以上やるとわざとらしい不自然な写真になってしまいますので、これが限界か。。

視程が悪いというか、空が霞んでいたりすると本当にテンションが下がりますよね。

なので、ブログの更新も滞ってます(^-^;

 

さて、昨日、我が家にアレクサ君が来ました。

「アレクサ、今日の天気は?」というとちゃんと自宅付近の天気を教えてくれます。しかも現在の天気と本日の予報まで!

「Little Glee Monsterの音楽をかけて」というと、ちゃんとかけてくれます。

すごいね!

テクノロジーの進化を実感しました。

いろんなリモコンに対応した機器を接続すれば、「エアコン付けて」「テレビつけて」「照明つけて」とかで、家電も声で操作できるようになるみたいです。

我が家にもIoTか!?

 

ということで、今日も1日、元気に頑張りましょう!

良い1日になりますように。

Airbus A321 neo

Airbus A321 neo

導入されてからしばらく経ちますが、ちゃんと撮影したのは初めてでした。

2008年にいったん退役したANAのAirbus A321、まさかまた復活するとは思いませんでした。

世の中の流れなんでしょうか、当時は中途半端だとか、使いにくいといわれていた機材だったのに今はA321のceo型やneo型をどんどん導入しています。

今日のJA131Aは今年の9月にデリバリーされたばかりの新品! これまでのAirbus A320と違ってこのAirbus A321 neoはプラット・アンド・ホイットニーのPW1100G-JMギアード・ターボファンエンジンを搭載しています。エンジンが大きく見えますよね!

RWY34Rを離陸滑走するAirbus A321 neo。

ceoと違って、ウィングレットの内側にも「ANA」と書かれています。

まぁ、機体後部のレジ番号の前に”Airbus A321 neo”って書かれているので一目瞭然ですけどね!

ローテーション!!

Boeing767と違って、小さいのになかなか長く走りますね!

このA321 neo、ANA395便の庄内空港行きです。庄内空港は山形県の酒田市にある空港です。

最近、地方空港にはいろんな面白い名前が付けられてます。米子鬼太郎空港とか富山きときと空港とか。。。この飛行機が向かう庄内空港は「おいしい庄内空港」だそうです。

おいしい庄内空港までの飛行時間は56分と短いのですが、それでも長く走ってます。。

エアボーンしました。

以前のA321はA320の長い版で、ちょっとバランスが悪いなと思っていましたが、このA321 neoにはそのバランスの悪さを感じません。かっこいいです!

翼端とテールのフラッシュライトが光っているのですが、それもLED?!

LEDって”ピカっ!”という光り方をしないので、ちょっと迫力に欠けますね。

やっぱりエンジンが大きいですね。

ようやく撮ることができたAirbus A321 neoのテイクオフシーン。

空が霞んでいて、テンションが上がらない中、唯一と言って良い収穫?!

このANAのAirbus A321 neoの採用ですが、SKY MARKのA380引き取り問題と関係があるのでしょうか。

一旦退役させたA321、退役を進めていたA320、Boeingに統一し、整備の効率化を目指しているのかと思っていた矢先にAribus機の導入。

企業の論理って不思議ですね。

JALもAirbus A350の導入を決め、発注しているし、Airbus機が日本の航空会社でもどんどん活躍するようになるのでしょうか。

 

さて、今日はせっかくの天気の良い日曜日なのですが、私もカミさんも体調を崩していて、ダウン。

どこへも出かけず、家で休養する1日になりそうです。

ちょっと出かければ紅葉とかきれいなんでしょうね・・・・。

なかなか治りません、今回の風邪。

皆様も気を付けてくださいね。

 

それでは良い1日を!

 

1 2 3 6