DELTAの・・・Airbus A350

DELTAシリーズの最終回、Boeing777、Boeing767に続いては、、、Boeing・・・じゃなくて、

Airbus A350です!

退役してしまったBoeing747に代わって投入されたのはAirbus A350でした。

デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港からのDL275便です。

木立の向こう側、明るいアンチ・コリジョン・ライト(衝突防止灯)を光らせて、成田空港のRWY16Rにアプローチしてきました。

森の中からタヌキが顔を出した・・という感じ?!

この角度が良いのですが、木が邪魔。。。

本当はもう少し手前の角度が良かったんです。この写真だとノーズギアと左のエンジンがちょっと重なっちゃってます。

時刻は午後4時26分、太陽はすでに雲の向こう側に姿を消してしまい、完全に夕方というか、夜の始まりの感じがする空です。

そのような中、初めて見るDELTAのAirbus A350。

ISO-800、1/200秒のシャッタースピード、f5.6の絞りで頑張りました。

Boeing787とはまた違った感じのつるんとした顔。

そして特徴のあるタヌキのような目(コックピットの窓)。

メインギアはBoeing767と同じようなティルト・アングルなんですね。

Airbus機らしい、機首上げの姿勢でアプローチしています。

翼端の形状も特徴的ですね。

世界各国の航空会社が現在使っているA340やA330、このAirbus A350に置き換わっていくのでしょうか。Boeing787みたいに。。。

このAirbus A350、小さそうに見えて結構太いらしいです。Airbus A350XWB(eXtra Wide Body)と言われるほど。

これまでの丸い胴体ではなく、ダブルバブルの胴体になっているそうで、エコノミークラスなら横9席の座席配置ができるそうです。そんな風には見えないですよね。

滑走路末端を通過。

風は微風。まもなく接地。やっぱり機首上げが大きい。

メインギアが滑走路とほぼ平行になるくらい機首を上げてます。

接地の瞬間。

12時間43分の長いフライトの最後、成田空港に無事にランディングしました。

これまでのAirbus機同様、フラップは途中に切れ目はあるものの、間にエルロンが入ることなくつながっていて、綺麗です。

Airbus A350になっても”美しい”という印象は変わらないAirbus機です。

シンガポール航空、ベトナム航空に続いて3社目のAirbus A350でした。

私が見たのは上記3社ですが、成田空港にはそのほかフィンエアもA350で来ているようですね。

2015年にカタール航空で営業飛行を開始したAirbus A350ですが、その後多くの航空会社に引き渡されています。もっともっと日本にやってくれば良いのに。。。

日本航空のAirbus A350はいつ頃デリバリーされるのでしょうね。

 

さて、昨年の12月16日に撮影した写真も残すところユナイテッドの2機と、ANAのQちゃんと、キャセイの4機分となりました。

その後、旅客機の撮影に行っていないので写真がなくなっちゃいます。

ブログの更新、しばらく途絶えるかもしれません。。。

長い間、続けてきたブログですが、そろそろ終わりにしようかと思ってます。

最近はFacebookやインスタグラムなど、写真を含む”発信”の場はたくさんあり、しかも無料で利用できますよね。

このブログはレンタルサーバーで運営していて、メンテナンスは自分でしなくてはなりません。

どうしようかなぁ。。。悩みます。

まぁ、写真がなくなってから考えます!

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

DELTAのBoeing767

今日のDELTAはBoeing767です。

Boeing767と言えば、国内線用の中型旅客機という認識だったのですが、その認識はもう古く、国際線でもバンバン活躍する旅客機に進化しているんですよね。。。

Boeing767はいきなりドーンと撮ってみました。

このBoeing767はウィングレット付きです。Boeing767にウィングレットがついているのを見たのはこのDELTAのBoeing767が最初だったような気がします。

このBoeing767、どこから来たと思います? グアムとかサイパンとか中国とかの近場ではないんです。なんと、シアトルのタコマ国際空港から10時間51分かけてやってきたんです。DL167便です。

この中型旅客機のこの翼に2つのエンジンを10時間以上も回し続ける燃料が入るんですね!

それだけエンジンの燃費が良くなったということなんでしょうか。

まぁ、この飛行機Boeing767-300/ERなので、航続距離を延ばす工夫はされたタイプなんですが。。

滑走路のスレッショルドを超えました。もうパイロットの目の前には4,000mの滑走路が伸びているのが見えるだけです。軸線からずらさぬよう、降下率を制御しながら、タッチダウンまであと数秒です。

20ft(6m)くらい?

翼、結構しなってますね! やっぱりウィングレットがついているとかっこいいです!!

接地の直前。

そして接地の瞬間。

それにしても向こう側に垂直尾翼がたくさん見えます。8機分?!

接地の瞬間も良いですが、やっぱりその少し後の白煙がボワっと上がったところの方が絵になりますよね。。。

Boeing767でシアトルから成田までやってくるんですねぇ。

シアトルからはほとんど太平洋上のフライトです。 現地を前日の12時半頃に出発し、成田空港には翌日の16時半前に到着するというフライト。昨日のアトランタからのフライトと違って、ずーっと海の上だから景色の変化はあまり楽しめないでしょうね。

さて、最近お酒を”控える”ようにしました。

今までは健康診断の前夜のみお酒を飲まないということで、毎日飲んでいましたが、今月は1月3日と1月25日、そして昨日1月27日ともう3日もお酒を飲まない日がありました。何か違うのでしょうか。。。あまり変わらない気がするのですが。

 

今日はどうやって過ごそうか。。。

そういえば、今月はまだ空港に行ってないですねぇ。

ん?今年に入ってまだ飛行機の写真を撮ってないってこと?!

 

今日もとっても寒い1日になりそうです。

そういえば、ネットを見ていたらこんな記事がありました。

インフルエンザの予防にはだいたい20分おきくらいに飲み物を飲むのが一番効果的で、医療関係者はそうやって予防しているとか。

要するに、喉をよく洗い流し、潤しておくのが良いということなんですね。

やってみよ。

 

それでは皆様、今日も良い1日になりますように!!

DELTAのBoeing777

さくらの山で、さくらの木々の向こう側からアプローチしてくる飛行機を。

DELTAのBoeing777。

もうジャンボ、Boeing747は来ません。。。

「なんだ、Boeing777か」と思ったけど、撮りました。

離陸する飛行機の斜め後ろ姿も良いですが、アプローチしてくる飛行機のこの角度も好きです。

長いフライトを終え、目の前にまっすぐに伸びている滑走路をめがけて空気のスロープを着実に滑り降りてくる感じ。

安定感、安心感、そして緊張感。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港からやってきたDL295便です。

アトランタ、デルタの本拠地ですね。

成田の名物ホテル、私も何度も泊ったことがある”マロウド成田”を背景にRWY16Rにアプローチ。

アトランタを12月15日(金曜日)の11時35分に離陸したDL295便は太平洋上で日付変更線を超え、12月16日(土曜日)の15時34分に成田空港に着陸しました。飛行時間は14時間37分!

アトランタはフロリダ半島の付け根、北の方にある、北米大陸の東海岸と言ってよい場所にある都市です。そこから北米大陸を北上、縦断し、カナダを飛び越え、アラスカから太平洋に出て日本にやってきます。日付変更線を超えますが、太陽を追いかけるフライト、14時間飛ぶけど、ずーっと昼間のフライト。半分以上、北米大陸上空のフライト、様々な景色を楽しめるでしょうね。

AIR CHINAのAirbus A330とDELTAのBoeing777。

その向こう側に見えるのもぜーんぶ、双発機。

双発機時代ですね。

飛行機はちょうど滑走路のスレッショルドを超えたところです。

やや引き起こしたか? 降下率を減らし、ランディングの準備。

コックピットでは高度のカウントダウンが続いていることでしょう。

50・・・・30・・・・20・・・・

ランディングの瞬間、速度0から速度200km/h以上での回転をいきなり強いられたタイヤが悲鳴を上げるかのように白煙をあげます。

こんなに白煙が上がるような無理をタイヤに強いていたらタイヤも長持ちせず、200回から250回の着陸で交換するそうです。国内線なら1か月半くらいの周期になりますが、国際線だったら半年くらいは同じタイヤで良いってこと?!

ということで、成田の午後2時以降はアメリカンタイムになります。

 

さて、今週は”雪”に苦しめられた1週間になりました。

月曜日の悲惨さはブログでも記載しました。

それで雪被害は終わりかと思いきや、今度は水曜日の神戸出張でやられました。

朝の新幹線、新横浜から新大阪に向かう新幹線では特に何もなく順調でした。

神戸の客先で打ち合わせ後、夕方だったので同僚と「大阪ならお好み焼き!」と夕食をゆっくりといただき、暖かな気分になったあと、新大阪駅に向かいました。

その時点で乗る予定だった新幹線が「5分遅れ」の表示。

実際は5分ではなく10分遅れでやってきて出発しました。

新大阪から京都までは順調? 実はこの辺りで私は気を失いました。(要は、寝ました)

で、もうそろそろ小田原当たりかな?と目覚めたところ、新幹線は止まってました。

外は雪。

「え?!」

アナウンスも聞こえました。「名古屋と米原の間の雪の影響で50分程の遅れが。。」

その後も徐行運転と停車が続き、「名古屋までの間に18本の列車が詰まっています」と。

なんでも、2本ある名古屋のホームのうち1本が使えなくなっているとか。

新幹線は徐行運転よりも停車の時間の方が長くなってきました。

新横浜に到着する時刻になってもまだ岐阜羽島の手前でした。

そしてようやく岐阜羽島に着いたかと思ったら、そこで長いこと停車。

右にも左にも同じように名古屋の渋滞待ちの新幹線が停まってました。

22時34分に新横浜に到着するはずですが、22時57分でも岐阜羽島に停車してました。

名古屋に到着したのはなんと0時2分。日付を超えちゃいました。

名古屋からは順調でした。

が、新横浜に到着したのは1時半過ぎ。

社内では、新大阪と名古屋、東京で朝の5時まで休憩できる休憩用の車両を用意しているというアナウンスがありました。乗り継ぎができない人は東京駅まで行ってそこで休憩用車両で夜を明かして、始発で移動するんでしょうね。

私は新横浜まで次男に車で迎えに来てもらい、無事に帰宅しました。

が、新横浜のタクシー乗り場はそれこそ長蛇の列でした。タクシーは数分に1台来るか来ないかで、乗車までどれだけ待つのか。。。。本当に気の毒でした。

日本の交通機関、雪に弱いですね。

年に何回あるかないかの事に対して大きな投資もできないんでしょうね。

 

とにかく、雪にやられた月曜日と水曜日でした。

そして氷点下の朝も続いてますね。

温暖化が進むと、冬も寒くなる。

暖められた大量の空気が北の方で地上に降りて、北の冷たい空気を南下させるから?!

 

インフルエンザの流行に関する警報も神奈川県で発せられました。

 

皆様、とにかく安全に!気を付けてお過ごしください。

今日も良い1日を! 良い週末になりますように!

 

1 2 3 6