モンゴルの黄色い馬

成田空港シリーズ、61機目、14時40分発のMIATモンゴル航空のOM502便です。

モンゴルのウランバートル、チンギスハーン国際空港行きです。

コックピットの窓の横にはモンゴルの国旗と「Guyug Khaan」の文字が。

「Guyuk Khaan」(グユク・ハーン)はモンゴルの第3代皇帝の名前です。

ご存知の通り、モンゴルの初代皇帝はチンギス・ハーンで、その三男のオゴデイの長男として生まれたのがグユクだそうです。

ちなみにオゴデイは2代皇帝なんですが、三男が2代皇帝?と思いますよね。モンゴルでは末子相続が慣習なんですって。

あと、この写真で面白いのは、国旗。

左右対称にするためか、下の写真で見えている側の国旗は鏡写し(左右反対)になっているんです。

正式なモンゴル国旗では黄色い紋章のようなマークは国旗の左側の赤い帯に描かれてます。

ここまで左右対称にこだわるのも珍しいですよね。

あと、胴体の黄色い馬。

これも今まで気が付きませんでしたが、眼が笑ってる。。。。

地上の飛行機の大好きな構図です。

メインギア・エンジン・ノーズギア・コックピットの窓、主翼、翼端が全部載せじゃなくて、全部入り。

「NARITA」との記念撮影ですが、Boeing737は小っちゃいのでこんな風になっちゃいます。

ウランバートルまでは5時間半ほどのフライト。Boeing737と言えどもなかなか軽々とは飛び上がりません。正面を過ぎてもまだ走ってます。

白いタンク群が見えたところでようやくエアボーンしました。

昨日のアエロメヒコは鷲の戦士の横顔が垂直尾翼に描かれていてかっこよかったですが、この馬の横顔が描かれているモンゴル航空もかっこいいですね。

やっぱり文字や抽象的なデザインよりもこういった垂直尾翼が好きです。

ウィングレットの内側にもロゴマークが描かれているので、4つというか4頭の馬が空を目指して駆け上がっていくようです。

ここまでは逆光で困ったものでしたが、ここまでくると背中に太陽の光を受けて上昇する感じになります。

かなり遠くになりましたが、結構くっきりと撮ることができました!

とてもカッコいいモンゴル航空のBoeing737です。

このモンゴル航空の飛行機を見ると、必ず頭に浮かぶのが「スーホーの白い馬」という話。

モンゴルの民話です。

日本の小学校の教科書の教材にもなっていると思います。

遊牧民の少年スーホーが倒れ苦しんでいた白い仔馬を助け、育てます。やがて領主が娘の結婚相手を探す競馬大会を開催するとのことで、スーホーは元気に育った白い馬で出場するのですが、そこで優勝してしまいます。でも領主はスーホーが貧しい遊牧民ということで娘とは結婚させず、さらにスーホーを奪い取り、奪われまいとしたスーホーをボコボコにします。スーホーと白い馬は分かれ分かれになってしまうのですが、やがて白い馬は領主のもとを逃げ出します。が、逃げ出す際に領主の家来が放った矢で大けがを負ってしまいます。白い馬は何とかスーホーのところに戻ったのですが、死んでしまいます。死んでしまった白い馬はスーホーの夢の中に現れて自分の遺体で楽器を作るようにと言い残します。そうしてできたのが馬頭琴・・・というのがあらすじです。馬頭琴はモンゴルの民族楽器です。

そのスーホーの白い馬をもじって、今日の記事のタイトルはモンゴルの黄色い馬にしました。

でも黄色い馬は胴体だけで、ウィングレットと垂直尾翼は青い馬でしたね。。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!

今日はお昼から大学時代の同期達と1つ上の代の先輩たちと同期会です。。。

 

 

アエロメヒコの戦士が飛ぶ

成田空港シリーズ、60機目。

アエロメヒコのBoeing787です。

 

第1ターミナルのスポットでプッシュバックを終えましたが。。。

「はやくエンジン回せよな・・・・」って、待ってるのかな?!

ようやくエンジンを始動し、タキシングを開始。

「CIUDAD DE MAXICO」と書いてありますが、これはスぺ以語。英語にすると「MEXICO CITY」。日本語だと「メキシコシティ」です。

国の名前がメキシコで都市の名前もメキシコ・・というわけにはいかないのでメキシコシティと”市”を意味するCITY(シティ)を付けているようです。なのでメキシコ市というよりメキシコシティなんです。

「NARITA」と記念撮影。定番。

垂直尾翼の「Caballero Águila」(鷲の戦士)、やっぱりカッコいいですね。

垂直尾翼に横顔が描かれているのはこのアエロメヒコとお姉さんが描かれているハワイアンくらい?

RWY16Rからのテイクオフ。

まずは離陸滑走シーンから。

この辺でローテーション!ってなると良いのですが。。。

メキシコシティまでのAM57便、12時間41分の長ーいフライト。

なかなか離陸しようとしません。。。

鷲の戦士、頑張れ!って感じになってきます。

こんな斜め後ろになってからようやくエアボーン。向こう側に見えるのはJALのケータリング工場。

逆(RWY34L)からの離陸シーンの撮影開始地点あたりになってエアボーンしました。

重機と離陸した鷲の戦士。

鷲の戦士は冷静です。。。という感じに見えます。

もう1枚。

メインギアの前あたりに人が見えます。

滑走路脇の草地の草刈りを行っているのでしょうか。

いいなぁ、すぐ目の前に滑走路! 離陸する飛行機、迫力あるでしょうねぇ。

老後、あの草刈りのアルバイトとか募集したら、絶対に手をあげます。。。

森をにじませ上昇するアエロメヒコのBoeing787。

翼、しなってますねぇ!

13時間弱の長いフライト、気を付けて行ってらっしゃい!

ということで、アエロメヒコのBoeing787でした。

アエロメヒコやメキシコシティについては、これまでもこの飛行機が登場するたびに書いてきたのでもう今更書くことがなく。。。

飛行機については、以上です。はい。

 

ようやく60機目です。あと18機。

9月も半分まで来ちゃいましたね。

猛暑日が連続するような地獄の日々は脱しました。

秋雨前線の影響もあり、天気はぐずついてますが、涼しくて良いです。

 

今、NHK BSでマッサンの再放送を見ています。

新しい三級ウイスキーの試飲会のシーン、「あんた、このウイスキーを作るときに飲むお客さんのことを考えたやろ」という言葉がありました。

そして「このウイスキーは伝える酒や」と。

なんか、感動しました。

自分も「無から有を生み出す仕事」をしていることもあり、”作る”時のことについてはいろいろと思うことがあります。

「このシステムを使う人たちのことを考える」

なるほど!

システムを作ることが目的じゃないんです。システムを使ってその利用者や会社がどうなるか。。。

それが大事なんです。

システムを利用する人たちにちゃんと私たち作者の思いを伝え、一緒に成功したいものです。

 

マッサンを見ると、いつも「スーパーニッカ」を飲みたくなるんですよね。

 

それでは皆様、良い1日を!そして良い週末を!!

 

シンガポール航空のBoeing777

成田空港シリーズ、59番目。

南風運用になった成田空港のRWY16R、シンガポール航空のBoeing777-300/ERが離陸します。

シンガポールのチャンギ国際空港行きのSQ11便です。

-300、長いです。エンジン、でかいです。

そして、なかなか離陸しませんね。。。

白いタンク群の横を通り過ぎようとした頃にようやくメインギアが滑走路から離れようとしてます。

JALのケータリング工場が見えたところでエアボーン。

完全に斜め後ろです(^-^;

エアボーン後もなかなか高度が上がらず、重たそうな上昇です。

さくらの丘で撮影したらよい感じで上昇するBoeing777-300/ERの写真になったでしょうね。

やっぱり南風運用時の第1ターミナル展望デッキでの離陸機の撮影は厳しいですね。

ちょっと離陸滑走が長めになるとこのように斜め後ろからエアボーンを撮るような形になります。

金網の穴ギリギリだし、メラメラの影響もあるし、難しいですね。

SQ11便も、この後の上昇シーンはメラメラで使い物にならない写真になってしまいました。

 

今日も涼しい、秋のような1日になりそうですね。

今日みたいな日が1年中続けば良いのに。。。

 

今日はオフィスの消灯当番の日、長い1日になりそうです。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

1 2 3 4 1,215