空から見た空

アメリカの空
この空はアメリカの空です。
ヒューストンからダラスへ向かうアメリカン航空(American Eagle)のERJ145(ブラジルのエンブラエル社が開発した50人乗りの小型ジェット旅客機)から撮影した早朝のアメリカ南部の空です。
この空、ずーっと日本まで続いているんですよね。
日本の空
こちらは日本の空。
東京から大分に向かう全日空のBoeing767-300の機窓から。
よく、「雲の絨毯」って言葉を耳にしますが、本当に眼下の雲って絨毯みたいで、
その上に寝転がれそうなんですよね。
実態は温度差のある空気の接点で気流は悪いし、水気たっぷりなんですけどね。

Read more

全日空Boeing777

ANA Boeing777
こんな大きなマシンが空を飛ぶのって不思議ですよね。
計算しつくされた科学技術の結集されたものであり、不思議でもなんでもないということは分かる。
それでも、空気の流れや圧力の差が目に見えないのでやっぱり不思議。
鳥は羽をばたばた動かしているから「飛んでるな」と思うけど、
飛行機はエンジンの回転が見えるわけでもなく、動きが見えない。
やっぱり不思議。
ところで、現在、九州地方では大雨が続き、土砂災害をはじめ各地で被害が発生しています。
九州には仕事を通じた知り合いや友人が多く、心配です。
南アジアから伸びた湿舌と南海上で発生した台風崩れが合わさった結果、多くの湿気を含んだ空気が梅雨前線を大きく刺激した結果だとか。
避難された方、被害にあわれた方にお見舞いを申し上げます。

1 1,652 1,653 1,654 1,655 1,656 1,728