“DYNASTY”103 Take off

“DYNASTY”・・・チャイナエアラインのコールサインです。

カッコいいですよね!「ダイナスティ」

そのAirbus A330-300が台湾の南部の都市、高雄の空港へのフライトに向けて離陸滑走を開始しました。

手前にはちょっとはみ出し過ぎてますがエアカリンのAirbus A330がいます。

なぜ、Airbus A330って分かる?!

翼端の形(ウィングレット)と主翼後縁の形状ですかね。

目の前に来た時、ノーズギアが滑走路面を離れた瞬間!

明らかにノーズギアが持ち上がってます。

ここからグイっと機首を持ち上げてエアボーン。。。

エアボーンの瞬間。

美しい。。。

この時、コックピットから見えている景色、生(なま)で見たいなぁ。

最近はYouTubeとかで離陸時のコックピットからの映像などは見ることができるようになりましたが、やっぱり自分の目で生、ライブで見たいですよね。

どっちが主役なんだか・・・

大韓航空のBoeing747-8iと上昇を開始したチャイナエアラインのAirbus A330-300。

これから高雄までの3時間51分のフライト。

台湾までは4時間弱で飛んで行けるんですね。

近いなぁ。

でもまだ行ったことがありません。遠いなぁ。。。

チャイナエアライン・・・昔は”中華”っぽい、古臭いデザインだったのですが、このデザインは良いですよね。機首部分の薄紫も良いし、何より垂直尾翼の梅の花が秀逸です。

 

さて、今年の流行語大賞が決まりましたね。

「そだねー」

平昌オリンピックのカーリングで銅メダルを獲得した日本チームのメンバーがコミュニケーションする中で頻発した言葉、「そだねー」

良い言葉が選ばれたと思います。

誰かが意見を出し、それに同意する意思表示として「そだねー」。

「でも」とか「いや」とか、とにかく反対するだけして、何も前に進まない会話よりも、同意しながら前に進み、勝利を勝ち取るための言葉は、聞いていても、使っていても気持ちが良いものです。

 

今日は、起きてからずーっと喉が痛い。

鼻水も出続けてます。

風邪を引いたようです。

薬を飲むと眠くなるし・・・

 

皆様は体調を崩さないよう、気を付けてくださいね。

今日は季節外れの暖かな1日になりそうです。寒暖の差も体調を崩す要因になります。

それでは良い1日を!

FedExのBoeing777、どっかーン!

成田空港シリーズ、36機目はFedExの・・・・Boeing777Fでした。

MF-11Fだったら、ロケット離陸を期待するのですが、Boeing777Fじゃな。。。と思いながらもレンズを向けました。

おっ?!ここでローテーション?

運が悪いことに、手前に離陸機が並んでいて、今ここでエアボーンされても撮れない!! ( ;∀;)

ということで、エアボーン直後の様子を何とか飛行機の隙間から撮影。

昨日のEtihadの垂直尾翼が邪魔だった。。。

スクートの機体をかわして、上昇するBoeing777Fを撮りましたが、エレベータが結構アップになってます。この後、グイーんと機首を持ち上げます!!

ほらっ! 一気に高度を上げました!! MD-11Fほどではありませんが、この軽やかな上昇!

FedExらしい?!

このFedExのBoeing777FはFX87便で、中国の北京、北京首都国際空港行きです。

所要時間は3時間15分。 成田を12:31に出発して、北京には現地時間の14:46に到着します。

まだ私が成田にいる間に到着?!

成田と北京の時差は1時間あるので、成田時間の15時46分着になります。なので、私が成田から羽田に移動する方がちょっと早かった。。。

それでも私が羽田空港に到着するよりも早く、北京に着いたんですね。速い。。。

FedEx、昔はMD-11Fばかりで、「Boeing777FのFedEx、見たいなぁ~」なんて言っていたのがうそのようです。今ではMD-11Fが来るのが楽しみで楽しみで。。。なかなか会えませんが。

次に成田に行ったとき、まだMD-11Fはいるのでしょうか。

 

さて、今日はこれから妻沼滑空場へ行き、共同所有しているグライダーの年に1度の耐空検査に備えた整備や計測を行います。

書類はコツコツと作成してきましたが、整備をしながら最後の仕上げを行い、12月8日の耐空検査に備えます。

航空機が飛ぶためには、1.航空機登録証明書、2.航空機耐空証明書、3.搭載用航空日誌、4.運用限界等指定書、5.飛行規程の5つの書類が必要です。

そのうちの2.航空機耐空証明書と4.運用限界等指定書の交付を受けるために必要なのが耐空検査です。

1年に1回、必ず受けなければなりません。

今回はOB所有の1機と、学生が使っている1機の計2機の整備と検査を行います。

土日でしっかりと完成させななくては!

ということで、今日明日は泊まり込みになりますので、明日のブログは休みます。

 

皆様、良い週末をお過ごし下さい!!

 

ロシアへ、フィリピンへ、アラブから、

今日は成田空港シリーズ、35機目・36機目・37機目の飛行機を1回で掲載しちゃいます。

まずはロシアの首都、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港行きのSU261便、Airbus A330です。

写真はこの1枚のみ。エアボーンしたのは遠く、メラメラで機体が滲んじゃってました。。。

続いては常夏の国、フィリピン中部の中部ビサヤ地方セブ州マクタン島中央部ラプ=ラプ市にあるマクタン・セブ国際空港行きの5J5063便です。

セブ・パシフィック航空のデザイン、変わった?! 以前は女性の横顔っぽいデザインが機首のほうに描かれていましたよね?

昨日の香港航空と同じAirbus A320です。フィリピンは香港のちょっと先なんですが、昨日の香港航空よりも飛行時間はなぜか短く、5時間3分でこの飛行機はセブに着きました。香港までは3,130km、セブ島までは3,467km。よく見てみると、地上走行時間が香港航空のほうが長かったんですね。飛行時間ではなく、出発(ゲートを離れて)から到着(ゲートに到着)までの時間でした(^-^;

ちょっと風景写真っぽく。

マクタン・セブ国際空港って、マニラのニノイ・アキノ国際空港に次ぐ、フィリピン第2位の国際空港なんですって。

最後はアラブ首長国連邦のアブダビからやってきたエティハド航空のBoeing787です。

なんだかオイルマネーで儲けてるのアラブの王様の国の飛行機って感じ。

近くにやってきました。

どうせならエンジンも金色にすればよいのに。。。

アラビア語って右から左に読み書きするんですよね。なんて書いてあるんでしょうね。

難しい文字です。

スポットに入ってきます。

鏡のようにピカピカの胴体にエンジンと翼が映ってます。

正面顔。きれいです。

ということで、飛んでいるのはセブ島行きのセブ・パシフィック航空の飛行機だけで、あとは地上にへばりついた飛行機の写真になってしまいました。

複数の航空会社で共通点があまりない3機の飛行機を掲載するときのタイトルって困りますよね。

苦肉の策で、今日のタイトルに。。。苦肉でもないか、単純に行き先を並べただけ?!

でも、こうしてタイトルに行き先を並べてみて改めて思いましたが、成田空港ってすごいというか面白いですよね。

ロシア、フィリピン、アブダビ、、、そのほかにも成田空港からは世界中の39か国111の都市に飛行機が飛んで行ってます。成田空港で見た飛行機が早くて3時間ちょっと、長くて12時間後くらいには世界の39か国のどこかにいるんです!

すごいことですよね。

地球は小さくなった。

なのに、私はまだその39か国のうち、6か国にしか行ってない。。。

もっともっといろんな国に行って、自分の目で世界を見てみたいですよね。

老後の楽しみ?!

 

今日はその老後をちゃんと迎えられるように、会社を休んで病院のはしごです。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

1 2 3 4 1,238