デルタのBoeing777@羽田

羽田空港でもやはりアメリカの航空会社は午後15時以降に出発していきます。

なぜ夕方出発が多いかというと、このDL6便の場合、羽田空港を午後15時に出発すると、ロサンゼルスに同じ日の午前9時ちょっと前に到着するんです。

離陸後、すぐに暗くなり夕食をいただき、寝て、起きて、朝食を食べると、ロサンゼルスでまた同じ日を朝からやり直す(?!)ことができるんです。過去に戻るフライトなんですね。

だから北米行きの飛行機は日本の午後遅めの出発が多いんです。

さて、このDL6便はどんな離陸を見せてくれるでしょうか。

多くな貨物船を背景にローテーション。

こうしてみると貨物船が大きく、Boeing777-200/ERが小さく見えます。

ちなみに貨物船の横には「NYK LINE」と書かれていますが、これを見るといつも「ニューヨーク ライン?」と呼んでしまいますが、これは「日本郵船株式会社」の貨物船です。「Nippon Yusen  Kaisha」の略で「NYK」です。この貨物船、コンテナがあまり積まれていませんね。喫水線も海面のかなり上になっていて、球状船首が海面に出ちゃってます。

さて、ローテーションは目の前だったのですが、やはりロスまで飛ぶ国際線、なかなかエアボーンしてくれません。結局照明塔に邪魔されるのか・・・・。

何とかエアボーンを撮ることができました。

この後のUAのBoeing787は照明塔とメラメラに阻まれて掲載できる写真はありませんでしたが、デルタのBoeing777は大丈夫でした。

ロサンゼルスに羽田空港から出かけられる時代になったんですねぇ。

これはDL6便で羽田→ロサンゼルスですが、以前、この反対向きDL7便でロサンゼルスから”成田”に戻ってきた覚えがあります。(記憶違いか?!)

これから9時間45分のフライト。

夜を超え、日付変更線を超え、同じ日の朝にロサンゼルスに着くという不思議なフライト。

私も何度か西海岸行きのフライトを利用しましたが、機上で迎える朝って美しいんですよね。。。

デルタは2008年にノースウェストと合併し、当時としては世界最大の航空会社となりましたが、現在は2012年にUSエアと合併したアメリカンが世界最大の航空会社になり、デルタは世界第2位の航空会社となってます。

デルタもアメリカンも一時は経営破綻した会社ですが、ともにこうして世界最大級の航空会社として復活しているんですよね。

アメリカの航空会社は私が航空ファンでいる間でもいろいろと変わってきましたが、今後はどうなっていくんでしょうね。。。

 

さて、ゴールデンウィークも最終日になりました。

皆様はどのように過ごされましたでしょうか。

引きこもっていた私も、昨日はちょっと外に出てみよう・・・ということで、鎌倉にハイキングに行ってきました。

北鎌倉駅で横須賀線を下車し、浄智寺の脇を抜け、葛原岡神社を経由し長谷の大仏までのコース、約4.5kmほど2時間弱のコースでした。

ゴールデンウィークということでどこもかしこも混雑しているというのに、ハイキングコースは人もまばらで、緑の木々に太陽も遮られ、適度な木漏れ日を受けながらのハイキングは本当に気持ちの良いものでした。結構アップダウンはあり、そこそこ運動になりましたね。

ハイキング中の山の中は非常に快適だったのですが、その後の下界は散々でした。。。

さすがゴールデンウィーク。

鎌倉の大仏も人でごった返していました。長谷観音も久しぶりに行ってみましたが、ここも人だらけ。

長谷駅から鎌倉駅まで江ノ電で移動したのですが、これまた朝のラッシュ時の山手線以上に混んでいて、1本見送らないと乗車できませんでした。

小町通も人で渋滞してました。本当に”人が流れている”状況で、そうそうに退散しました。

やっぱりゴールデンウィークとか、多くの人が休むときは自然に飛び出すか、家でじっとしているに限りますね。

でも、ハイキングは本当に気持ちが良かった! 命の洗濯ができた気がしますし、日ごろのストレスもやや解消?!

明日からまた仕事ですね。

 

それでは皆様、良い1日を!!

 

追伸

最近はTwitterはほとんど使わないので、徐々にフォローを解除し、情報取得の目的のみのフォローにしようとしています。また、ブログ更新の投稿もやめました。いずれアカウントを削除しようかとも思っています。

フォローを整理していって初めて、「ああ、ここからこんな投稿があったんだ」と気づきました。情報が多過ぎると大切な情報を見逃すことになるということを改めて認識しました。

ということで、フォローしていただきフォローバックした皆様には申し訳ないのですが、Twitterは利用を縮小してまいりますので、ご容赦のほどを。

Facebookは従来通りです。

 

 

ビジネスジェットで出張・・・したいなぁ

昨日の海上保安庁の「うみわし」はガルフストリーム Vというビジネスジェットの改造版でした。

そのほか、羽田空港では旅客機の離着陸の合間に時々ビジネスジェットが飛んでいきます。

一昨日のキャセイのBoeing777-200の離陸滑走開始時に背景に見えていたあのビジネスジェット達ですね。

今日はそんなビジネスジェット達の離陸シーンを3機ほど掲載します。

まずはガルフストリーム G650です。

N912GGという”N”で始まるレジ番号なので、アメリカ籍の飛行機ですね。

ノースカロライナ州ダーラムにある企業経営コンサルタントの会社が所有する飛行機です。

私もITコンサルタントなんですが、こんな飛行機で地方の企業のコンサルティングに出かけられたらなぁ。。。

このガルフストリーム G650は昨日の海上保安庁のガルフストリーム Vの離陸滑走時に後ろに見えていた中国のガルフストリーム G550よりもさらに新しい機種で、最新型のようですね。

これ1機で、おいくらほどするんでしょうか。

アメリカまで飛ぶのに、おいくらくらいかかるんでしょうか。

お金のことばかり気になっちゃいますが、ものすごい金額なんでしょうね。

お次はかなり小さいビジネスジェットです。カンタスのジャンボを背景にすでにエアボーンして上昇を開始しています。

JA516Jということで、日本国籍です。

毎日新聞社のセスナ 525A サイテーション CJ2です。

6人乗りのビジネスジェットですが、2,687kmの航続距離を持つ飛行機です。全長・全幅ともに15mほどの本当に小さなジェット機です。

最後は再びガルフストリーム G650です。

ビジネスジェットと言えばガルフストリームという感じですね。

望遠の圧縮効果で背景の東京ゲートブリッジがとても近く見えます。

こちらもN650EHという”N”レジですので、アメリカ国籍です。

アメリカ合衆国デラウェア州北部に位置する商業都市のウィルミントンという町の銀行が所有するビジネスジェットのようです。

アメリカの地銀がこんなビジネスジェットを所有していて、日本に来ている?!

その地銀の投資先の企業が実際は使っているのでしょうか。

こんなに小さな飛行機でも離陸上昇時にはしっかり翼がしなっているんですね。

美しいです。

昔は、「自分もいつか企業の社長になって、会社を大きくしてビジネスジェットを持つぞ!」とか思っていたこともありましたが、そんな目標は夢に終わりつつあります。。。

こういうビジネスジェットを所有する会社って、ビジネスジェットを運航する以上の利益を得られているんですよね。投資対効果ということをどうしても考えてしまいます。

ビジネスジェットで日本に来る際にかかる費用以上のリターンが得られるんですよね。

どんなビジネスなんでしょう。

そういえば、昨日のTV番組で日本からニューヨークへの定期便のファーストクラスが100万円と紹介されていましたね。

ファーストクラスでニューヨーク往復すると200万円、大企業の役員クラスになればそんな出張もありでしょうか。そうなると、ビジネスジェットを所有して出張するのとどちらが安いんでしょうね。

まぁ、想像してもしょうがないですが、想像しちゃいます。

 

さて、今朝も早く目が覚めてしまいました。

昨日が4時32分で、今朝は4時31分。まるで日の出時刻が早くなっていくように目覚め時刻が早くなりました。ちなみに、今朝の日の出時刻は4時45分でしたので、日の出よりも前に目が覚めました。

日の出は4時45分ですが、4時半でもすでに外は明るくなっていました。

そして本日の日の入りは18時31分。

14時間近く太陽が見られる時期になってきたんですね。

 

そういえば、カンタスのBoeing747-400も2020年には退役になるとか。

離陸の撮影は夜中なので無理ですが、今の時期なら明るい空で写真を撮ることができますね。

撮っておこうかな。。。

今朝のQF25便の到着は5時22分でした。日の出から30分以上経っているので、朝日を浴びてアプローチするカンタスのジャンボを撮ることができますよね。

 

今日も1日良い天気になりそうです。風は日中は南風です。

引きこもっていないで、今日くらいは出かけようかな。。。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

1 2 3 4 5 6 1,778