スプリットシミタールウィングレットのBoeing737

18番目はユナイテッドのBoeing737です。

そういえば、この日はデルタのBoeing757は見られなかったですね。。。いつものグアム便、サイパン便。

その代わりに見られたのがこのユナイテッドのBoeing737でした。UA827便のグアム行きです。

まさか、デルタのBoeing757が成田からいなくなって、その代わりということではないですよね???

さて、このBoeing737のウィングレットはANAやJALのBoeing737とはちょっと違うんです。

よく見ていただくと、上にまだっているウィングレットとは別にした方向にも何かありますよね。

これがスプリットシミタールウィングレットです。

シミタール(Scimitar)とはペルシア語でシャムシール、「刀剣」を現します。

ペルシア時代の古いアニメなんかに出てくる大きく曲がった、半月刀ですね。

上と下に分かれた(スプリットした)ウィングレットをこうして横から見るとその半月刀に形状が似ていることからスプリットシミタールウィングレットと言うんでしょうね。

よく見ると上に曲がったウィングレットもこれまでとは少し違う形です。

グアムに向けて3時間半ほどのフライトの始まり。

JALのウィングレット付きのBoeing767がグアム便で飛んで行ったのに続いて、今度はBoeing737です。グアムは国内線よりもちょっと遠いくらいの海外なんですね。

中型や小型のジェット機で行けちゃうんですね。

ギア格納中。

成田からグアムまでのフライト、3時間半くらいの距離になるとこのウィングレットの効果って実感できるのでしょうか。

翼端抵抗が少なくなり、燃費が改善しているのでしょうか。

飛行機の形状がどれもこれも似たような形になっている現在、こうした小さな違いを見つけて喜ぶしかないんでしょうね。

Boeing787やAirbus A350のウィングレットもそれぞれ形が違っていて見どころ(?!)の一つになってます。

Boeing787はそのほかにもシェブロンノズルのエンジンや翼のしなり、つるんとした顔。

Airbus A350は狸のような顔。

そのほかの双発機は大きさ(長さ)が違うだけでどれもほぼ同じ形状で面白みはないですよね。

やっぱり4発機や3発機がいた頃のように、いろんな飛行機を楽しみたいと思っているのは私だけでしょうか。。。

 

今日はちょっと梅雨空に戻った感じの朝です。

あの、体力を奪うような力強い太陽光はありません。なんだかホッとしますね。

予想最高気温も久しぶりの30度以下?!

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

ウィングレット付きのJALのBoeing767

JALのBoeing767、ウィングレット無しは羽田空港でもよく見かけますが、ウィングレット付きとなると、成田でもまだ珍しい?!

そして離陸滑走も短く、あっという間にエアボーンしちゃって、ぐんぐんと上昇していく。。。

でもこれ、国際線なんですよね。

JL941便、グアム国際空港行きです。

10年ほど前だったか、グアムにJALで行ったときはBoeing747-400だったんですが、今はBoeing767なんですね。

斜め前から飛行機のローテーションからエアボーン、そしてイニシャルクライムを見るのが好き。

成田空港の北風運用時は時々それが見られるから良いですよね!

Boeing747であっても、貨物機だと時々あっという間に上がってくれます。

夏!

そんな感じの1枚。

まだ「入道雲」と呼ぶには弱弱しい雲ですが、モコモコ感は少しだけあります。

涼しげですよね。

最近の暑さに欲しい清涼感です。

今日の予想最高気温も31度。

何日連続で真夏日なんだ?!

ということで、成田空港展望デッキでの撮影、17番目はJALのグアム行きのBoeing767-300/ERウィングレット付きでした。

この中型の双発ジェット機で海を越えて3時間半も飛んで海外に行く時代になったんですよね。。。

ちなみに午前中に成田を出発して、3時間半でグアムに着いちゃうので、グアム到着は現地時間の15時過ぎ。

着いてからホテルにチェックインして、遊べる時間ですね。

グアムへは日本を離陸後、ほぼまっすぐ南下なので、時差は感じません。(実際は日本の+1時間ですが)

久しぶりにまた行ってみたいですね。

 

さて、本日は午前中は大学航空部のOB総会、その後は懇親会。

懐かしい方々と再開し、グライダー話などに花を咲かせる日になります。

 

それでは皆様、今日も良い1日になりますように!!

 

AIRFRANCEの優雅で力強いBoeing777

以前は「AIR FRANCE」だったのに、間のスペースがなくなり「AIRFRANCE」となったエールフランス。字体ももう少し太くて小さかったのですが、細くて大きなエレガントな感じの文字になりました。

「フランスの独自性や国際性を表すと共に、常に高品質なサービスを遂行する精神、飛行機による充実した旅の提供、乗客の安全と快適な空の旅、環境への配慮を示しているものである。」だそうです。

ん~、よくわからない。

エールフランスの飛行機は第1ターミナルの展望デッキで撮影していると、北側の駐機場からいつも「ヌぅ~」っとやってきます。

欧州便で長いBoeing777、もっと長く走るかと思ったら、目の前でローテーション!

お美しい・・・

そして「NARITA」を通り過ぎる前にエアボーンしちゃいました。

翼もBoeing787っぽく、ぐいっとしなってます。

優雅で美しい飛行機ですが、力強いテイクオフです。

この角度で見る翼が一番しなって見える?!

Boeing777-300/ERのレイクドウィングチップを持つ長い翼、翼端が胴体の高さを超えるくらいまでしなってます。

濃い緑の森を背景に上昇する白い飛行機。

機体前方の「AIRFRANCE」の脇のマーク、なぜ”赤”だけなのか? トリコロールじゃないのか?とおもっていたのですが、文字が青で機体が白だから赤だけにして、それらをひっくるめてトリコロールになっているんだ・・・と、気づきました。多分。

成田空港の午前中の常連、AF275便。行き先はもちろんフランスのシャルル・ド・ゴール空港。

12時間半を超える、長いフライトの始まりです。

この飛行機、わずか12時間後には地球をぐるっと半周したフランスの空港にいるんだ・・・と思うと、飛行機が地球を小さくしたんだと実感します。

太陽を追いかけるこのフライト、10時半に成田を離陸した飛行機は同じ日の16時頃にはシャルル・ド・ゴールに着陸します。ずーっと昼間のフライトです。12時間飛んで、時間は6時間しか進まない。不思議なフライトです。

昨日の朝、テレビの天気予報の天気図を見ながら、カミさんと「これは梅雨明けかもね・・」なんて話をしていたら、本当に梅雨が明けちゃいました。

まだ6月ですよ!

それでも梅雨前線は北に押し上げられ、夏のくそ暑い空気が関東地方を覆ってます。

今年は5月から夏日になったり、おかしな天気でしたが、そのおかしさはまだ続いているんですね。

この先はどうなるんでしょうか。

いつも関東地方の内陸部、熊谷などで39度!とか言ってますが、今年は東京23区や横浜でも39度!40度!ってなるんでしょうか。

30度を超えると、外に出たくなくなりますよね。

汗と一緒にやる気まで流れ出てしまう気がします。

昨夜は寝るときにもエアコンのタイマーをセットして寝たし、夜中にも暑くて起きちゃって、1時間タイマーでエアコンを動かしました。そして起きたら即エアコン、オン!

そして部屋の外はもわ~っとする暑さ。

この温度差も体力を奪うんでしょうね。

まぁ、文句ばかり言っていてもしょうがないので、前向きにこの暑さをなんとか楽しむようにしましょうか。って、どうやって楽しむ?!

 

それでは皆様、今日も良い1日を! そして良い週末を!!

 

あっ!航空身体検査の有効期限が過ぎちゃった・・・・ 更新に行かなきゃ。1年は短いですね。

1 3 4 5 6 7 1,198