サウジアラビアのAirbus A319

サウジ祭の最後、4機目はちょっと毛色・・・・じゃなくて、色がこれまでとは違う飛行機でした。

コールサインも「SAUDIA・・」ではなく、「VP-CMJ(ビクター・パパ・チャーリー・マイク・ジュリエット)」というレジ番号そのままでした。

でも、ATCのクリアランスを聴いているとやはり北京行き。来日するときも離日するときもサウジの王様と一緒だったので、やはりサウジアラビアの王様関係者なのでしょうね。

帰宅後に調べてみると、このVP-CMJの所有者はサウジアラビアのAviation Link Companyという会社です。VIP向けのチャーターフライトを運営している会社のようです。

機材はBoeing777、Airbus A320、Airbus A319を各1機、計3機保有しているようですが、今回はAirbus A319でした。

その離陸する様子をご覧ください。

まずはいつも通りに離陸滑走開始後から。

このA319のローテーションもすこぶる早かった! まさに短距離離陸、STOL機のようでした。

この角度、”斜め前”で既にエアボーンして上昇中。

すばらしい!!

最初、滑走路の端っこにいたときには、変な色のビジネスジェットがいるな・・・位に思っていたのですが、よくよく見るとA319じゃありませんか! これは撮らないと!と慌てて撮ったので、失敗写真が多く、これまでの3機とは違って、使える写真が8枚しかありませんでした(^-^;

ほぼ真横。かなり高いところまで上昇しています。

このAirbus A319、いわゆるA320ファミリーの一員で、A320の胴体を短くしたタイプです。

A330やA340は胴体の長さによってダッシュ番号が変わるのですが、A320シリーズは長くなるとA321で短くなるとA319・・・と数字部分が増減するんですね。

A320よりも胴体が約3.7m短くなってます。A319が33.8m、A320が37.6m、A321が44.5mとなってます。

それにしてもずんぐりむっくりでかわいい飛行機ですね。

ギアの格納中。

小さくてもちゃんとギア格納室のドアが付いています。

さあ、早く閉めて!

エアボーンが早かったので、みんなギアを格納した後の上昇する美しい姿を撮らせてくれました。

このA319も遠くに離れてしまってどうしようもならなくなる前にギアを格納し、この姿を撮ることができました。

この後の右旋回中の写真はダメでした(^-^;

なぜ、サウジアラビア航空の飛行機を使わずにこのAviation Link Companyのいわゆるビジネスジェットを使ったのでしょうね。

珍しい飛行機を見ることができたので嬉しいのですが、ちょっと不思議でした。

サウジアラビアの飛行機にしてはちょっというか、かなり地味ですよね。。。

 

ということで、以上でサウジ祭はおしまいです。

Boeing747-400からBoeing747SPで胴体が短くなり、Boeing757でさらに胴体も横幅も短くなり、最後はこの小型ジェット機Airbus A319になりました。

本当に楽しく、興奮し、感動した1時間でした。最初のBoeing747-400が動き始めたのが12時40分頃で、最後のBoeing757が飛んで行ったのが13時28分でした。本当に濃い1時間でした。

ちなみに、掲載順と飛んだ順番は違います。

Boeing747-400→Airbus A319→Boeing747SP→Boeing757の順番で出発しました。

私の好みというか、話の展開の関係(?)でこのA319の掲載を最後にしたことをお断りしておきます。

 

さて、昨日は天気が良かったので「橋」巡りをしてきました。

「横浜ベイブリッジ」から羽田空港を経由し、「東京ゲートブリッジ」を渡り、「東京ゲートブリッジ」を徒歩で”少し”歩いてからもう一度「東京ゲートブリッジ」を逆方向にわたり

、お台場で昼食&ウィンドウショッピングの後に「レインボーブリッジ」を渡ってきました。

「東京ゲートブリッジ」には歩道もあり橋のたもとにある昇降施設を使って昇り、歩くことができるんです。

我々もせっかくだから・・・と昇ってみました。

エレベータで昇るんですが、なんと8階の高さです!

そして実際に歩道を歩いてみると・・・怖かった。その一言です。

私は高所恐怖症の変形?!なのか、観覧車とか無防備な高いところが苦手なんです。

東京ゲートブリッジの歩道、手すりというか欄干はあるのですが、大人の胸位の高さまでで下をのぞき込めるんです。

のぞき込む?! とんでもない、とにかく怖かった。

欄干側を歩くことなどできず、めいっぱい車道側の手すりに引っ付いて歩きました。

そして橋の真ん中まで行くことはできず、途中で引き返しました。。。。

車で渡るときは平気だったのに、歩いては橋の真ん中まで行くことができませんでした。

羽田空港が南風運用の日は橋の真ん中の開いたところからRWY22にアプローチする飛行機がばっちり見えるのかもしれませんが、私には絶対に無理ですね。

本当に怖かった。

 

ということで、今日は成田空港に行ってきます。

カミさんが四街道に用事があって行くので車で送って行ってあげるんです。

四街道のすぐ先に成田空港があるので、ついでに行ってみようかと。

本当は今日は羽田空港が正解のような気がしますが。。。。

(政府専用機やスターアライアンス塗装のタイのジャンボが。。。。)

 

それでは皆様、良い1日を!!

サウジアラビアのBoeing757

サウジ祭、3機目はBoeing757でした。

今回のサウジご一行様、Boeing747SPとかBoeing757とかAirbus A319など普段はなかなかお目にかかることができない珍しいというか貴重な機材で羽田空港に飛来してくれました。

そしてほんの短い時間に一斉にその姿を拝ませてくれました。(待ち時間は長かったけど)

本当に素敵な1時間でした。

ということで、サウジのBoeing757です。

昨日までのBoeing747-400、Boeing747SPとは色がちょっと違います。垂直尾翼のマークの色も違います。また機体に描かれている文字も昨日までは「SAUDI ARABIAN」だったのですが、こちらは「SAUDIA」です。

コックピットの窓の下に書かれている「MED」これはレジ番号の一部です。

この飛行機のレジ番号は「HZ-HMED」。

MEDはMEDICALのこと。いわゆる”医療機”です。80歳を超える国王専用の「空飛ぶ病院」というわけですね。ご高齢ですし、宗教的な特別な事情もあるのかもしれませんのでこうした専用の医療機が常に随伴しているのでしょうね。

そしてこの医療機にも書かれてます。

「God Bless You」。

コールサインは「SAUDIA11」だったと記憶してます。

RWY34Rに向けて我々の目の前をタキシングしていきました。

羽田空港でBoeing757を見ることは稀です。

以前見たのは、2011年4月17日にクリントン氏(夫人)がアメリカの国務長官だったときに来日した政府専用機のBoeing757でした。

ANAのSTAR WARS JETと。

アンコリがピカっ! 医療機っぽい?!

離陸滑走開始。

これもきっと短距離離陸なんでしょうね! 期待が膨らみます。 ドキドキしながらファインダーをのぞき続けました。

ぐんぐんと加速。まもなく機首上げ速度になるのでしょう。ノーズギアは伸びきっているように見えます。

そしてローテーション。やっぱり早かった! いいぞ!!

エアボーンの瞬間。

まだ撮影していた第2ターミナルの展望デッキ北側の右手です。

エアボーンし、上昇を開始。

素敵なテイクオフでした。

東京湾の水平線を突き刺すように上昇。

日本の国内線、ANAのBoeing767を思わせる鋭い上昇です!

まだ斜め前です。

東京湾を航行する貨物船とサウジの医療機、Boeing757。

正面に来た時には地上の風景は見えず、真っ白な空のみが背景になりました。

すごい・・・・(溜息)

ギアを格納しています。

小さいんだから遠くまで行っちゃうときれいに撮ることができません。

はやくギアを仕舞って!!

ギアを格納し、上昇を続けるサウジのBoeing757。

ちゃんと撮ることができました!!

そしてこれも右旋回中の写真を。

さすがに小さな飛行機、昨日までのBoeing747とは違います。かなり限界(撮影の)に近いです。

VIPスポットにいたサウジの3機の特別機が離陸していきました。次の訪問地は中国の北京です。

で、この3機の出発の間にもATCには「VP-CMJ」のコールサインでのやり取りが入ってきてました。

サウジの王様ご一行、もう1機います。

その離陸まで撮影を続けました。

3月12日の来日の際には、夜になってしまい、撮ることができなかったサウジの王様ご一行の特別機。

天気も朝のうちは小雨混じりでしたが、その雨も徐々にやみました。

風が強く、北京行きということで機体重量も軽く、みんな軽々と上がっていってくれて、本当に素晴らしい写真を撮ることができました。

感動の1時間でしたね!!

明日は最後のAirbus A319「VP-CMJ」です。

 

今日から3連休の方も多いでしょう。

ぽかぽか陽気の3連休になりそうですね。

皆様、良い週末を! そして良い1日を!

1 2 3 4 5 1,644