航空大辞典

ライト兄弟がキティホークの丘で初めて空を飛んだのは1903年12月のこと。

12馬力の小さなエンジンで、59秒間で260mのフライトでした。

それから100年と少し経った今、空を飛ぶことは夢や冒険ではなくなり、身近なものになりました。

飛行機は数人乗りのプロペラ機からジェット機へとこの1世紀の間に大きく進化し、2009年の今、

Airbus A380のような巨大な飛行機が多くの人々を日々世界各地へと運んでいます。

その愛すべき飛行機達を、映像とその音、様々な資料、エピソードで描いていきたいと思います。

航空大辞典 コンテンツ

B747.pngBoeing747

B737.pngBoeing737
B727.pngBoeing727
DC10.pngDC-10
DC9.pngDC-9
L1011.pngL1011

それぞれ、”グラフィックス”と題した映像や、フライトプラン・安全のしおりなどの資料、写真などで飛行機の持ち味を堪能いただけるかと思います。

内容については、逐次情報を入手でき次第、更新していきます。

長い時間をかけて、航空ファンの財産になるような航空大辞典を目指しています。

黄昏のエアポート


映像:航空サウンド武田一男プロデュース作品

尚、記載されている内容については誤記・誤解があるかもしれませんが、それは全てAirmanに責があります。ご連絡を頂き、正確なものに訂正させていただきます。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Airman