SWISSの美しいAirbus A340

さくらの丘での楽しみは、大きな飛行機・重たい飛行機の離陸・上昇を目の前で見ることです。

小さい飛行機や軽い飛行機はかなり手前で上昇してしまい、見上げるだけになってしまいますが、ヨーロッパへ行く飛行機や4発機、Airbus A330はゆるゆる~っと上昇する姿を見せてくれます。

特にAirbus A340。

エンジンが非力?! 長い距離を走って、一生懸命に上昇しようとする姿は見ごたえがありますね。

左手の木立を通り越し、その南側から姿を現しました。-1-3747

スイスインターナショナルエアラインズのAirbus A340-300(HB0JMD)です。

カッコいいですね!きれいですね!4発機、イイですね!

この角度でギアが格納されていれば、言うことなしなんですけどねぇ。

-1-3753

以前はエンジンに描かれていたロゴは消えてしまっています。細長い白いエンジンもおしゃれです。

-1-3757

なかなか高度があがらず、ギアのドアも閉まらず。。。

「がんばれ!」と声を掛けたくなるような上昇です。

-1-3758

10時25分発のチューリッヒ行、LX161便。12時間35分のフライトに向けて飛び立ちました。

12時間?! 長いですねぇ。

-1-3759

ジャンボが見られると嬉しいですが、このAirbus A340も同じくらい嬉しいですよね。

やはり4発機が好きなんでしょうか。

”国際線”を飛ぶ飛行機という感じがします。安心感や安定感が感じられますよね。

もちろん、エンジンの信頼性や性能が向上したことで双発機でも安全性は担保されているのでしょうけれどもやはり2発と4発では、見た目で感じる安心感は違います。

燃費や騒音などを理由に4発機は減りつつあるのが残念です。

 

さて、梅雨空が続いていますが、そろそろ晴れた空を見たくなってきましたね。

昨日は運よく、通勤時や昼食時に雨に降られることはなく、傘は使うことはありませんでしたが、今日の午後は雨が降り、帰宅時には傘を使うことになりそうです。

週の中日、すでにへとへとです。

昨日はロシア人、中国人、日本人で集まり、英語で会話するというミーティングがありました。

本当に英語は世界共通語なんですね。

非常に疲れました(^^;)

英語、勉強しなきゃ。。。

土曜日まであと半分、がんばりましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。