飛行機を誘導し、出迎える

羽田空港の第2ターミナル、PBBではなくタラップにバスが横付けされ飛行機に乗り降りするスポットがあります。展望デッキの前に広がるエリアと、展望デッキからは見えないですが、第2ターミナルの北側、VIPスポットの並びのエリアです。そんなエリアのスポットに入る飛行機はマーシャラーさんに誘導されます。

今日はその様子をご覧いただきたいと思います。

スポットに入ってきた飛行機はANAのBoeing737です。(Boeing737やA320、時々Boeing767。小さな飛行機が多いです)

片手を垂直に上げ、片手を水平にする合図で飛行機が左折し、スポットに入ってきました。-1-0989

オレンジ色のパドルを持っているのがマーシャラーさん。その手前で水平に手を広げているのは車輪止めを設置したりする地上スタッフさん。

-1-0991

Boeing737はいわゆる”小型旅客機”の部類かと思いますが、それでもこうして人間と比べると大きいですよね。約160人の乗客と4・5人のクルーが乗っているのですからそれなりの大きさです。そんな飛行機を両腕の合図で誘導するんです。いつみても、「いいなぁ」と思ってしまうシーンです。パイロットとマーシャラーさんは言葉は交わせませんが、正しい位置に飛行機を止めるという一つのゴールに向けてつながっています。

-1-0997

飛行機はもう目の前です。飛行機はゆっくりゆっくりとマーシャラーさんの目の前を進みます。マーシャラーさんの視点で飛行機を見てみたいですねぇ。

-1-1004

大きく腕を上げて、パドルをクロスさせて飛行機が停止。ノーズギアはピタリと地面に描かれた線の上。所定の位置に到着です。

-1-1013

飛行機の離着陸を撮影していると”飛行機が”飛んでいるように見えますが、こうしてスポットに到着したり、プッシュバックされてタキシングを開始する飛行機を見ていると飛行機を”人が”動かしている様子が見え、そんな飛行機を動かす人たちのすごさを感じます。

どんなに大きな飛行機もそれを動かすのは人。多くの人の働きがあって、飛行機は出発し、目的地に飛ぶ。そんなことを感じられるのが今日のようなシーンです。

展望デッキにいると、今日の写真のようなスポットへの誘導シーンも見られるし、スポットで多くの支援車両に囲まれ、多くのスタッフに取り付かれて出発準備をするシーンも見ることができます。

空港での飛行機の楽しみ方の一つですね。

空港に行ったら、離着陸だけではなく地上での出発準備シーンや羽田空港にやってきた飛行機がスポットに入る様子をじっくりと見てみてください。いろんな発見があるかもしれません。

 

それでは皆様、良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。