羽田空港の風景 その2

羽田空港の風景の2回目です。

昨日の第1ターミナルの展望デッキでの撮影のあと、昔のD滑走路展望台跡に行ってみました。

しばらくは2重フェンス越しにRWY05から離陸するためにルート5をタキシングしてくる飛行機を撮影していたのですが、南側からRWY34Lにアプローチする飛行機が金色に輝いていてとてもきれいだったので、D滑走路側に少し移動して撮影したりもしました。

その時、ちょうど貨物船が目の前の桟橋に接岸するところに遭遇し、飛行機と絡めてさつえいしてみたので、それを2枚ほどご覧いただきたいと思います。

まずは、桟橋に接近する貨物船とD滑走路からの離陸待ちの飛行機2機。-1-6382

もう1枚。貨物船が桟橋と平行になり、ロープを桟橋と結び、そのロープを引っ張ることで横にスライドしながら桟橋に接近していきます。

その時、背後にはJALの長いBoeing777が。

貨物船の救命ボートに鼻先をくっつけるような絵。

-1-6384

そして背後を振り向くと、D滑走路展望台跡地とANAの整備工場の間にあるタクシーウェイを進む大きな飛行機が。

空港敷地の出入り口がそこにあり、常時、数名の警備員が見張ってます。

人やフェンスと飛行機の対比で、飛行機の巨大さが良くわかる1枚。

-1-6460

そのあと、BAのBoeing777の離陸を撮るために一時、第2ターミナルの展望デッキに行ったのですが、そこで見かけた風景。

これから出発する飛行機にトーイングカーを接続する前なのですが、女性のメカさんのしぐさがとっても可愛らしかったので。。。。

メカさんもタブレットでいろんな情報を見ながら作業されるんですね。

-1-6523

混雑する第2ターミナル展望デッキ前。

プッシュバックして、エンジンを始動してから、別のプッシュバック中の飛行機を待つスターアライアンス塗装のBoeing777と、到着してからスポットに入るためにプッシュバック中の飛行機を待つBoeing777。ANAのBoeing777のスリーショットです。

-1-6628

上の写真のプッシュバック中のBoeing777は手前の誘導路をノーズを南にして曲がり、奥の待機中のBoeing777と並びました。

-1-6641

再びD滑走路展望台跡地の脇の空き地から。

すぐ目の前のANAの整備工場の前には真新しいBoeing737とBoeing787が仲良く並んでいました。JA835AとJA80ANです。

JA835AはANAの34機目のBoeing787で撮影の5日前の12月18日に羽田空港にデリバリーされたばかりの新品!

そしてJA80ANも12月20日に羽田空港に到着したばかりの新品。ANAのBoeing737-800では丁度30機目にあたります。ANAの保有機でBoeing787がとうとうBoeing737-800を追い越しました。Boeing737ということではBoeing737-700も入れて43機なのでまだBoeing787よりも多いですが、-800のみだとBoeing787に追い越されたことになります。

-1-6805

その2機の垂直尾翼。

Boeing787の方が後退角というか、斜めの度合いが大きく、速そうですね。

それにしても新品のANAの飛行機の垂直尾翼、トリトンブルーが艶々と、ピカピカとしていてとても綺麗です。

Boeing787のAPUの排気口もまだ銀色に輝いてます。-1-6810

ということで2日間にわたって飛んでいない飛行機、というか、空港の風景を掲載してきました。

空港は1日居ても全く飽きません。飛行機の離発着も見られれば、このようにいろんな風景に遭遇し、ときどきは「へぇ~」とか「あっ!」と思うこともあります。

飛行機の周りで飛行機の運航を支援する方々の動きを見るのも好きです。

時間帯によって飛行機の色や雰囲気が変わったりして、その変化を見るのも楽しいです。

毎回、様々な発見や感動がある空港、これからも通い続けたいですね。

ということで、明日は成田空港に行ってみたいと思います。

今日中に家の年末の作業を終わらせなくちゃ!!

皆様も良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。