JALのBoeing787

JALのBoeing787が成田空港のRWY34Rにランディング。

普通のBoeing787の普通のランディングです。

何が楽しみか?

この後、このBoeing787が近くまでやってきてその姿を隅々まで見ることができるのが楽しみなんです。NR-9119

減速しながら近づいてきました。

いつみても思うのですが、JALのBoeing787は”太く”見えます。

NR-9131

ココを左折するのでしょうか。もう、目の前です。レンズは300mmに伸ばしたままです。

NR-9137

上の写真の誘導路を左折せずに次の斜めの誘導路に入ってきました。

NR-9143

再び300mmまでズームを伸ばして機首部分をドアップで撮ります。向こう側に見えている翼端がBoeing787らしいです。

NR-9151

真正面になった瞬間。

少しズームを引いて、ノーズギアをちゃんと収めればよかったのかもしれませんが、Boeing787を間近に見ているこの時はそんなことは頭に浮かばず、ひたすらドアップで撮り続けました。パイロットさんの表情もわかるほどの近さ!

太陽は横から弱弱しい光を機体に当ててくれてます。

右翼のメインギアに光が当たってます。NR-9156

正面からちょっと角度を変えたところ。胴体のピカピカ具合というかつややかさが印象的で、さらにノーズギアのライトとアンコリが光っているところが気に入って掲載。

NR-9159

メインギア!とシェブロンノズル。

ほぼアイドル状態で回っているエンジンからの排気でギアのドアや胴体部分にそのゆらゆらとした空気の影が映ってます。

エンジンの外側の端っこをこんな風にギザギザにすることで騒音が軽減されるなんて、いったい誰が考えたんでしょう。 NR-9172

内陸部にある成田空港、警備の関係で限られてはいますが、羽田空港よりも滑走路の近くに様々な撮影ポイントがあります。

今後、成田空港周辺の警備の必要性がなくなり、さらに撮影するポイントが増えてくることを期待します。

明日は以前の記事にも書いた通り、ヴァージンアトランティック航空が成田空港からヒースロー空港に飛び立つ最後の日です。撮りに行くつもりでいます。(天気と体調したいですが、、、)

羽田空港なら撮る場所はそれほど悩みませんが、成田だと悩みますよね。A滑走路での離着陸であることは確かなので、候補となる撮影場所は4か所ほど。

無難に展望デッキにするか、それともダイナミックなテイクオフシーンを狙うか、ギアを格納した上昇シーンを横から狙うか、斜め前からテイクオフ・クライムシーンをじっくり狙うか。。。。

明日はきっと多くの航空ファンで成田空港はにぎわうでしょうね。

それでは皆様、良い週末を!

今日はすっきりと晴れますが、お昼頃は強い北風になりそうです。

お気をつけて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。