one world塗装のキャセイパシフィックA330

離陸・上昇シーンの撮影は飛行機の上昇に合わせながら体の向きを120度くらい振りながら行います。光の加減も向きによって異なります。スピードもあります。飛行機は300km/hほどの速度で飛んでいるんですから。

ある決まった位置でとればいいじゃないかと思うかもしれませんが、離陸・上昇シーンはどの一瞬を切り取っても飛行機好きには良いシーンばかりなんですよね。(私だけかもしれませんが)

今回も全部で11枚撮影した中から5枚を選び出すのに相当悩みました。7枚までは比較的順調に絞り込んだのですが、そこから2枚落とすのに悩んだんです。

背景に地上の建物や景色が入っていれば、「○○を背景に上昇!」とか言って残せるんですが、今日のような”空”ばかりでは、コメントのしようもありません。

ということで残った5枚を上昇する飛行機を首を回しながら見る感じでご覧ください。

飛行機はキャセイパシフィックのone wolrd塗装のAirbus A330です。

まずは斜め前から。NR-2507

そしてほぼ真横。

ところで、one worldはなぜ全部小文字なんだろうか。。。

STAR ALLIANCEもSKY TEAMも大文字なのに、one worldは小文字。そしてoneだけ太字。

これは”一つ”という言葉を強調しているのでしょうけれども。

NR-2509

”やや”斜め後ろから。この角度で見る主翼がいいんですよね~。向こう側に見える主翼の位置も良く、バランスが良い。

NR-2512

斜め45度くらい後ろから。この角度になると全体のバランスは悪くなります。

が、Airbus機の美しい主翼後縁やおしりが美しく見えるんです。

NR-2513

そしてギア格納後。主翼上面越しにone worldの文字も見えます。

「後追い」といわれるシーンですが、上昇する飛行機を後ろから見るのって結構好きです。

NR-2515

 

似たような写真ですが、それぞれ見るポイントがあり、捨てられない5枚でした。

最近、jpegではなくRAWで撮るようにしたんです。現像するパソコンを大幅にパワーアップしたので、現像できるようになったので。

そうするとこれまでのように連写を繰り返さなくなりました。最大枚数が大幅に減ったし、なによりも1枚のサイズが大きくなり、SDカードへの書き込み時間が長くなり、連写そのものができなくなったからです。なのでこのキャセイの写真も11枚”しか”撮りませんでした。落ち着いて、「ココ!」という場所でシャッターを押しての撮影でした。

撮影するときの意識が少し変わりましたね。これまでは連写した中で良いのがあればいいなという気持ちが少しあったと思いますが、RAWでとるようになってからは1シーンづつ大事に撮るようになった気がします。ファインダーを見ながら「ココ、かっこいい!」と思うシーンを逃さないようにフレームにちゃんと納めながらシャッターを押すんです。

RAWで撮影しているから、現像の幅も広がった気がしますし、ブログ掲載用にサイズを小さくしても画質がやや上がった?気がします。

 

さて、我が家の次男の大学受験も志願していた試験が昨日ですべて終わりました。あとは結果を待つのみです。

どれか一つでも引っかかってくれればよいのですが、場合によっては後期試験を申し込まなければなりません。

また、検定料が。。。。

10日と14日が合格発表の日。今週はドキドキしながら過ごすことになりそうです。

とりあえず、今日は「お疲れ様」の回転寿司でもごちそうしてあげることにします。

それでは皆様、良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)