アメリカンに大接近

昨日のデルタ航空に続いて、本日はアメリカン航空です。

航空会社の規模を示す指標、「旅客輸送数及び旅客キロ数」で世界一の航空会社です。ちなみに昨日のデルタ航空は世界第3位です。第2位はユナイテッド航空です。

じゃあ、明日の記事はユナイテッド航空かというと、残念ながら違います。今から言っておきますが。。。

デルタ航空やユナイテッド航空はBoeing777やBoeing747で成田に飛来しますが、アメリカン航空はかたくなにBoeing777オンリーです。世界最大の航空会社なのですが、Boeing747を持っていないんですよね。。。

ということで、そのアメリカン航空のBoeing777のアプローチシーンから。

先に到着した春秋航空日本のBoeing737の向こう側、RWY34Rにアプローチ。NR-9240

トリミングはしてますが、滑走路の南側への接地の瞬間を滑走路のこちら側(北端付近)から撮影することができます。短い滑走路のおかげです。

NR-9251

ややつんのめりながら減速。滑走路が短いので減速も力いっぱい?!

NR-9260

アメリカを象徴するデザインのアメリカン航空。機首部分の「American」の前に描かれたロゴはアメリカの国旗に使われている色でデザインされたイーグル(鷲)。かっこいいロゴです。

NR-9262

撮影場所の横を通過するとき、Mr.Pilotと目が合いました!!

手を振れば良かった。。。。

NR-9263

夕日を受けて金色に輝く機体、美しいです。

NR-9267

主翼の下面が鏡のようで、その美しさに見とれて掲載。

エンジンにも夕日が写ってます。

朝の撮影と同じように、夕方の撮影も楽しいです。

NR-9271

しつこくもう1枚。主翼下面のフラップガイドのケースにも夕日が当たってます。メインギアにも。

NR-9274

JetstarのA320のアプローチを見ながら誘導路を進むアメリカン航空のBoeing777。長いフライトを終えた安堵感を感じます。お疲れ様でした。スポットに到着するまでがフライトです。。。

NR-9284

アメリカン航空は1度だけ乗ったことがあります。まだ前の塗装でピカピカのおなかだった頃です。アメリカ西海岸のサンノゼ、シリコンバレーの最寄りの空港に成田から直行できるのがアメリカン航空だけだったんです。サービスについては書くまでもなく、まぁ、アメリカらしいものでした。当時はまだ喫煙席が機体後方に数列だけあって、そこに人が集まってタバコを吸ったことを思い出します。(機体後方が霞んでいました)

昔は飛行機の中でふつうにタバコが吸えたんですよね。機内清掃のアルバイトをしていたころ、その灰皿の掃除を担当していたことを思い出します。30年も前のことですが、その頃は”禁煙席”が少なかった記憶があります。時代が変わったんですね。そういえば、シートベルトサインの横の禁煙サインもきっと当時の名残ですね。

新しい機材にも禁煙サインってあったっけ?

 

それでは皆様、良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)