Boeing787-9のテイクオフ

ANAやJALでBoeing787を採用し、日本の空を飛び始めてから3年と3か月余りが過ぎました。

羽田空港ではもはや珍しい存在ではありません。「787」と書かれたBoeing787と書かれていないBoeing787が混在して離発着を繰り返しています。

が、

それはBoeing787-8の話。昨年の8月にデビューしたBoeing787-9はまだ珍しいというか、「おっ!」と思わせてくれる存在です。

私もまだその離陸シーンはほとんど撮影していませんでした。

とても風が強く、東京湾の海面が白く砕けていたこの日、そのチャンスが巡ってきました。

ANAのBoeing787-9の初号機、JA830Aのテイクオフです。

まだ1年経っていない新品の飛行機、艶が違います。

NR-1729

海面がすごいことになっています。こんなに白波が立つ東京湾、久しぶりに見ました。

これだけ風が強いと、離陸滑走距離も短いんだろうな。。。と思いながらシャッターを押します。

確かに、この日のBoeing767やBoeing737はグライダーのウィンチ曳航のような離陸を見せてくれてました。ちょっと長くなったBoeing787-9はどのくらい走るか?!

NR-1731

結構長い距離を走ってくれました。が、東京ゲートブリッジやましては東京スカイツリーと絡むほどではありませんでした( ;∀;)

目の前でローテーション!

NR-1735

主翼をはばたかせながらエアボーン。機首を引き起こしたというよりも、自然に浮いたというような感じのエアボーンでした。

NR-1738

強風が吹き荒れたこの日、遠くに筑波山が見えました。Boeing787-9の機体後部の向こう側にうっすらと見える山が筑波山です。

NR-1740

このJA830Aには「TOMODACHI」のステッカーが貼られています。

ところで、Boeing787-8とBoeing787-9はどこで見分けるか?!

違いはその長さなんですが、長くなったからと言ってBoeing777-300のようにドアの数が増えているわけでもなく、ただなんとなく「長いから-9?!」という感じです。

あえて言うなら、機体前部の窓の列、途中に空白があって4つ追加されているのがBoeing787-9。。。。

NR-1741

Boeing787-8はちょっとずんぐりした感じがしましたが、Boeing787-9はスマートでかっこいい飛行機!って感じですね。

NR-1745

Boeing787にはさらにストレッチされたBoeing787-10があり、ANAも発注しています。

いつごろデリバリーされるのかまだわかりませんが、楽しみですね。Boeing787-10はAirbus A350に対抗して作られた飛行機だそうです。JALのAirbus A350より早く導入されるのでしょうか。。

あと楽しみにしたいのは、このBoeing787にいつスターアライアンス塗装が登場するのか?!ですね。

保有機数に対する割合が決められていて、既にスターアライアンス塗装になっているBoeing737、Boeing767、Boeing777がいまだに元気に飛んでいるので、Boeing787がスターアライアンス塗装で登場することはまだしばらくないのか? Boeing787がどんどん増えてきているので、そろそろ登場するのか?

見たいなぁ。

 

それでは皆様、良い1日を! とっても寒いし、東京でも雪の可能性が報じられています。お気をつけて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)