JALのBoeing767のテイクオフに注目!

今日もまたJALの飛行機の離陸シーンになります。(最近、なぜかJALが多い。。)

まずは珍しくBoeing767が東京スカイツリーと絡んでくれました!

機体はJA8365、1990年登録のかなり古いBoeing767-300です。NR-5593

こちらのBoeing767もゆるゆるとした面白いイニシャルクライムで、東京ゲートブリッジと絡んでくれました。ANAのBoeing767と上がり方が全く違います。航空会社によってこんなにも違うものなのでしょうか。ANAのBoeing767はロケットのように単距離の加速でパッと上がって、急角度でグングン昇るという感じなのです。NR-5601

そんなゆるゆると上昇するJALのBoeing767ですので、ドアップで迫ってみたくなりました。

別のBoeing767のテイクオフでドアップ撮影に挑戦!

短い主翼ですが、しっかりとしなってます。この角度が良いのか。。。NR-5614

主翼の前縁の延長線上に私がいます。翼端がぐいっと持ち上げられている感じに見えます。この角度が良いのか。。。NR-5616

主翼の後縁が良く見えるこの角度が良いのか。。。 と悩んだ末に3枚のよく似た写真を掲載する羽目になりました。どの”つばさ”も目が離せず、良いので。NR-5617

そして飛び去っていきました。こちらはJA657Jという登録番号からもわかる通り、比較的新しいBoeing767-300ER、国際線ですね。NR-5619なかなかBoeing767もカッコいいじゃない!と思った次第です。

長いこと見てきた、たくさんいる飛行機ということで、これまでは”ただ眺めるだけ”だったのですが、この日はこのゆるゆるとしたテイクオフに引っかかり、がっつりと撮影してみました。

Boeing767もBoeing737同様、昔から進化し続けているロングセラー機ですね。

初めてグラスコックピットとなった飛行機、丸い計器がたくさんあったそれまでの飛行機のコックピットとは全く違うコックピット、四角いCRTがパイロットの前に並ぶそのコックピットには胸をときめかせました。

そして二人のパイロットでの運航が一般的になったのもこのBoeing767からでした。今では当たり前なのですが、当時はびっくり、がっかりしたものです。(がっかりしたのは、視力が悪くなった私がコックピットに乗務できる唯一の道、航空機関士という役割がなくなったためです)

今でもウィングレットを装備したりしながら、進化しているBoeing767ですが、Boeing787との入れ替えが進んでいるようです。ANAもJALもひっそりと退役を進めているようです。

 

今日は華金、今日の仕事を終えたらゴールデンウィークという方もいらっしゃるのでしょうね。羨ましいです。

数日前から気温もぐんぐんと上がり、春らしい陽気になってきましたね。

明日あたり、成田空港に行きたいと思ってます。(晴れますよね?!)

皆様、今日も良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)