東南アジアの飛行機たち

マレーシア、フィリピンと東南アジアの”暑い”飛行機が続いたので、予告通り、本日はインドネシアの航空会社と、この日に撮影したほかの東南アジアの国々の飛行機たちの写真を掲載しちゃいます。と言っても、シンガポールとタイの2か国ですが。

まずはインドネシアのフラッグキャリア、ガルーダインドネシア航空のBoeing777から。

あんまり長く見えないのですが、これでもBoeing777-300/ERなんです。デザインのせいでしょうか。NR-6524

これほどバッチリと「NARITA」の植え込みと一緒にとれた例はあまりありません。本当はもうちょい飛行機が上だと良かったのですが、まぁ贅沢は言いません。「NARITA」の文字と同じくらいの大きさの機体はBoeing777とかAirbus A330以上なのですが、そのクラスの飛行機がこの場所でこの高さになっていることがあまりないのですから。NR-6526

昨日までのフィリピンやマレーシアの機体は南国の”暑さ”を表現したような色使いでしたが、お近くのインドネシアのガルーダは、南国の”海”の色をベースにしたデザインでとてもさわやかです。ガルーダ(ガルダ)はインド神話に登場する炎の様に光り輝き熱を発する神鳥なので、”赤”というイメージが強いかもしれませんが、そのガルダも青く描かれていますね。NR-6528

早くエアボーンした割には、ギアの格納は遅かった。。。 NR-6529

続いては、マレー半島の南端、マレーシアの南、インドネシアの西に位置する島国、シンガポールのフラッグキャリア、シンガポール航空です。こちらもBoeing777-300/ERです。

こいつのローテーションは遅かった。。。やはりシンガポールは観光地として人気が高く、お客さんがたくさん乗っているのでしょうか。NR-6643

ようやくエアボーン。エンジンからのブラストの中(というか、向こう側)にパトカーが! 良い場所で飛行機の離陸を見ていますね! なにそれ。NR-6644

ゆるゆるとした上昇。このシンガポール航空も垂直尾翼に描かれたロゴマークは鳥のようですが、何の鳥なんでしょうか。。。

調べてみると、実在する鳥、例えば国鳥とかではなく、シンガポールの名物(?!)であるマーライオンと鳩をシンボライズしたデザインのようです。シルバークリスって呼ばれているようで、シンガポール航空のラウンジの名前とかに使われてますよね。NR-6646

もう一度、警察車両と。あの小屋が警備員の待機所というか、休憩所なんでしょうか。NR-6647

最後はタイのフラッグキャリア、タイ国際航空のAirbus A330です。タイは先日、A380を掲載したのですが、このA330の写真だけ残しても。。。と思ったので、航空会社としては再掲になりますが、まぁ、東南アジアの国つながりということで改めて見てみます。NR-6753

このかかと立ちになった、エアボーン寸前の飛行機の斜め後ろ姿っていいですよね!!

息を止めて見てしまいます。NR-6754

そしてその数ミリ秒後、エアボーン直後の飛行機。前後・左右の世界から上下を加えた世界へ!揚力が重力に打ち勝った瞬間。NR-6755

Boeing777を見た後のAirbus A330、本当に美しいですねぇ。この飛行機を掲載すると必ず書く「美しい」という言葉、最近、Airbus機の掲載頻度が高く、「聞き飽きた」と思われるかもしれませんが、Airbus A330やA340を見るたびに思うんですからしょうがないです。NR-6759ということで東南アジア諸国の飛行機たちでした。4月25日の成田空港で撮影した写真。へんてこりんなベトナムに始まり、タイのA380をご覧いただき、その後はマレーシア・、フィリピンと続き、本日はインドネシア、シンガポールそして再度タイという形になりました。

4月25日撮影の東南アジアの飛行機は以上です。

いずれの国の飛行機もその国を連想させるデザインになってますよね。赤道近くの”暑い国”を思わせたり、南国の”海”を連想させたり、はたまた”仏様”を連想させたり。

JALは鶴丸ということで、日本を連想しやすいのですが、そういえば海外でANAを見た人は日本を連想するのでしょうか。。。。ANAのトリトンブルーの意味ってそういえば考えたことがなかったなぁ。

 

さて、本日は5月の第2日曜日で「母の日」です。

妻は妻であって、母ではないのですが、毎年「母の日だよ、何か無いの?」と言われます。「母の日」=「女性の日」と考えているようです。子供たちの母の日のプレゼント代は私の財布から出てるのに。。。。お小遣いから出せよな。

今日は天気も良いし、どこかに出かけようかな。

それでは、皆様、良い1日を!!

 

One comment

  • Airmanさんこんにちは。

    私も「NARITA」の文字と飛行機の上昇のツーショットを何度かチャレンジしたことがありますが,なかなか良いタイミングに遭遇できません。何機か粘って撮影しているうちに4歳の子供が飽きてしまい,結局撮れずじまいであきらめて帰るのが日課になっていますw
    私はインドネシアにちょっとした縁がありまして,年に1回程度同国を訪れています。ガルーダインドネシア航空のB777-300ERは同社初の777で,導入当初から日本路線に投入されていますよね。それだけ日本路線が重視されていることに日本人としてうれしい限りです。昔は事故が多くて世界でもっとも危険なエアラインなどと不名誉な称号を付けられたものですが,ここ最近はSKY TEAMにも加入したし,それだけ信頼度や安全性が上昇し国際的に認知されてきた表れなのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)