ガルーダインドネシア航空、Airbus A330@羽田空港

羽田空港でガルーダインドネシア航空の飛行機のテイクオフを撮るなんて、かなり久しぶりです。

ん?初めて?

とにかく、無事にお気に入りのシーンを撮影することができたのでご覧ください。

いつもの5点セットです。

まずは離陸滑走開始直後。ちょっとメラメラ。。。NR-8140

さすが国際線、しかもAirbus A330、ココでは前輪を持ち上げません。NR-8142

ようやくローテーション。翼がしなって重たそうです。工場の煙突がぽつぽつと見えてきました。ここからゴチャゴチャした工場群に背景が変わっていきます。NR-8148

おっしゃ~!という感じでした。この背景でこのシーンを撮りたかった。という1枚。

それにしても真夏に見ても涼しげな素敵なデザインですよね。ロゴや垂直尾翼の青は本当にうまいこと「海」を表現していると思います。NR-8151

煙を吹きだす煙突・煙突・煙突。羽田空港らしいシーン。この日のお気に入りの1枚です。NR-8152羽田空港で見るガルーダインドネシア航空のAirbus A330、とても新鮮でした。

昼間に出発することは知っていたし、これまでも目撃していましたが、遠くのRWY05からの離陸を眺めていただけでした。

季節が変わり、南風運用の日が増え、これからはこの離陸シーンを楽しめる日が増えますね。

この日、このガルーダインドネシア航空の写真を撮影直後に、第2ターミナルに大急ぎで移動しました。ちょうどこいつが離陸するのと時を同じくしてルフトハンザのAirbus A340がRWY16Lに向かってタキシングを始めていたんです!

競争です。

運が良ければその離陸を第2ターミナルで撮影できますし、エレベータのタイミングが悪かったりして移動途中に「待ち」が発生したら、負けます。

で、結果は「負け」でした。先行の離陸機もなく、移動してそのままラインナップし、すぐに離陸していってしまいました。それは移動途中にFlightRadarで見えました。。。

まぁ、ルフトハンザのAirbus A340のテイクオフは風向きにかかわらずC滑走路からの離陸を1年中見ることができるのでいいか。

今日も暑くなるようです。

私は昼間は昼食を買いに外に出るだけであとは室内なので、その暑さをあまり実感しないのですが、夏日?真夏日?になるようですね。

屋外で活動される方、熱中症にお気を付けください。

それでは良い1日を!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。