JALのERJとCRJ@羽田空港

羽田空港ではBoeing737やBoeing787が大活躍している昨今ですが、小さな飛行機も時々飛んでいます。JALグループのJ-AIRのERJ-170やCRJ-200です。

特にERJ-170は羽田空港でもよく見かける飛行機です。有名なのは朝のハミングバード。3機のうち1機はこのERJ-170です。

南風運用の第2ターミナル展望デッキ。

16Lを離陸するERJ-170を撮影したのですが、やっぱり遠い。。。

第1ターミナル展望デッキでハミングバードを撮るときには小ささはあまり気にならないのですが、第2ターミナルは滑走路が遠いので、小ささが気になります。今日の写真もかなりトリミングしてます。

ということでまずはERJ-170の離陸シーンから。

東京湾を航行する船と、エアボーンしたての飛行機。NR-5043

滑走路わきのオレンジと黄色が鮮やかです。

黄色い車はバードさんが乗って、巡回する車!?NR-5047

目の前でもうこの高さ!

綺麗な横顔ですよね。NR-5050

ギアを格納して上昇するところまで撮影することができました。

ブラジルのエンブラエル社のヒット商品というかヒット飛行機、ERJ-170。NR-5056

続いては当ブログ初登場じゃないか?!

ボンバルディアのCRJ-200です。最近、伊丹空港で撮影したIBEXのCRJ-700の兄弟ですね。

IBEXのCRJ-700よりも6mほど短く、あちらは70人乗りですが、こちらのCRJ-200は50人乗りです。NR-7475

ERJ-170よりも更に小さなCRJ-200。

対岸の東京ディズニーシーもこんなに大きく見えます。この飛行機、全長は26.8mしかありません。NR-7479

窓の数も少なく、ビジネスジェットのようですよね。乗降口のドアもかなり胴体の側面を覆うような感じです。機内は大人が立ってるけるギリギリの高さじゃないかな。。。NR-7481

早くエアボーンしたのになかなかギアをしまおうとしません。

東京ゲートブリッジが見え始めたのですが、CRJ-200の写真はここまででした。NR-7482羽田空港でも小さな飛行機が活躍していましたね。

伊丹空港のように滑走路に近くなく、大きな飛行機ばかりが目立つので、ついつい見逃しがちになるERJやCRJ。ともに”RJ”とつくことからわかるように、いわゆるリージョナルジェットなんですよね。リージョナルジェットとは単距離輸送用の飛行機でターボファンジェットエンジンを搭載した飛行機の事です。50から100程度の席数で必要な滑走路が短く、低騒音な小型ジェット機です。

日本の国土に合った飛行機かもしれませんね。

 

今日は、金曜日。ようやく金曜日になりました。

雨で始まった一日で、ちょっと憂鬱な気分ですが、今日はまずは客先に出かけます。

元気に明るくいかなくちゃ。

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。