ソラシドエア、Boeing737のテイクオフ

私はどちらかといえば、というより、かなり”離陸”好きなので、冬の間はまず撮影することが無いソラシドエアの飛行機。

なぜならソラシドエアは羽田空港よりも北側の空港へは就航していないので、冬の間、北風運用の日は、ほぼRWY05からの離陸になってしまうからです。

そして南風運用の日が増えてきた最近、久しぶりに撮りました。

ということで、たまってきたソラシドエアのBoeing737の離陸シーンをたっぷりとご覧いただきたいと思います。

まずは、JA812Xから。今年の3月に登録されたまだ新しいBoeing737-800です。ソラシドエアの塗装をした初号機、ソラシドエアとして最初に導入した新造機であるJA801Xから数えておそらく13番目のBoeing737-800。NR-1493

続いてJA806X。

ノーズギアを持ち上げ、離陸しようとした瞬間、Boeing787とツーショットに。顔つきが全然違いますね!NR-1713

このJA806Xの機体後部にはラッピングが施されていました。

「天草を、ニュースにしよう」、「天草 Dream Year 2016」

天草の魅力である空・海をイメージした”Visitあまくさプロジェクト”のオリジナルロゴマークとキャッチフレーズが描かれています。

「天草」って、名前は有名だけど、意外と知らない場所です。私もキリシタンの天草四郎時貞という名前を昔、歴史で習ったくらいの覚えしかありませんでした。

どんなところなのでしょうね。。。NR-1716

お次はJA805X。

特に何もありませんが、ソラシドエアのBoeing737-800の離陸をどアップで撮影したのはおそらく初めて?! 珍しいと思いますので、撮った分は掲載しちゃいます(^_^;)NR-1889

なかなか斬新なデザインですよね。新しい感じがする飛行機です。NR-1892

こちらはJA808Xがノーズギアを持ち上げ始めた瞬間。NR-2310

このJA808Xのラッピングは「沖縄 やんばる」・「花めぐり」でした。

ソラシドエアの飛行機には上に載せた「天草」もそうですが、地域やキャラクターをラッピングした飛行機が沢山あります。「空恋 ~空で街と恋をする~」ということで自治体の名称やキャラクターをラッピングする地域振興プロジェクトなのだそうです。

この「沖縄 やんばる」は「癒されたいなら、沖縄へ。もっと癒されたいなら、やんばるへ」というキャッチフレーズで沖縄本島北部に位置する7市町村と「チーム沖縄やんばる」、そしてソラシドエアがコラボレーションしたものです。やんばる花めぐり号と呼ばれています。

やんばるの花々でハートを描いたデザインをあしらい、沖縄本島北部に訪れた観光客の心に花を咲かせたいという思いが込められているとのこと。NR-2323

沖縄に行きたいですねぇ。これから沖縄の季節ですねぇ。

昔は3年ほど続けて沖縄に旅行してましたが、そのうち2回は台風にぶつかりました。

それでもあの海の色は忘れません。NR-2333

最後はノーマルの離陸シーンの撮影。

機体はJA801X、ソラシドエアデザインとなったBoeing737-800の初号機です。NR-7882

ルフトハンザのAirbus A340と。

垂直尾翼のデザインがとても良いですよね。

笑顔にも見えますし、向き合った親子にも見えます。色もとっても優しいグリーンです。NR-7883

この飛行機の離陸のため滑走路横断を待機しているJALのBoeing737-800を眼下に、上昇するJA801X。

南風運用の16R上がりの写真を今日は掲載しているのですが、工場を背景にした写真は今日2枚目。。。NR-7885

ソラシドエアのBoeing737-800、みんなエアボーンが早いし、勢いよく上昇していくのでなかなか工場群が背景になりません。。。NR-7886ソラシドエアというブランド名を導入したのは2011年7月の事。英字表記だと「Solaseed Air」。

このブランド名は「空から笑顔の種をまく」そして、「お客様にとっての空の旅が笑顔の花で満たされる」ことを願うという思いが込められているそうです。

このブランドのコンセプトがとても素晴らしいので掲載させていただきます。

「空から笑顔の種をまく」

私たちのセールスポイントは、笑顔です。
人と人が出会い、心がうちとける時、人は自然と笑顔になります。
つまり安心と信頼こそが笑顔の原料なのですね。
いつも温かく、明るく、元気な笑顔でご搭乗いただくお客様をお迎えしたい。
そしてお客様にも、いい笑顔になっていただきたい。
再会の喜びの笑顔、まだ見ぬ人との出会いの笑顔。
そんな笑顔の種をまき、日本中に笑顔をひろげていきたい。
それが私たちの願いです。
私たちは、九州に生まれた航空会社です。
九州には様々な文化が入り混じり、
多様な個性を受け入れながら、共に発展させてきた寛容さと温かさがあります。
生まれも育ちも考え方も、それぞれ異なる個性を、
柔らかく受け入れることができるとき、私たちは共に生きる喜びを手にします。
響き合う生命を感じます。
笑顔は、共に活かし合う私たちに、言葉を超えた「心と心の会話」をプレゼントしてくれます。
九州から日本へ、そして世界へ、笑顔の花を咲かせよう!
いつの日かきっと、笑顔で世界中の人々はひとつになるでしょう。
どこまでもひろがり、やがてひとつにつながるこの空のように。
私たちはソラシド エアです。

(出典:ソラシドエアプレスリリース(2011年5月12日)より)

ソラシドエアはブランド名であり、航空会社名はスカイネットアジア航空株式会社でしたが、今年の12月からソラシドエア株式会社に商号変更することが決まりました。「New Sky」というコールサインも変わるのでしょうか。。。

今日は先ほどまでは雲が多かったのですが、だんだんと青空が広がってきましたね。32度以上の真夏日になるそうです。

熱中症や水の事故に気を付けてお過ごしください。

良い1日を!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)