KOREAN AIRのBoeing747-400

韓国のジャンボつながりで本日はKOREAN AIRのBoeing747-400です。

撮影場所は変わってさくらの丘。

上昇する姿を、見る角度を少しづつ変えながら、じっくりと観察してみます。

まずは斜め前からギアを格納中のジャンボ。

やはり韓国行きということでエアボーンは早かったようで、さくらの丘から見えるようになった時点で既に高度は高く、ギアも格納中でした。NR-5168

おっ!空港上空を横切るヘリコプターが!

大きなジャンボと一緒だと、ヘリコプターには失礼かもしれませんが”ハエ”のように見えます(^_^;)NR-5174

垂直尾翼が完全に見えるようになった斜め前からの上昇する姿。ギアの格納も終わっていて、理想の1枚です!ちょっと高度は高めですが。NR-5178

ほぼ真横からも1枚。カッコいいですね!!

ちゃんと機体前部の「KOREAN AIR」が見えるのでよし。

ジャンボ!

Boeing747-400!

Boeing747-8もカッコいいけど、全体のバランスやウィングレットがついているところを考えるとBoeing747-400の方がカッコいいです。NR-5186

斜め後ろから。

ココで機首部分のどアップ(機首とエンジンと翼端を入れるいつものカット)にしようかと思ったのですが、真っ青な空を上昇するジャンボの姿があまりにも美しく、そのまま全身を撮り続けました。NR-5195

翼を広げて上昇するジャンボ、美しいです。真っ青な空が背景で、飛行機が引き立ちます。NR-5201

最後はうっすらとした白い雲が下方に広がり、雲の海の上を飛ぶジャンボといった感じ。

後ろからですが、「KOREAN AIR」もちゃんと見えるお気に入りの角度の一つ。NR-5203午前中は雲が多めで、第1ターミナルの展望デッキからは白い空とメラメラで”きれいな”飛行機を撮ることができずにいましたが、午後になりさくらの丘に移動してからはこのようにメラメラもなく、青空を背景に上昇する飛行機を撮ることができました。

センチュリオンの上昇シーンは間一髪で・・・逃しましたが、こうして真っ青な空を上昇するジャンボを見ることができたので、まぁ、良かったです。

 

さて、この間、会社で”ビジネス力強化コース”という研修があり、話を聞いてきました。若手向けの研修でどちらかというと保護者的な感じで講師の話を聞いていたのですが、とても良い内容でした。

一貫していたのは常に「相手のことを考える」という姿勢でした。

声の大きさや力で相手に何かを”させる”というのは、ストレスを与えるし、あとになって「●●さんに●●させられた」という結果を生みがちです。

そうではなく相手の行動を呼び起こすような話し方をする、要は、相手をその気にさせることがとても大切なんだという話でした。

相手がどう考えるか、相手の立場ならどう行動するか、、、相手の事をちゃんと考えて行動し、会話をすることがWin-Winになるという話でした。

日常生活もそうですよね。

お客様に対してだけではなく、社員、身内についても同じだと思います。

「●●して良かった」となると、その行動は継続します。

 

皆様、今日も良い1日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。