シンガポール航空のAirbus A380

この間の日曜日、成田空港は大賑わいでした。

シンガポール航空が建国50周年を記念してA380に特別塗装を施したのはニュースになっていて、8月の3日・4日・6日・7日に成田空港にやってくるということはわかっていたのですが、フライングで7月26日にやってきたのです。

残念ながら私は行けませんでしたが、家でライブカメラでその到着の様子は見ていました。
着陸後のタキシングの様子その1です。空港の北側を写すライブカメラより。SQ3続いて空港南側を写すライブカメラから。SQ4

ライブカメラへのリンクは当ブログの右のサイドバーの”飛行機お役立ちリンク”の上の方にあります。

ということで本日は特別塗装ではなく、ノーマルなシンガポール航空のAirbus A380のテイクオフシーンを7月19日に成田空港で久しぶりに撮影したので、その写真をご覧いただきたいと思います。

まずはタキシングシーンから。

久しぶりのA380。

以前はルフトハンザやエールフランス、KOREAN AIRなどの航空会社もA380を成田に就航させていましたが、今では機材がダウンサイジングし、見ることができなくなってしまいました。現在はシンガポール航空とタイ国際航空だけでしょうか。。。NR-4164

この横顔。

でかいです。

決してカッコよい!とは言えませんが、でかくて迫力があります。NR-4177

いよいよ離陸滑走開始。遠くのRWY16Rのさくらの山の手前の離陸開始ポイントにいるA380もこんなに大きく見えます。NR-4265

大きいせいか、離陸滑走もゆっくりに見えます。4つの大きなエンジンですが、音はそれほど大きくありません。

翼は下に大きくたわんでます。NR-4271

ほぼ真横から1枚。

ローテーションの気配はまだありません。NR-4275

滑走路の中間点を通過。本当に浮くのか?!と心配になるような離陸滑走です。NR-4278

ようやくローテーション!重たそうですね。NR-4282

そしておもむろにエアボーン。

よっこいしょ!というかんじです。

左翼の2つのエンジンの内側からピュロピュロとか細いヴェイパーが発生。NR-4284

怪鳥が飛んでいきました。

何度見ても、「よくこんな大きな鉄の塊が飛ぶなぁ」と航空ファンでありつつも思ってしまいます。もう理屈じゃないですよね。NR-4289シンガポール航空のAirbus A380、迫力満点でした。

建国50周年記念の特別塗装機、見たいなぁ。。。

夏休みを早めにとって、見に行こうかな。

 

今日も暑い日になりそうです。

熱中症に気を付けてお過ごしください。

良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。