AirCalinのAirbus A330-200

エア・カレドニア・インターナショナルのAirbus A330-200。

メラメラの向こう側から離陸滑走を開始。

ニューカレドニアのヌメアに向かうのでしょう。NR-4571

南国ムード満点の飛行機。機体後部の大きなハイビスカス!NR-4578

真っ青な海に浮かぶハート型のリーフ?島? そして真っ赤なハイビスカス。

見ているだけでウキウキする飛行機ですよね。NR-4582

よく見るとエンジンも2色に塗り分けられています。上半分が白で空のイメージ?下半分が真っ青で海のイメージでしょうか。

つーか、早くエアボーンしてほしい・・・・NR-4585

 

ようやくエアボーンしてくれました。かろうじてメラメラをクリア?してないか・・。NR-4590

ゆるゆると上昇。

ニューカレドニアはオーストリアの東に位置している島国。

北西から南東に斜めに長い島国で、島の南側に首都のヌメアがあります。島の面積は四国と同じくらいだそうです。

この飛行機が向かうヌメア・トントータ国際空港は実はヌメア市ではなく、ヌメア市から60km弱離れたパイタ市にあります。

ところで、このニューカレドニアという国、フランスの植民地なんですね。要するにフランスの海外領土。だからレジ番が”F-“なんですね。いまだに”植民地”があるなんてちょっとビックリ。独立運動とかないのでしょうか。NR-4592

颯爽と上昇するAirbus A330-200。

ですが・・・NR-4595このあとしばらくしてこのエアカリンのAirbus A330-200は成田空港に戻ってきました。

私はさくらの丘に移動していてそのランディングは撮影できなかったのですが、ATCを聞いていたら確実に「エマージェンシー機が降りてきます」と言っていました。日本語でも言っていたので確かです。ATCで「エマージェンシー」という単語を聞いたのは初めて。

さくらの丘でFlightRadar24を見ながらドキドキしていましたが、飛行機は無事にRWY16Rにランディング。

ランディング後、滑走路は点検のために10分ほど閉鎖されました。

 

さて、7月もあと2日。土曜日から8月です。

そして土曜日から羽田空港にカンタスのジャンボがやってきます!

早朝6時前の到着です。

今の時期なら5時過ぎはもう明るいですよね。そして国際線ターミナルの展望デッキはオープンしています。

撮りに行こうか・・・・悩み中。

早朝だけど、放水アーチとかの歓迎はあるのだろうか。

 

と、今日と明日は週末のカンタスのジャンボ撮影について悩みながら過ごします。

それでは皆様、良い1日を!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)