アエロメヒコのBoeing787

本日のBoeing787はさくらの丘からのアエロメヒコです。

色つながりではありません。。。

さくらの丘からの撮影なので、ただ上昇していくシーン、枚数は少なくなると思いきや、なかなか絞り切れず、8枚の写真が残ってしまいました。

まずは木立の向こうから飛び出してきたところから。NR-5232

上の写真だとノーズギアと左エンジンが重なっていたのでもう1枚。斜め前からの上昇するBoeing787です。垂直尾翼のEagle Warrior”鷲の戦士”もかろうじて見えます。NR-5236

 

垂直尾翼もちゃんと見え、機体前部の「AEROMEXICO」の文字も見える角度。

ギアの格納中でちょっと中途半端感があります。。。

機首部分、R1ドアの下には「CIUDAD DE MEXICO」と書いてあります。スペイン語でメキシコ・シティという意味です。(City of Mexico)NR-5237

ほぼ真横から。背景の空が青くなり、きれいです。垂直尾翼の戦士の横顔、鷲の帽子をかぶった戦士の横顔がこの飛行機のこの上昇シーンにとてもしっくりと似合ってます。NR-5240

 

真横からちょっと通り過ぎたポイント。

左の翼の先端がちゃんと見えるようになったところです。NR-5242

 

ギアの格納も終わり、大きな弧を描くような翼で上昇を続けるBoeing787。

カッコいいです!NR-5245

 

更にもう1枚。

後ろ姿ですが、翼の上から機体前部のロゴも見え、機体に描かれている赤い曲線もちゃんと見える1枚です。ちょっと遠いですが。。。。NR-5248

 

こうして遠くに飛んでいくまでずーっと見送るんです。

飛行機の離陸は目の前を豪快に飛び立っていくところから、遠くの点になるまで目が離せないんですよね。

「良いフライトを!」「いってらっしゃい」「楽しんできてくださいね」。。。いろんな想いで見送ります。NR-5256アエロメヒコのBoeing787の上昇シーンでした。

上昇シーンだけで8枚も、同じような写真を載せて。。。とあきれている方もいらっしゃると思いますが、この微妙な角度の違いが見せてくれるそれぞれのシーン、どれもこれも好きなんですよねぇ。ということで8枚もお付き合いいただきました。

飛行機の写真展や他のブログを見ていつも思うのですが、1枚を選ぶのって大変な努力だし、選ばれなかった写真をあきらめる苦労というか残念さってどんなものなのだろうと。

完璧に「この1枚」というのがあればよいのですが、「あの写真のこの部分」と「この写真のこの部分」どちらを選ぶかという選択に迫られた時の判断は大変なのでしょうね。両方を満足させる写真を撮ることができればよいのですが、なかなかそうはうまくいきません。

ということで個人ブログの気安さでついついすべてのシーンを載せてしまってます。

 

さて、昨日、自宅のPCのOSをWindows8.1からWindows10にアップグレードしました。予約してあったのですが、なかなか通知が来なくて、「数日から数週間かかります」というあいまいなメールが来ただけだったので、そのメールに記載されていた”配信されるまで待てないという場合は、メディア作成ツールを使用して、お手持ちの1台以上のデバイスにWindows10をインストールすることができます”という言葉に誘われてインストールしてしまいました。

非常に簡単になってますね。

「次へ」で進んでいったら終わったという感じです。

で、変わったか?というと、そんなに変わった感じはしません。フォントやアイコンがちょっと変わったかなという感じはしますが。

と、昨日までは思っていたのですが、今朝、ブログを更新しようと写真の選定や現像を行っていると、いきなりPCが再起動! しかも何度も。

今は安定していますが、一瞬、Windows8.1に戻そうかと真剣に考えました。

イベントログを見ても、原因はわからないし、ちょっと様子を見たいと思います。1か月以内ならWindows8.1に回復できるようなので。

 

それでは皆様、良い週末を!

今日も建国50周年記念のシンガポール航空のAirbus A380は成田に来ないようなので、今日の予定はまだ未定です(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。