デザインが変わった?!SWISS

8月21日の記事で7月19日に撮影したスイスインターナショナルエアラインズのAirbus A340を掲載したばかりですが、今日はその翌日8月22日に見たスイスインターナショナルエアラインズのAirbus A340の写真です。

最初は気が付かなかったんです。「あっ、昨日の記事に掲載したスイスだ」くらいの感じで撮っていたんです。

でも、なんだかインパクトがありますよね。

それに8月21日の記事で紹介した4か国語の国名が無い?!NR-6595

なんだかインパクトは強くなりましたが、スッキリした感じです。

ななめますます医療関係の飛行機みたい。NR-6600

斜め後ろから見ても、「SWISS」がでかいです。

8月21日の記事と見比べてみてください。

こちら⇒スイスインターナショナルエアラインズのAirbus A340-300NR-6607

Airbus A340を真後ろから撮ってみました。キュッと締まったテール、翼の付け根の盛り上がり、長く細い脚、魅力的ですねぇ。。。♪

胴体の下にある1本のギアがちょっとお茶目な感じです。両側の足が細く長いため、胴体を支えられず、補助している感じ。NR-6613

 

 

つややかなAirbus A340。NR-6623

離陸するころには日差しも戻り、メラメラの向こう側から離陸滑走してきました。NR-6693

この飛行機、なかなか浮き上がりません。目の前もなんとなくゆったりと通過。NR-6698

滑走路の中間を示す3本の白線を通過中、その白線が太陽光を反射してエンジンを白く照らしていました。NR-6702

ようやく離陸、でもメラメラ。NR-6705

ちょっと高度が上がればメラメラの影響は少なくなるかなと思って追いかけましたが、遠すぎでやっぱりメラメラ。。。

羽田空港は南風運用が嬉しいですが、成田空港は北風運用の方が嬉しいですね。滑走路の中間点が上の写真の通り、展望デッキの左手にあるので、北風の時には長距離線でもエアボーンをより近くで捉えられるんです。NR-6711期せずして、つい最近掲載したばかりのスイスインターナショナルエアラインズの新デザインを見ることができました。

さすがに伝統できな欧州の航空会社の飛行機、大胆なデザイン変更ではなく、いわゆるマイナーチェンジ?! 今回は機首部分のロゴが変わっているだけでした。

 

さて、気になる台風の動きですが、先ほど九州の熊本付近に上陸したようですね。

中心付近の風速が45m、瞬間最大風速が65mと依然として「非常に強い」台風です。台風の進路付近、特に右側にお住いの皆様、お気をつけてお過ごしください。

それでは、今日も良い1日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)