KOREAN AIRのBoeing747-400@NRT

先日のチャイナエアラインのジャンボも久しぶりでしたが、8月22日のKOREAN AIRのジャンボも久しぶり!でした。

こちらも数年前までは羽田空港で活躍していたのですが、最近の羽田空港はBoeing777かA330ばかりでジャンボを見ることはありませんでした。なんだか懐かしいですね。

第1ターミナル展望デッキのすぐそこにいらっしゃったので、バチバチ撮ってしまいました。

まずは出発準備中のばたばたとしたシーンから。NR-7351

そして大好きな”脚”。

この4本あるメインギアがジャンボの魅力の一つです。

そして厚い胸板というか、筋肉質の上腕筋というか、この主翼の付け根!

たくましいです!NR-7362

そしてノーズギアごつごつしていてカッコいいです!トーイングトラクターとつながるトーバーを取り付ける前の写真。NR-7365

そしてエンジン。最近のエンジンは正面から見えるブレードは1枚1枚が大きくて曲線を描くエッジを持ってますが、ちょっと古いこのエンジンはまだ直線的な多くのファンで空気を取り込んでいます。NR-7366

そしてコックピットの窓。この形も凛々しい感じで好きですね。

Boeing787やAirbus A350は先進的な感じで、ちょっと女性的な感じもしますが、このBoeing747やBoeing737のコックピットの窓の形は昔のウルトラマン兄弟の目のような感じで、とても強そうでカッコいいです。NR-7367

いよいよプッシュバック。この時はちょうど上空に雲がやってきて、飛行機の微妙な色合いを楽しむことができました。

「戻ってくるなよ~!」NR-7542

ジャンボの正面顔。ジャンボの写真を撮るときにはついついこの”正面”顔を撮るチャンスを狙ってしまいます。卵形の断面、4つのエンジン、鋭角に上を向いているウィングレット、カッコいい~!!NR-7549

タキシングを開始するころには上空の雲も取れて、というか、流れて、太陽が空港に降り注いでいました。露出の設定やシャッタースピードを変えたりしながら忙しく撮影。

そして地上のスタッフとともに”行ってらっしゃい! 戻ってくるなよ~!”とお見送り。NR-7608

タキシング開始の時のわずかな日照からまた雲の影に。。

斜め後ろから滑走路に向かうタキシング中のジャンボをパチリ!

ジャンボはどの角度から見てもカッコいいですね!NR-7629

そして離陸滑走開始!と思ったらあっという間にローテーション!お客さん、少ないのでしょうか。。。でもジャンボのテイクオフをこの角度で見られるのもラッキー!!NR-7663

目の前でエアボーンか! キタ~っ!という感じで興奮しながら撮影。NR-7666

そしてあっという間にエアボーン。なんか軽々と浮かび上がったという感じでした。NR-7667

翼のしなり具合がいいですね。お客様が少なくても、この巨大な飛行機が浮かび上がるにはそれなりの力が翼にかかります。NR-7669

上の写真よりこちらの写真の方が翼が頑張っている様子が良く分かるかもしれません。でもどちらも掲載しちゃいますが。NR-7671

ギア格納室のドアが開きました。これからギアが胴体の中に引き上げられ、空気抵抗の少ない、空を飛ぶために最適な形状へと移り変わります。NR-7673

このKOREAN AIRのジャンボのエンジンからも、デルタのジャンボほどではありませんがうっすらとグレーのジェット排気が噴出されているのが見えます。万国共通でジャンボのエンジンはもう旧式というか老齢なのでしょうね。NR-7677

ということで、ギアの格納が終わるのはこの後ですが、フェンスに引っかかってしまい、撮ることができませんでした。

月曜日ということで、元気がでるジャンボの写真。

本日はKOREAN AIRのBoeing747-400でした。

8月も今日が最後で、明日からはもう9月なんですね。

なんだかあっという間に夏が終わり、8月が終わってしまった感じがします。

9月といえば、会社的には3Q最後の月であり、3Qの数字も非常に気になるところ。

頑張らねば!!

このジャンボを見て、このジャンボの上昇のように、前向きに、上向きに!

昨日までは涼しい毎日が続いていましたが、本日も天気はすっきりとせず、気温も夏日にすらならないようですね。

わがままなもので、曇りの涼しい日が続くと、太陽が輝く夏日を期待しちゃいます。

皆様、気温の変化が激しいですが、体調を壊さずに元気にお過ごしください!

良い1週間を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)