羽田空港の風景、第1ターミナル展望デッキから

今日は羽田空港の第1ターミナルの展望デッキから見えた羽田空港の色々な「飛行機のいる風景」をお届けしたいと思います。

まずは国際線ターミナルで翼を休める飛行機なんですが、顔を突き合わせて何か会話をしているように見える面白い写真から。飛行機はANAのBoeing787とJALのBoeing777。NR-8269

ANAのBoeing787-9がタキシングする向こう側をANAのBoeing767がエアボーンして上昇中。ANAのBoeing767のエアボーンはいつも素早くて、楽しいシーンを演出してくれます。

最新鋭の飛行機と最古参といってもよいでしょう、先輩格の飛行機。NR-8281

JALやANAからジャンボが姿を消し、羽田空港で見られるジャンボは海外の航空会社のジャンボだけになりました。その海外の航空会社のうち、キャセイとカンタスのジャンボを横並びで見られました。ここにタイのジャンボやルフトハンザのジャンボが加われば最高なのですが、タイやフルとハンザのジャンボは到着してから次の出発までの時間が数時間と短いので到着したスポットから移動することはありません。NR-8287

この1枚の写真の中に8機の飛行機が写っています。巨大空港である羽田空港ならではの風景ですね。背景には高層ビル群も見え、都会の空港らしい様子もうかがえます。NR-8364

ANAのBoeing787だらけ。Boeing787-9が1機とBoeing787-8が3機。現在ANAには34機のBoeing787-8と7機のBoeing787-9が在籍しています。次にやって来る宇Boeing787は10月初旬のR2-D2特別塗装機の予定だそうです。楽しみですねぇ。それにしてもあっという間にANAで最も数が多い機材になりましたね。こんな風景が珍しくなくなってきました。NR-8479

そのANAのBoeing787、3機そろってアンチコリジョンライトが光った瞬間。LEDのアンコリになり、点灯時間が長くなったから撮ることができるこの瞬間。

この日、ずーっと待ち続けてようやく、なんとか撮ることができた1枚です。3機の飛行機のアンコリが同時に点いただけの話ですが・・・・(^_^;)NR-9292

この日、うっすらと富士山が見えたんです! 9月13日お昼少し前のほんの短い時間でした。水墨画に描かれるような富士山。幻想的でした。でもこの時期に富士山をくうこうの背景に見ることができてビックリ!飛行機は2機ともANAのBoeing787です。NR-9751

ルフトハンザの2機の4発機、Airbus A340とBoeing747-8iを1枚の写真に納まってくれました。エンジンの数は8個! いいですねぇ。NR-9862

普通に飛行機を眺めていたら見逃してしまうような風景、飛行機が演出してくれるちょっと珍しい羽田空港の一コマを集めてみました。この日は南風運用だったのでタイとキャセイのRWY16Rテイクオフを撮り、ダッフィーのテイクオフを撮りに行ったのですが、天気はあまりよろしくなく、一時雨さえ降るような有様。お目当ての飛行機以外は、とにかく面白い風景はないかなとあちらこちらをいつもと違う視点で探して撮ったのが今日の写真です。

離着陸ばかりを撮るのではなく、こうして違う視点で空港や飛行機を眺めるのも面白いものです。

 

さて、今日から10月ですね。

本当に2015年もあっという間です。

もう3か月しか残っていないんですね。

充実していたからなのか、忙しかったからなのか、楽しかったからなのか、とても短く感じる9か月間でした。これからの3か月もあっという間に過ぎてしまうんでしょうね。

焦っちゃいます。

会社によっては今日から下期、弊社では今日から第4四半期(4Q)、節目の月の初日です。

ビシッと決めていきたいですね。

それでは皆様、良い1日を!そして良い”期”になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。