ガルーダ・インドネシア、北へ、南へ

デザインが好きな航空会社の一つ、ガルーダ・インドネシア航空。

「ガルーダ」のデザインも良いし、この水色から濃紺へのグラデーションもとても美しくて好きなんです。

「ガルーダ」という語感も良いですよね。正しくは”ガルダ”と発音するようです。ガルダはインドの神話に登場する炎の様に光り輝き熱を発する神鳥です。NR-2114

アンコリをピカッと光らせて離陸滑走するガルダ!NR-2193

ローテーション。

機体の後ろには「がんばろう!」が。NR-2197

 

両翼端が胴体の上に見えます。翼の下面が見えます。

Boeing787に負けないくらいのしなり!Boeing787登場前はこのBoeing777の翼のしなりに興奮したものです。

それにしてもこの垂直尾翼、美しいですねぇ!インドネシアは島国、多くの島々を取り囲む南の海の色を表しているのでしょうね。NR-2201

しなる翼がよくわかる1枚。上昇するBoeing777-300/ER。長いけど、ガルーダのBoeing777-300はカッコいい!NR-2206

を上げて上昇していきました。

青い空と青い海。NR-2215

今度は左向きに離陸。NR-6913

「日本」の文字と国旗を背景にローテーション!NR-6915

メインギアが滑走路面を離れようとする瞬間。

「浮け!」と声をかけたくなります。NR-6917

そしてエアバーンした瞬間。

斜めになったメインギアの最後のタイヤが滑走路面を離れ、2次元の世界から3次元の世界に飛び出した瞬間です。NR-6919

ガルーダ・インドネシア航空のBoeing777-300/ERの離陸シーン。右側と左側の両方をご覧いただきました。

20年ほど前、インドネシアのバリ島への旅行を計画していたことがあったんです。当時、バリ島のビーチが観光地として非常に有名であこがれていたんです。結局その旅行は実現しませんでしたが、今でもバリ島にはいってみたいです。そしてこの飛行機の垂直尾翼のような海を見てみたいですね。。。

そういえば、子供たちが大きくなってから「海」を見に行ってないや。海水浴にもいかなくなりましたしね。

もちろん、羽田空港とかで「海」は見ていますが、そういう海じゃなくて、ビーチがあって波が打ち寄せるような海。

(城南島海浜公園にあるだろ・・・というのは無しで)

 

さて、昨日は葉加瀬太郎さんのコンサートをあきらめての出張でした。

なぜか西宮への出張はいろんなイベントと重なることが多いんですよね。

会社の忘年パーティと重なったり、同窓会と重なったり、コンサートと重なったり。。。

昨日の葉加瀬太郎さんのコンサートに行ってきたカミさんは大満足だったようで、はしゃいでました。そりゃそうでしょ、舞台中央の前から2列目の席で、「目の前」で聴けたんだから!

握手会で本人と握手までしてきたそうです。

いいなぁ。。

 

今日は金曜日! 今日1日頑張れば、土日は休み!

皆様、良い1日を!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)