トリプルAな飛行機

トリプルA、「AAA」。

Asia Atlantic Airlinesの頭文字なんですが、某Jpopグループの名前だったりもします。「A」が3つってなんだかとっても”良い”印象がありますよね。

おまけに垂直尾翼のロゴマークもその「A」が3つ、丸を形作ってます。

年末の成田空港、B展から第1ターミナルの展望デッキに到着早々に撮影したのがこのAAAの飛行機でした。

第1ターミナルの展望デッキについたのは10時15分頃。すでに人で一杯で、高いほうのフェンスの穴はすでに完売状態。とにかくフェンスの穴を探してウロウロしていたら離陸滑走中のAAAの飛行機が見えました。

もう贅沢は言ってられません。目の前にPBBが伸び、照明塔が立ちはだかっている低いフェンスの穴が1か所見つかったので、そこにとりつき、いそいでカメラバッグからカメラを取り出し、撮影開始。

何とかこのローテーション寸前の様子から撮影できました。NR-9071

ほぼ目の前でローテーション。AAAはレジ番が「HS-」になっていることからわかる通り、タイの航空会社で、国際線のチャーター専門の航空会社です。H.I.S.とH.I.S.のタイの現地法人が出資して設立された航空会社です。機材はこのHS-AABとAACの2機のBoeing7767-300/ERで運用しています。NR-9072

エアボーン直後の様子。

さわやかな印象の飛行機ですよね。暖かな気候のタイ(バンコク)でこの飛行機を見たら涼しげな気分になるのかな。。。NR-9074

Boeing767ですが、結構主翼がしなってます。いいですねぇ、この”しなり”具合!!NR-9077

最後は上昇する姿を。機体後部はちょっとメラメラになってしまいました(^-^;NR-9079

「AAA」ですが、私が所属している会社では人材評価に使われている、記号というか評価表記なんです。

一番上がSpecialの「S」でその次が「AAA」。そのあと「AA」「A+」「A」「B」と続きます。特筆すべき成果を収めていれば「S」。目覚ましい成果を上げていれば「AAA」みたいな感じでしょうか。

とにかく「AAA」は全社でも数%の人しか与えられない、もしくはその評価に該当する人がいない年度もあるというくらい、非常に貴重な評価なんです。

だからこの飛行機「AAA」を見ると、うれしくなるんですよね。

年末の第1ターミナル展望デッキでの撮影で真っ先に見えたのがこの「AAA」の飛行機だったのは、何かの予兆だったのか!と考えたくなります。

そして、12月末が年度末の私の会社では、いまがちょうど昨年度の実績評価の時期。。。。

どうなるか。

 

さて、ようやくこの季節にふさわしいというか、この季節らしい寒さになってきました。昨日の未明は東京や横浜でも初雪が観測されたとか。

これまでが異常に暖かかった分、寒さがこたえますね。

風邪をひいている人も増えてきました。

皆様も、体調管理に気を付けて元気にお過ごしください。

それでは良い1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)