SWISSのAirbus A340、Take Off

今日は”SWISS”と描かれた、航空会社。その最近の歴史はややこしいです。かつてスイス航空として存在していましたが、スイス航空が破たんし、スイス航空グループであったクロスエアがスイス航空を継承、スイス・インターナショナル・エアラインズとして新たに発足したのが今日の写真の航空会社です。見た目は昔からあまり変わっていないような気がしますが、細かな変化はありますね。

まずこの横顔ですが、昔はSWISSの前に4か国語で「スイス」を意味する単語が描かれていました。NR-9436

お気に入りの構図で1枚。以前はエンジンもペイントされ、「スイス」が4か国語で描かれていましたが、今は真っ白です。かなりシンプルになりましたね。NR-9441

RWY34Lに向かうSWISSのAirbus A340-300。 やっぱり4発機はいいですね。重厚な感じがするし、”国際線”という感じがします。スイスのチューリッヒまでの12時間40分の長い空の旅の始まりです。NR-9460

離陸滑走は長いです。覚悟していた通りです。滑走路を半分走ってもまだノーズギアを持ち上げる様子はありません。主翼は徐々にしなってきている気がします。NR-9615

A330と同じように、おしりをグイッと下げ、エアボーンしようとするA340。 センターギアはすでに滑走路面を離れ、メインギアの後ろのタイヤだけががまだ滑走路面を走ってます。もう少しです!NR-9620

なかなかエアボーンしませんね!翼は空気をつかんで、しなってます。NR-9621

ようやくエアボーン。綺麗な飛行機です。NR-9623

本日のお気に入りの1枚。 この角度から見るA340が好きです。そして、写真の下部には大好きなKLMのジャンボが友情出演。 KLMのジャンボに見送られてスイスに向けて飛び立ったスイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)のAirbus A340-300でした。NR-9626

12月30日の成田空港、撮り納めで撮影した海外の航空会社の飛行機は以上です。あとはJALとかANAとか、ピーチ、春秋航空ジャパンが残っているのみです。

これで飛行機写真の世界でもようやく年を越せそうです。

明日はその日本の航空会社の写真を一気に掲載してしまって、月曜日からは1月2日の成田空港、撮り初めの写真を掲載していこうかな。。。と思ってます。

その1月2日以降、空港に行ってません。。。 そろそろ飛行機中毒の症状が出始めているので、今日か明日、空港に行こうかと思っていたのですが、天気があまりよろしくない!

今夜、雪が降って、明日の朝は快晴!だったら、羽田空港に出かけたいですね。

今日はゆっくりと今週の疲れをいやすことにします。

それでは皆様、良い1日を! 良い週末を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)